タイガーランド

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
21%
50%
25%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「バットマン」シリーズや「評決のとき」などイベント大作のヒットメイカー監督、ジョエル・シューマカーが、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアーらが主唱する“ドグマ95”に賛同して、わずか28日間で撮り上げた話題作。全米批評家から大絶賛された主演の新人、コリン・ファレルに注目。

2000年製作/101分/アメリカ
原題:Tigerland
配給:20世紀フォックス

ストーリー

1971年、ルイジアナ州ポーク基地。ベトナム戦争に向けて最終訓練を受ける新兵たちは、やがて第2の地獄と呼ばれる“タイガーランド”での実践訓練の後、ベトナムへ送られていく。ある日A中隊に、上官にたてついては懲罰房通いを繰り返しているボズが加わる。いつか軍隊を逃げ出してやろうと考えるボズは、志願兵のパクストンと親しくなる。パクストンは、ヘミングウェイのように戦争体験を記録して小説を出版したいと願う、作家志望の青年だった。彼は、軍規にわざと逆らい上官を怒らせるボズに次第に惹かれてゆく。ボズは軍規の抜け道を熟知していて、これまでに何人もの新兵を除籍させてやっていた……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

3.5命懸けの戦場アトラクション

kossyさん
2019年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 「ベトナムに行きたくない者は神に祈るか、ボズに頼め」と言われるくらい、常に抜け出すことを考えているボズ(コリン・ファレル)。上官に対しても不遜な態度を取ったりするが、軍規にやたら詳しくて、抜け道を知っているため、ジョークを交わしたあとで仲良くなったりする男。除隊を願う者には家庭状況、身体的状況を訴えればベトナム免除となることも知っているが、自分では敢えてそうしない。どこまでなら許される行為かを知り尽くしてるのだから。

 基本訓練を終えたのち、ベトナムそっくりの状況を作り出した実践向け訓練施設で最終チェックをするタイガーランド。兵舎では個人的対立なんかもあったりして、ひ弱な小隊長だったマイターに精神病院に入りたいと言わせたり、生活が苦しい状態のカントウェルにも除隊を勧めるボズ。どことなく労働組合の副委員長のような頼れる兄貴分といった感じもあるし、勝手に外出して女遊びもする男。

 戦争を小説に書きたくて志願兵となったパクストンとも仲良くなり、一方では殺し合いに発展しそうなくらいに対立するウィルソンもいる。まだ戦場でもないのに、ここまでいがみ合うものかと思うほど狂気と化す新兵もいるのだ。やがて、実弾の入った銃をボズに向けるウィルソンだったが・・・という展開。

 ベトナム戦争も泥沼化して末期になると、嫌戦感も高まっている頃。徴兵された者にとっては戦場に行きたくないと思うのも当然。とにかく生き残ろうぜ!といった自由の国らしく、ちょっと異質な軍隊モノでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0戦争とは

Takashiさん
2018年10月28日
iPhoneアプリから投稿

コリン・ファレルの役どころがかなりのインパクトのある作品だった。戦争について考えさせられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Takashi

3.5一味、違う戦争映画。

2016年5月14日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

戦争とは人間と人間が殺し合う愚かな行為と、一人、訴えていたかの様な主人公に考えさせられた。

同時に戦争が、理性を壊す恐ろしいものだということが描かれている作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
にゃんた

4.0なぜ殺すのか

映画Kanさん
2015年3月15日
iPhoneアプリから投稿

自衛官の友達と見たら、『フルメタルジャケット』並の罵倒に笑いながらも
「こいつは何がしたいんだ!?」て冷静に主人公に怒ってた。
反発するのは恐怖の裏返し。とよく言うけど、あんだけ行動できたら…うん。
終盤のタイガーランドでの訓練は、戦争に潜む狂気を感じた。

いまの時代で生きることに感謝です。
そして虚しくも、一生を戦争に奪われてしまった若者の分まで必死に生きよう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画Kan
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「タイガーランド」以外にこんな作品をCheck-inしています。