マディソン郡の橋

劇場公開日:

解説

たった4日間の恋に永遠を見いだした中年の男女の愛を描いた、大人のラヴストーリー。原作は、世界中でベストセラーになったロバート・ジェームズ・ウォーラーの同名小説(邦訳・文藝春秋刊)。映画化の争奪戦が繰り広げられ、監督や主演者の候補にさまざまな名前が挙がった。一時はスティーヴン・スピルバーグが監督と報じられたが、結局、監督・製作・主演の3役を「パーフェクト・ワールド」「許されざる者(1992)」のクリント・イーストウッドが兼任して映画化(スピルバーグ主宰のアンブリン・エンターテインメントとイーストウッドのマルパソ・プロの共同製作)。相手役には「愛と精霊の家」「激流」のメリル・ストリープを迎え、二人の共演が見もの。脚本は「フィッシャー・キング」のリチャード・ラグラヴェネス。製作はイーストウッドと、「コンゴ」のキャスリーン・ケネディの共同。原作に忠実に、アメリカ・アイオワ州マディソン郡でロケーション敢行した美しい撮影のジャック・N・グリーン、音楽のレニー・ニーハウス、編集のジョエル・コックスは、「パーフェクト・ワールド」「許されざる者(1992)」などにも参加した、イーストウッド作品の常連。美術はジャニーヌ・クラウディア・オップウォール。共演は「マルコムX」のアニー・コーリー、「理由」のヴィクター・スレザック、「アルカトラズからの脱出」「スリープウォーカーズ」のジム・ヘイニーら。キネマ旬報外国映画ベストテン第3位。

1995年製作/134分/G/アメリカ
原題:The Bridges of Madison County
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

89年冬。アイオワ州マディソン郡。フランチェスカ・ジョンソン(メリル・ストリープ)の葬儀を出すために集まった長男のマイケル(ヴィクター・スレザック)と妹のキャロリン(アニー・コーリー)は、母の遺書に「死んだら火葬にしてほしい」とあるのに当惑する。2人は彼らに当てた母の手紙と日記を読み始める……。65年秋。フランチェスカは結婚15年目で単調な生活を送っていた。夫のリチャード(ジム・ヘイニー)と2人の子供がイリノイ州の農産物品評会に出掛け、彼女は4日間、一人で家にいることになった。新鮮で開放的な気分になった彼女の前に、プロ・カメラマンのロバート・キンケイド(クリント・イーストウッド)が現れ、道を尋ねた。彼は、珍しい屋根付きのローズマン橋の写真を撮りに来ていた。フランチェスカは彼の魅力に引かれ、その晩、夕食に誘う。彼が宿に帰った後、「明日の晩、もう一度いかが?」とのメモを、明朝の撮影で彼が訪れる橋の上に残した。翌日、2人はホリウェル橋の上で落ち合った。二人は次第に打ち解け合い、キンケイドは新しいドレスを着た彼女の手をとり、ダンスを踊った。自然の成り行きで一晩中愛し合った2人は、次の日、郊外でピクニックを楽しんだ。残り時間がわずかなことに気づき始めた彼らは、その夜、親密に抱き合った。最後の朝はぎごちなさと不安の中で迎えた。フランチェスカは「これはお遊びなの?」となじるが、彼は「一緒に来てくれ」と言う。悩み苦しんだ末に、荷物をまとめた彼女だったが、家族のことを思うその顔を見て、キンケイドは去った。夫と子供たちが帰ると、元の日常が戻った。数日後、夫と買い物に街に出掛けた彼女は、降りしきる雨の中、立ち尽くすキンケイドの姿を見た。車から出ようとドアのノブに手をかける彼女だが、どうしてもできない。そして、彼とはそれきりだった。79年、夫リチャードが死去。彼の死後、フランチェスカはキンケイドに連絡をとろうとしたが果たせず、やがて彼の弁護士が彼の死を報せ、遺品が届いた……。手記を読みおえたキャロリンとマイケルは、母の秘めた恋に打たれ、2人は母の遺灰を彼女が愛したキンケイドと同じように、あの橋から撒いた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第19回 日本アカデミー賞(1996年)

ノミネート

外国作品賞  

第53回 ゴールデングローブ賞(1996年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演女優賞(ドラマ) メリル・ストリープ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

4.0切なくも美しい恋愛物語

2022年10月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

メリル・ストリープの演技がとにかく素晴らしい。ロバートとの出会いから、徐々に彼に惹かれていく姿、狂おしいほど彼を愛する姿、着いていくべきか家族を守るために別れるべきかと葛藤する姿...女性の心の内をこれでもかというくらいえぐり出してみせる表現力。最後の車からロバートを目で追う場面は完璧に感情移入してしまい、胸が苦しくって切なくってもう...。不倫の話だけど、いやらしさや不道徳感は全くなくて、2人の男女がごく自然に惹かれあって愛し合うというとても美しく切ない作品。

コメントする (0件)
共感した! 5件)
Ran

3.0どんどん惹かれていくメリル•ストリープの表情が可愛らしい。 そんな...

2022年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

どんどん惹かれていくメリル•ストリープの表情が可愛らしい。
そんな幸せから別れが近づいてきての気持ち。あの吹き出る気持ちは現状の生活を壊さないからこそ。
大人の恋愛。
ラストの車越しの別れのシーンは美しかった。
あんな素敵なシーンを作り出せるなんてさすがです。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
よっしー

4.0許されてはいけない4日間

2022年5月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

スターチャンネルで前に地上波でやっていた放送(金曜ロードショー短縮版)で観ました。
結婚生活15年で順風満帆に見えた彼女に写真家の老人と愛してはならない不倫の恋に落ちます。
その後、写真家の老人と再会したとき何故行かなかったのか、その真相が解ったとき心に打たれます。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
HIDE Your Eyes

3.5しあわせな四日間

2022年5月8日
スマートフォンから投稿

悲しい

楽しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 1件)
共感した! 7件)
しろくろぱんだ
すべての映画レビューを見る(全78件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る