ラスト・ショー

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
26%
35%
26%
9%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

テキサスのある小さな町を舞台に、多感な青春の夢とその終わりを主題として、アメリカという国の失われた夢の終わりをも描き出す。音楽は1951年から52年にかけて流行したハンク・ウィリアムス、エディ・アーノルドなどのヒット曲を30枚のレコードから選出した。製作指揮はバート・シュナイダー、製作はスティーブン・フリードマン、監督はピーター・ボグダノヴィッチ、ラリー・マクマートリーの原作をマクマートリー自身とボグダノヴィッチが脚色した。撮影はロバート・サーティーズ、編集はドン・キャンバーンが各々担当。出演はティモシー・ボトムズ、ジェフ・ブリッジス、シビル・シェパード、ベン・ジョンソン、クロリス・リーチマン、エレン・バースティン、アイリーン・ブレナンなど。

1971年製作/アメリカ
原題:The Last Picture Show
配給:コロムビア

ストーリー

1951年、テキサスの小さな町アナリーンのたったひとつの映画館では「花嫁の父」を上映していた。高校生のソニー(ティモシー・ボトムズ)と親友デュアン(ジェフ・ブリッジス)にとって、ロイヤル映画館は唯一のデートの場所だった。ソニーはガールフレンドのシャーリーンとつきあい始めて1年目を迎えたが、最後のところで逃げてしまう彼女に不満を持っていた。デュアンとジェイシー(シビル・シェパード)も恋人同士だったが、町一番の美人といわれるジェイシーにとってデュアンはどこか物足りない相手だった。ある日、フットボールのコーチに、彼の妻ルース(クロリス・リーチマン)を、病院まで送り迎えするように頼まれたソニーは、ルースの心の優しさに惹かれた。そしてクリスマス・パーティーで初めて口づけを交わしてしまう。ジェイシーもまたデュアンと共にパーティーにでかけてきたが、友だちが〈素っ裸の水泳パーティー〉を楽しんでいると聞いて、デュアンを放り出し、その方に行ってしまう。その頃、ソニーもルースとベッドを共にしていた。夫に無視され続けてきたルースは、少女のように恋に燃えていた。一方、ソニーは父親以上に尊敬しているサム(ベン・ションソン)と、弟のように可愛がっているビリー(サム・ボトムズ)と一緒に湖畔で釣りを楽しみながら、サムの昔話に耳を傾けていた。サムはこの小さな町で映画館とビリヤード場とスナックを経営する中年男だった。失われたアメリカの開拓時代の夢の名残りを思わせるこの男に、ソニーばかりか、町中の男の子が憧れていた。サムは、少年たちの夢のヒーロー、カウボーイだったのだから……。サムはソニーに、昔、彼が経験した悲しい恋の物語と、移り変わっていく自分たちの町の話を聞かせたのだった。それから数日後、小型トラックでメキシコまででかけたソニーとデュアンが町に帰ってきたとき、サムの死が知らされた。ソニーとデュアンの友情に亀裂が生じたのは、それからしばらくしてだった。デュアンは、処女を捧げるというジェイシーと結ばれたが、彼女はそのことによって徹底的にデュアンを嫌いになってしまい、更にその上、ソニーとジェイシーがお互いに好意を持ち始めてしまったのだ。ソニーとデュアンはなぐり合いをして、血だらけになったソニーは入院した。傷のいえたソニーはジェイシーから求婚され、かけおちしようとハイウェイをとばしたが、パトカーに捕まってしまい、ジェイシーの気が変わってしまった。ソニーは彼女の求婚が気まぐれにすぎなかったことを知った。2人を引き取りにきたジェイシーの母ルイス(エレン・バースティン)と言葉を交すうちに、ソニーは、彼女と亡きサムの若き日の愛の世界を垣間見るのだった。デュアンは町を出る決心をした。朝鮮戦争へ出征するという彼とソニーは一緒にロイヤル劇場の閉館上映を見にでかけた。デュアンをバス停留所で見送ったソニーがビリヤード場に戻ったとき、ビリーが路上でひき殺されていた。悲しみにくれたソニーが行き着いたのはルースの所だった。彼女は自分を棄てたソニーに向かって怒りを投げつけたが、その怒りの声はいつしか泣き声に変わり、彼女の手は静かにソニーの手の上に置かれていた。1952年ロイヤル劇場が閉館の夜に上映したのは「赤い河」だった……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第29回 ゴールデングローブ賞(1972年)

受賞

最優秀助演男優賞 ベン・ジョンソン

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演女優賞 エレン・バースティン
最優秀助演女優賞 クロリス・リーチマン
最優秀監督賞 ピーター・ボグダノビッチ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5町を出る者、町から逃げる者、町に残る者

Cape Godさん
2020年1月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

3.5熟女キラー!?

2018年12月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

萌える

陽気に流れるカントリーやヒルビリーとブルーグラスの雰囲気、ロックンロール前夜。

そんなゴキゲンな音楽とは相反して廃れ果てた寂しそうな町と覇気の感じられない表情が印象的な主人公のソニーがR・レイノルズにしか見えない!?

70年代の作品なのにモノクロの効果もあってか50年代に撮った映画に思えてしまう。

年増の女三人がソニーに対して優しく接してくれるが人妻ルースは可哀想。

性悪なコ娘で理解が出来ない行動ばかりのC・シェパードがとにかく可愛かった。

ソニーが町に留まる理由は親友デュエーンの愛車を預かる以外にはもう見当たらない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

4.0何故白黒なのか

あき240さん
2018年9月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1971年製作なのだからもうカラー時代
なのにあえて白黒で極力劇中と同じ1950年代初めのに撮られたかのように作られている
特典映像の監督インタビューで、カラーだと派手過ぎて原作の雰囲気に合わないからとのこと

1950年代初め
映画ジャイアンツのラストシーンの時代
本作は石油景気に乗れなかった人々がどうなったかの物語だ
西部劇の世界が完全に失われ、それを知っていた世代が消えようとしている
サムは40年前にテキサスのこの町に来たというから、彼はジャイアンツのジェットになれなかったほとんどの人々の一人だ
寂れていくばかりの町に取り残されてる
そこの若者もまた、石油会社に雇われて町から出ていくか、軍隊に入り朝鮮戦争に行くしか無い
町に残っていたら、頭の足りない野球帽の少年のようにの垂れ死ぬのだ
女は女性の武器を使うしかない
裕福で有れば都会の大学に行ける
しかし年をとった女はどうか
亭主の愛を失えばこの田舎町に何があるというのか
高校生の青春物語のようで本作の本当のテーマは
フロンテアが消えた土地=アメリカに何が残っているのか
何も無い、閉館する映画館みたいなものだということ
だから閉館の最終興行は西部劇だったのだ

故に本作はその西部劇とおなじ白黒なのだ

コーチの妻の演技は目を見張る出来
疲れきった老婆のような初登場シーンから、主人公と知り合う内に若く美しく変わり、捨てられて元に戻ってしまうが、またよりを戻そうとする主人公に手を握られてみるみる若返るのだ

町からでられず中年女との不倫で絶望を紛らわすしかない主人公の若者はアメリカそのものなのだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.0名画座にかかる人生なんて

2017年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

アメリカ南部の田舎町、高校卒業を迎えた男二人と女一人。
打算の強い女は付き合っていた男と別れ、ウロウロしながらもう一人の男とも関係する。
フラれた男は街を抜け出すが戻ってくる。
もう一人の男はコーチの奥さんと関係を持ってしまう。
青春の終わりと映画館の閉館がリンクしている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ラスト・ショー」シリーズ関連作品