ヴェルクマイスター・ハーモニー

劇場公開日:

ヴェルクマイスター・ハーモニー

解説

ハンガリーの鬼才タル・ベーラが大作「サタンタンゴ」に続いて撮りあげた長編作品で、クラスナホルカイ・ラースローの小説「抵抗の憂鬱」をモノクロ映像で映画化した幻想ドラマ。

ハンガリーの荒涼とした田舎町。天文学が趣味の郵便配達員ヤーノシュは、音楽家の老人エステルの身の周りを世話している。エステルは18世紀の音楽家ベルクマイスターを批判しているようだ。ある日、町の広場に移動サーカスと見世物である巨大クジラがこつ然と姿を現す。住民たちは「プリンス」と名乗る扇動者の声にあおられるように広場に集まり、やがて町中に破壊と暴力が充満していく。

「ラン・ローラ・ラン」のラルス・ルドルフが主演を務め、「マリア・ブラウンの結婚」などライナー・ベルナー・ファスビンダー監督作への出演で知られるハンナ・シグラが共演。2024年2月、4Kレストア版にてリバイバル公開。

2000年製作/146分/ハンガリー・ドイツ・フランス合作
原題:Werckmeister Harmonies
配給:ビターズ・エンド
劇場公開日:2024年2月24日

その他の公開日:2002年6月29日(日本初公開)

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)Goess Film, Von Vietinghoff Filmproduktion, 13 Production

映画レビュー

4.5四半世紀を経て、預言者の如く還ってきたクジラ

2024年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

タル・ベーラの作品はたやすく時を超える。4Kで生まれ変わったこのモノクロームの黙示録的怪作と23年ぶりに対峙し、相変わらず催眠術にでもかかったかのように体と心が痺れゆくのを感じた。そこに東欧ハンガリーが辿ってきた歴史の苦悩が刻まれているらしいことはわかる。だが同時に、約四半世紀を経たいま、この映画が指し示しているのはむしろ「現代」なのではないかと、本作のことを預言者のごとく改めてまじまじと見入ってしまう我々もいる。見世物のクジラ。扇動者プリンス。怒れる人々。不気味に立ち込める街の空気。音もなく静かに広がる破壊、暴力・・・。もともと千差万別のメロディで自由に謡われていた人々の暮らしや価値観が一方的に定められた概念によって統制されゆく時、人間はそこから逸脱する者を集団で否定し、貶め、抑圧しようとする。そこに思考や理性は皆無。いわばこの映画そのものが、世界の現実を見つめ、謳い続けるクジラである。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
牛津厚信

4.0とってもよかった。

2024年3月30日
iPhoneアプリから投稿

長過ぎるシーンが続くのに、
どうしてここまで心地いいのか。
映像美とはこういうことだ。
ずっと映像が気持ちいい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
JYARI

1.5ワンシーンの長さが強烈!&群集心理の恐ろしさを体感!

2024年3月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ワンシーンワンシーンがとにかく長い!長回しにて撮影される監督なのですね。
これは初体験でしたので、強烈でした。

冒頭から好みの始まり方で、すごくワクワクしたのですが、
ちょっとこのワンシーンの長さが、私にとっては冗長に感じてしまい、
集中力が持たない場面も多々ありました。

それにしても不穏な空気感からの
群集心理による暴力描写が何ともいたたまれない気持ちになるものの
今でも起きている戦争の現実をつきつけられた気がします。
非常に恐ろしかったですし、今観ても実にリアルだと感じました。

ラストの主人公の佇まいが悲しすぎました。

旧作を劇場で鑑賞できる機会があり、こういう企画は本当にありがたいです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ひでちゃぴん

4.5名画の如き怒濤のワンシーンの連続!((((;゚Д゚)))))))

2024年3月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

知的

同じ人間が撮ったとは思えない
名画のようなワンシーンの連続に
驚愕の映像体験でした!m(_ _)m

最近、カールドライヤー監督の作品を観て、
こちらも圧巻の迫力の体験でしたが、
それに勝るとも思えるシーンがずっと連続して、
見終わっても心の火照りが止まないようで、
久々にレビュー投稿してしまいました!
ただドライヤー監督はかなり分かりやすく
説明してくれるのですが、タルベーラ監督は
説明一切なしのように感じるのが、少し
残念ではあります。ただ、説明を入れたら
この美しさが損なわれるような気もします。
f^_^;

歴史や神話のワンシーンを描いた名画を
前にした時、多くの人がそこで足を止めて、
絵の中の群衆の一人一人を見て、
脳内で彼、彼女達が動いているシーンを
想像してしまうと思うのですが、
それが見事に映像として成立している事に
驚愕でした。

昔の画家は、動画というものが無かった故、
苦心して一枚の絵にその動きを落とし込んだ
訳ですが、タルベーラ監督は、
それを動画において、
ワンシーンという一枚の絵に
描いたように思えました。
((((;゚Д゚)))))))
もちろん動く名画ですから
どの瞬間も、カメラの動きやスピードも
人の仕草も、群衆の交錯も、その構図も
全てが美しく無ければなりません。
とはいえ、そんな事、普通は不可能だと
思いますが、、、
タルベーラ監督はそれをやってのけてる事に
鳥肌&体が震えました。
監督以前にドライヤー監督が
それをやっていたとは思いますが、
現代において、まさに神の視点での映画!再び!
しかも最初から最後まで、そんなワンシーンの
連続で2時間以上も魅せるなんて、、
凄すぎます、、
たぶんサタンタンゴもそうだったのでしょうが
あまりにもワンシーンの尺が長過ぎて
ついていけなかった気がします。
(^◇^;)

そして今作は、サタンタンゴより
分かりやすいメッセージ?暗示?
があった点が良かったですね。

エステル叔父の口述録音メモ?で
印象に残ったのは、
「ヴェルクマイスターによって
非常に便利な平均律12音階が発見されて
以降、人々はその流れに逆らわず
乗る事しか考えてなくなってしまった、、」
また、
「古代において、人々はもっと不完全な音で
満足して暮らしていた。しかし、現代の人々は
より良いものをと、次から次へと開発し、競い、
独裁者のように、煽動者のように
神の領域を冒すようになってしまった、、」
(自分の記憶ではこんな感じでしたf^_^;)
あぁ、まさしく、そのとおりだな、と感じた
メッセージでした。

まだまだ理解不能な事ばかりでしたが、
冒頭の太陽系ダンス、日の出の逆光の道を歩く、
リアル大鯨ボックス、広場で焚き火?、
恐怖の影絵プリンス、叔父と叔母の闘い?
郵便局の女の独り言、叔父と歩く歩く歩く、
ロック?パンク?な子供の狂騒、暴風、
戦車発進!?、暴徒の行進と暴動の病院、
ヘリ旋回の恐怖、鏡と対峙、自失、叔父と鯨の目、
等々
印象的な美しい?畏怖、畏敬のシーンが
脳内に刻まれました。
m(_ _)m

何何でしょう?理解不能なようですが
何か分かる気もする美しさ、
徹底して練り上げられたシーンに
圧倒されます。

監督の怒号と共にわずか37カットで
完成された名画。

ドライヤー監督もそうでしたが、
根本に現代社会への怒り、があり、
虐げられた者たちの恨み、を晴らすかの如く
の2時間半でありました。( ; ; )
サタンタンゴはこの作品の為の習作のような
気がしました。

「一つの解釈に囚われるな」との事ですので
次はまたゼロに戻って観る必要がありそうです。
^ ^

コメントする 1件)
共感した! 1件)
iwaoz
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ヴェルクマイスター・ハーモニー」以外にこんな作品をCheck-inしています。