U・ボート

ALLTIME BEST

劇場公開日

13%
59%
22%
2%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第2次大戦を舞台にドイツ軍潜水艦の乗組員たちの行動を描く戦争人間ドラマ。製作はギュンター・ロールバッハ、監督は「昼と夜のような黒と白」のヴォルフガング・ペーターゼン、ロタール・ギュンター・ブッフハイムの原作を基にペーターゼン自らが脚色。撮影はヨスト・ヴァカーノ、音楽はクラウス・ドルディンガー、編集はハンネス・ニーケル、美術はゲート・ヴァイトラー、製作デザインはロルフ・ツェートバウアーが各々担当。出演はユルゲン・プロホノフ、ヘルベルト・グリューネマイヤー、クラウス・ヴェンネマン、マルティン・ゼメルロッゲ、ベルント・タウバー、マルティン・マイ、エルウィン・レーダー、クロード・オリヴァー・ルドルフなど。

1981年製作/135分/西ドイツ
原題:Das Boot
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

1941年、ナチス占領下のフランスの港町ラ・ロシェルの酒場。ドイツ兵たちで賑わうその中に陸での最後の夜を楽しむUボートの乗組員たちがいた。最年長の30歳である艦長(ユルゲン・プロホノフ)をはじめ、乗組員たちは皆20代前半。初めてUボートに乗り込む報道部記者ヴェルナー(ヘルベルト・グリューネマイヤー)は22歳の若さだ。翌日の早朝U96で出発した乗組員は、艦長を含めて総勢43名。艦長は、まずこのU96が水深何メートルまで可能かをテストした。水深計は160メートルを指した。夜、ヴェルナーは興奮さめないまままに乗組員たちの話に耳を傾けていた。そんな日々が何日か過ぎた。そして、やっと攻撃命令が来た。敵の艦隊を攻撃するため、U96潜航を開始。緊張したムードが艦内に溢れる。乗組員たちは肉体的にも精神的にも限界にまで達する。魚雷が発射し、駆遂艦が姿を現わす。敵の爆弾で艦内に破片が飛ぶ。そして、水深230メートルに達した時プレッシャーバルブが力尺きた。しかし150メートルまで浮上し、発射した魚雷が敵方を壊滅した。そしていよいよ難関ジブラルタル海峡通過。予想通りU96は致命的な攻撃を受け、砲台は飛ばされ、状況は最悪となった。皆が息をのんでみつめる中、水深は230、260……と沈んでいった。遂に280メートルの海底に達し、皆の失望の表情が艦内に満ちた。艦長は、しかしなおも希望を捨てず、修復作業を命じる。そしてU96は見事浮上した。翌朝、死線を乗りきった乗組員たちの眼前にラ・ロシェルの港が見えてきた。乗組員たちの出迎えのパレードが行なわれる。しかし、その時、上空に敵方の爆撃機が近づき攻撃をはじめ、一瞬の間にそこは修羅場と化した。艦長は、U96が沈んでゆくのを見とどけると、そのまま息をひきとるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第6回 日本アカデミー賞(1983年)

ノミネート

外国作品賞  

第39回 ゴールデングローブ賞(1982年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ハードコア
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • デッド・ハーツ
  • 発狂する唇
  • 封印映像40
  • タイム・トラップ
  • 最後の審判
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0普通のドイツ兵が被る過酷な運命

よしさん
2020年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第二次大戦中、ドイツUボートの出港から寄港までの戦いを描きます。

「潜水艦映画に外れなし」の通り、緊迫感がある良作だと思います。ナチス親衛隊ではない、一般のドイツ兵の苦闘や恐怖が心を重くします。が、2時間を超える長編の為か、やや間延びしたシーンが多く感じたのが残念。
最後にハッピーエンドにしないところが、やはり敗戦国ドイツらしいのでしょうか?息詰まるような海底でのシーンを見せられた後だけに、「戦争の無残さ」や「意外性による驚き」よりは拍子抜けのような気分になりました。
あと、古い映画なだけに、VFXは残念に感じます。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

4.01941年ヒトラー率いる潜水艦乗組員4万の内帰還1万

2019年10月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

4.0余計なものが削ぎ落とされたストーリー、まるで自分が乗組員になったか...

2019年9月20日
iPhoneアプリから投稿

余計なものが削ぎ落とされたストーリー、まるで自分が乗組員になったかのような臨場感と緊張感。戦争の酷さがあまりに辛い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

4.0135分版は以前観た事があったので大まかなストーリーはわかっていま...

刺繍屋さん
2019年9月17日
iPhoneアプリから投稿

135分版は以前観た事があったので大まかなストーリーはわかっていましたが、それでも息が詰まるような緊迫した209分でした。

Uボートと言えば、連合国側からかなり恐れられていたみたいですが、あのタフさを見れば確かに恐くなりますよね。

でも、それを操っている乗組員たちも同じ人間であり、様々な恐怖と闘っている様がリアルに描かれている辺り、素晴らしかったですね。
もう最後の方はキャストの皆さんが本物の乗組員のように思えて仕方ありませんでした。

それにしても、細長い潜水艦内を違和感無く撮影したカメラワークには本当に感心させられました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
刺繍屋
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「U・ボート」シリーズ関連作品