マジック(1979)

劇場公開日

21%
50%
29%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1人の腹話術師を中心に、彼にまつわる人間の愛欲と欲望、そこから起こる殺人などを描くサスペンス映画。エグゼクティブ・プロデューサーはC・O・エリクスン、製作はジョゼフ・E・レビンとリチャード・P・レヴィン、監督は「遠すぎた橋」のリチャード・アッテンボロー。「大統領の陰謀」のウィリアム・ゴールドマンの原作を彼が自ら脚色。撮影はビクター・J・ケンパー、音楽はジェリー・ゴールドスミス、編集はジョン・ブルーム、製作デザインはテレンス・マーシュ、美術はリチャード・ローレンス、メーキャップはロバート・マクドナルドが各々担当。出演はアンソニー・ホプキンス、アン・マーグレット、バージェス・メレディス、エド・ローター、E・J・アンドレ、ジェリー・ハウザーなど。

1978年製作/アメリカ
原題:Magic
配給:20世紀フォックス映画

ストーリー

コーキー(アンソニー・ホプキンス)はカードを扱う手品師だったが、スターダストというナイトクラブでは、客に受けず、やがてやめ、1年のちにファッツと名付けられた人形を操る腹話術師となって再び同じクラブに現われた。これが大受けし、スターとして、ベン・グリーン(バージェス・メレディス)というエージェントがつくまでになる。しかし、ニューヨークに進出したコーキーは、急にベン・グリーンと手を切り、クロッシンジャーという、彼の生まれ故郷に帰ってしまう。彼は湖畔にあるコテージを借り、その持主デューク(エド・ロータ)の妻で初恋の相手でもあったペギー(アン・マーグレット)と再会した。今は夫との愛もさめていたペギーは、コーキーの出現で、久方ぶりの性の歓びを感じた。しかし、縁が切れたと思っていたべン・グリーンは彼の跡を追って、突然姿を現わし、執念深く食いさがってきた。空恐ろしくなったコーキーは遂に人形ファッツの手をかりてベン・グリーンを殺し、さらに、旅行から帰ってきて、嫉妬心に燃えるデュークまでも殺し、自分も自決するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第36回 ゴールデングローブ賞(1979年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) アンソニー・ホプキンス
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0怪演と呼ぶにふさわしい

2020年12月18日
Androidアプリから投稿

とあるマジシャンと彼の心を代弁する腹話術人形。彼らの狂気の演技が凄い。また、ファッツの不気味さがそれを増強してる。

彼は多重人格の類いなのかね?一人二役的な感じ?

とりあえず、愛する人に手をかけなくて良かった。終わり方がけっこう好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カミムラ

3.5サイコサスペンス

ozoneさん
2010年10月15日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

興奮

主人公コーキーの内面的な葛藤劇。

腹話術人形のファッツを使って目に見えるようにすることで、より迫力のあるものになっています。

でも脚本がいまいちで、飛び飛びなストーリー展開に物足りなさを感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ozone
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る