マディソン郡の橋

劇場公開日

23%
45%
26%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

たった4日間の恋に永遠を見いだした中年の男女の愛を描いた、大人のラヴストーリー。原作は、世界中でベストセラーになったロバート・ジェームズ・ウォーラーの同名小説(邦訳・文藝春秋刊)。映画化の争奪戦が繰り広げられ、監督や主演者の候補にさまざまな名前が挙がった。一時はスティーヴン・スピルバーグが監督と報じられたが、結局、監督・製作・主演の3役を「パーフェクト・ワールド」「許されざる者(1992)」のクリント・イーストウッドが兼任して映画化(スピルバーグ主宰のアンブリン・エンターテインメントとイーストウッドのマルパソ・プロの共同製作)。相手役には「愛と精霊の家」「激流」のメリル・ストリープを迎え、二人の共演が見もの。脚本は「フィッシャー・キング」のリチャード・ラグラヴェネス。製作はイーストウッドと、「コンゴ」のキャスリーン・ケネディの共同。原作に忠実に、アメリカ・アイオワ州マディソン郡でロケーション敢行した美しい撮影のジャック・N・グリーン、音楽のレニー・ニーハウス、編集のジョエル・コックスは、「パーフェクト・ワールド」「許されざる者(1992)」などにも参加した、イーストウッド作品の常連。美術はジャニーヌ・クラウディア・オップウォール。共演は「マルコムX」のアニー・コーリー、「理由」のヴィクター・スレザック、「アルカトラズからの脱出」「スリープウォーカーズ」のジム・ヘイニーら。キネマ旬報外国映画ベストテン第3位。

1995年製作/134分/G/アメリカ
原題:The Bridges of Madison County
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

89年冬。アイオワ州マディソン郡。フランチェスカ・ジョンソン(メリル・ストリープ)の葬儀を出すために集まった長男のマイケル(ヴィクター・スレザック)と妹のキャロリン(アニー・コーリー)は、母の遺書に「死んだら火葬にしてほしい」とあるのに当惑する。2人は彼らに当てた母の手紙と日記を読み始める……。65年秋。フランチェスカは結婚15年目で単調な生活を送っていた。夫のリチャード(ジム・ヘイニー)と2人の子供がイリノイ州の農産物品評会に出掛け、彼女は4日間、一人で家にいることになった。新鮮で開放的な気分になった彼女の前に、プロ・カメラマンのロバート・キンケイド(クリント・イーストウッド)が現れ、道を尋ねた。彼は、珍しい屋根付きのローズマン橋の写真を撮りに来ていた。フランチェスカは彼の魅力に引かれ、その晩、夕食に誘う。彼が宿に帰った後、「明日の晩、もう一度いかが?」とのメモを、明朝の撮影で彼が訪れる橋の上に残した。翌日、2人はホリウェル橋の上で落ち合った。二人は次第に打ち解け合い、キンケイドは新しいドレスを着た彼女の手をとり、ダンスを踊った。自然の成り行きで一晩中愛し合った2人は、次の日、郊外でピクニックを楽しんだ。残り時間がわずかなことに気づき始めた彼らは、その夜、親密に抱き合った。最後の朝はぎごちなさと不安の中で迎えた。フランチェスカは「これはお遊びなの?」となじるが、彼は「一緒に来てくれ」と言う。悩み苦しんだ末に、荷物をまとめた彼女だったが、家族のことを思うその顔を見て、キンケイドは去った。夫と子供たちが帰ると、元の日常が戻った。数日後、夫と買い物に街に出掛けた彼女は、降りしきる雨の中、立ち尽くすキンケイドの姿を見た。車から出ようとドアのノブに手をかける彼女だが、どうしてもできない。そして、彼とはそれきりだった。79年、夫リチャードが死去。彼の死後、フランチェスカはキンケイドに連絡をとろうとしたが果たせず、やがて彼の弁護士が彼の死を報せ、遺品が届いた……。手記を読みおえたキャロリンとマイケルは、母の秘めた恋に打たれ、2人は母の遺灰を彼女が愛したキンケイドと同じように、あの橋から撒いた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第19回 日本アカデミー賞(1996年)

ノミネート

外国作品賞  

第53回 ゴールデングローブ賞(1996年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演女優賞(ドラマ) メリル・ストリープ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

3.0Eastwood's Shot at Romance

2020年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

Bridges is one of the lesser interesting of Eastwood's films. It begins with a will revealing the secret love affair of two descendants' mother. We go back in time to a Meryl Streep who is unrecognizable with an Eastern European accent (she is supposed to be Italian). Eastwood is too stern to be much of a lover boy, which is why he plays a conflicted loner quite well. Original for what it is.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

4.0久しぶりに号泣した作品でした。 私は未婚で恋愛経験も少なく 共感す...

YURIさん
2021年8月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

久しぶりに号泣した作品でした。
私は未婚で恋愛経験も少なく
共感するポイントなどはあまりないのですが
何故だか涙が止まりませんでした。。

メリル・ストリープの細かな表情や仕草、
演技に吸い込まれたのだと思います。
幸せも切なさもギュッと詰め込まれてますが
とても自然でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
YURI

4.5裸足のフランチェスカ、ドアを静かに閉めるロバート

talismanさん
2021年8月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

幸せ

監督、イーストウッドだったのかーーーー!原作読んで映画も公開されて割とすぐに見た。その時は原作者がちゃらいおじさんだなというイメージでふーんという感想だった。

唯一よく覚えていたのはロバートがドアを静かに閉める人であることだけだった。フランチェスカはイタリアのバーリ出身で、夫のリチャードとはナポリで知り合ったこと、教師をしていたが妊娠出産で夫に言われて仕事を辞めたことは今回初めて知った。

4日間を演じるメリル・ストリープはイタリアの女優のようだった。目の下には隈、世間が狭い片田舎に住んでいる取り柄もない女と思いこんで生活に退屈してもう何かを諦めている彼女。裸足であちこち歩き回る彼女。常に髪をアップにしてた。でもロバートとの会話が彼女をどんどん解きほぐしていって、君はsimpleではないとロバートが言うほどに教養があって夢もある女性であることが私たち観客の前に顕れる。アイスティーに誘い、夕食に誘い、吸うときは必ず自分にも勧めてくれるロバートから煙草を受け取り、よく笑い冗談を言い髪もおろしデコルテが開いたドレスを身につける。ロバートはアイルランド出身という設定だった。イエーツやバイロンの詩も登場する。その詩がふたりを更に強く結びつける。

ちょっとした二人の仕草、指や手の触れ合いがとても繊細な演技で心が久しぶりに震えた。

ロバートはトーンを抑えた声で非常に物静かだ。キッチンで食事の支度をする彼女に何か手伝おうか?とその都度(計3回!)申し出る。外での散歩に彼女が不安を覚えたこともすぐに察する。声、話し方、気がきく、会話が弾む、ユーモアもたっぷり。こんな人はめったに居ない。当時イーストウッドは64~5歳だ。かっこいい!こういう人に憧れます😢

26年たってまた見ることができてよかった。

コメントする (コメント数 6 件)
共感した! (共感した人 10 件)
talisman

3.5相手がソンドラ・ロックだったら面白かったかも

2021年6月27日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ジョニーデブ
すべての映画レビューを見る(全71件)