劇場公開日 1967年5月18日

冒険者たち(1967)のレビュー・感想・評価

3.814
27%
52%
18%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全14件を表示

4.5通俗のギャング映画の形で表現された、ロベール・アンリコ監督の映画愛溢れる青春映画

Gustavさん
2021年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

端的に言えば、映画として成立していればどんな作品でも、名画、名作、傑作、秀作、佳作、力作、大作などの称号を与えられれば格好が付くものだ。しかし、このロベール・アンリコ監督の「冒険者たち」という映画は、そんな概念を問題にしない。青春の挫折と夢への挑戦の冒険活劇という大人気無い世界観にある、誰もが通過する純真な時代への郷愁を刺激して、これこそ自分たちの映画だと言う気高さがある。ストーリーの表面上の深刻さとは別に、アンリコ監督の優しさに溢れた世界観に魅了されて、いい映画に出会えた感動に包まれるのだ。

いい加減大人になっていい男二人と女一人が好きな道で失敗する前半の面白さ。実際には、好きな道での挫折は大きな打撃であり心身ともに堪えるものだが、1970年代のニューシネマ以前の青春映画に位置するからなのか、社会に対する怒りより自分の不甲斐なさに苦悶する姿が共感を呼ぶ。そして、この三人が一つの大きな希望に向かってアフリカの海に臨むロマン。映像は、それを何と美しく鮮烈に捉えていることか。海風と潮の匂いが漂うアンリコ監督の演出が素晴らしい。都会の雑踏を遠く離れ、飾りを捨てた三人のありのままの姿、その自然に溶け込む主人公たちの人間らしい、愚かさ、律義さ、欲望、正義感などの思いが、海に浮かんでいる。
そして、お決まりの嫌な奴の登場。安直なギャング映画のコントラストを加えて、俗っぽい魅力が引き立つ要因になっている。続くヒロイン・レティシアの死。この水葬シーンの美しさをなんと表現しよう。神聖な美しさにしばらくただ息を呑むしかなかった。
男二人は、大金を見事探し当て大金持ちになるが、けして贅沢をしない。ジョアンナ・シムカス演じるレティシア(なんて奇麗な名前だろう!)の従弟に財産を分け与える挿話は、挫折から続く同じ仲間意識の極自然な流れがいい。最後は、三人の夢の象徴である、海に浮かぶ要塞跡を舞台に、大金目当ての大人が登場してギャング映画らしく結末を迎える。アンリコ監督の映画好きが痛いほど伝わるラストシーンの切なさが、堪らない。
「太陽がいっぱい」のアラン・ドロンのもう一つの代表作であり、その対比で渋い男の魅力が更に増したリノ・ヴァンチュラの紛れもない代表作の一本。そして若くして引退したシムカスの貴重な代表作。映像の世界観と調和したフランソワ・ド・ルーペ作曲のテーマ曲「レティシア」の素朴な美しさも忘れ難い。
  1978年 5月3日  高田馬場パール座

ロベール・アンリコ作品では「ラムの大通り」「追想」があるが、やはりこの「冒険者たち」が最もいい映画だと思う。映画が好きで好きで堪らないアンリコ監督の映画青年のような演出の繊細さと瑞々しさが感じられて、特別な存在にあるフランス映画になっています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Gustav

4.0レティシア

keithKHさん
2020年7月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

制作当時、アラン・ドロン31歳、リノ・ヴァンチュラ47歳、決して若くはない二人の男に、何とも可憐で瑞々しいジョアンナ・シムカス、この3人の男女が夢を求め、野望に満ちた冒険に挑む、どこか無器用で不得要領の3人による、痛快で、ほんの少しセンチメンタルな名作です。
少しは人生経験を重ねて世事人情に通じた中年の男、己の野心へ一直線に猛進する若者、自らも夢を求めつつ彼らを優しく包容する女、この絶妙な組合せは、本作の2年後、『明日に向かって撃て!』でも踏襲され、寧ろ邦画で多くのオマージュ作品を作られたパターンですが、全て本作が起源です。
やはり、それはジョアンナ・シムカス演じるレティシアの、愛くるしい温雅な存在感に起因します。

若者の夢と野望を追い求める直向きさ純粋さ、そしてそれが挫折した後の空虚感と脱力感。でも青春は常に新たな冒険を見出し全力疾走する、若さゆえのその不屈の勇猛心と果断さ。そこに立ちはだかり阻害する邪な大人たちを撥ね退け、一途に突進するその逞しく美しい若者像には、遥か遠い過去に失ってしまった覇気と膂力への憧憬を心から感じます。
エッフェル塔を目指すパリ市街のスリリングな俯瞰映像、熱帯の太陽に眩く照り映える海の美しさ、そして不安と緊張によるトランス感を高める要塞島廃墟、印象的な情景が数多いのも本作の魅力ですが、何よりレティシアが滄溟の海中に沈んでいくシーンの、モノトーンの蒼い陽光に包まれた凄絶なまでの壮美は、いつまでも記憶に残ります。
男女3人の奇妙で微笑ましい友情と愛情、心地良いその関係が呆気なく破綻した後、夢に辿り着いたにも関わらず二人の男に去来する虚しさと遣る瀬無さは、レティシアの沈むシーンが強烈に効いて大いに共感させます。

本作を彩る、今一つの大きな要素は、口笛で奏でられる、いみじくも「レティシア」と命名されたテーマ曲でしょう。あの哀愁に満ちつつもリズミカルで流麗な旋律は、青春のロマンを感じさせつつ、切なく儚い本作のラストを想起させ、今聞いても胸が熱くなります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
keithKH

4.03人がキラキラ輝いている

モビさん
2020年5月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
モビ

2.0昔のフランス映画...

yuyuさん
2020年4月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yuyu

4.0とても気持ちがいい

2019年11月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
吉泉知彦

4.0たまに見たくなる映画

kossyさん
2018年12月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 軽快な音楽とストレートに夢を追い求める冒険者たち。日常の雑多な生活をふと離れてみたくなったときに観るには最適かもしれない。レティシアがオブジェの個展で酷評を受けたという台詞からもわかるように、社会に対する失望から彼らは冒険を続けているのだ。レティシアは途中、銃弾に倒れるが、水葬での海の美しさや彼女の親族探しと海の上の要塞を発見するシーンが好きだ。この要塞・・・行ってみたい。

 細かいけど、日本料理や日本語ポスター「ながれる歌」から日本びいきも見てとれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

4.0はあ〜

2018年11月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ゆっくり考えたらはちゃめちゃなんだけど
ゆっくり考えなくていい…すごい…
どんなアラン・ドロンも素敵だけど
これは…一番かな
ロケーションと撮影が素晴らしいんだね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako

3.0ストーリーははっきり言って全然面白くない。イケメンと美女と渋い役者...

2018年11月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ストーリーははっきり言って全然面白くない。イケメンと美女と渋い役者の共演を楽しめばいい。
美女はなぜそちらを選ぶのか?とか、あの卑怯者はなぜイケメンをかばった?とか不可解なこと多し。最大の謎はイケメンは妻帯者?あの同棲女は?
私の中ではこれは名作と呼ぶには値しなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

3.0船に揺られているような作品

fukui42さん
2018年10月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

依頼された仕事で永久免停になったパイロット(アラン・ドロン)&レーシングカーを改良して走るも車が燃えちゃった元レーサー、廃車の部品を集めてアートを作る芸術家の女。

この3人が噂で聞いたコンゴの海に沈んだ宝を探しに行って、あったー、バンザーイ。と思ったけどそうじゃなく。

出会い⇒宝探し⇒侵入者⇒女性の故郷へ。これがどうもいまいち盛り上がらず淡々と進むなあと、船に揺られた気分で観てました。

後半になるとやっと話が動き出しました。
「女性の語った夢は、こういくことか」など、お!と思うところも出てきました。
終盤は女性の甥っ子も登場して二人と絡んできて、めでたしめでたし。じゃなかったです。
あんなにゆったりしたストーリーだったのに、終わり近くでガラッと変っていくのに、びっくり。
そして切ないラスト。「マジかー」。

ゆったりした話の流れだったけど、不思議と眠くはなかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42

5.0アラン・ドロンの新たな一面を見たような気がした。三者三様、魅力的。...

2017年7月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
tsumu miki

4.5今なお色あせない作品

A1さん
2016年1月22日
PCから投稿

泣ける

悲しい

知的

今なお色あせない作品の完成度の高さに驚かされます。
本当に素晴らしい作品です。
現代の映画に比べてセリフが少ないのにもかかわらず、話にグイグイと引き込まれます。
内容も盛りだくさんなのに、全然テンポが良くて、ダイジェスト的な印象はありません。
本当に素晴らしい作品です。
音楽のメリハリもとてもいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
A1

5.0アランドロンの魅力100%

2015年5月14日
iPhoneアプリから投稿

この映画に出会えたことを幸せに思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジョニーデブ

4.5何気に男友情物語で泣ける。

エイジさん
2015年2月15日
Androidアプリから投稿

泣ける

興奮

アランドロンもかっこ良かったがリノバァンチュラも渋くかっこ良かった。ストーリーもフランス映画特有の演技、風景が見事マッチして観やすいし内容も起承転結もしっかりしてて飽きずに観れます。前半男2人女1の出逢い、中盤宝探し後半軍艦島で銃撃戦。この内容でも芸術性を感じる映画でした。やはりフランス映画の強みかも。この映画は若い男女でも感動を味わえる映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
エイジ

4.0夢破れた夢追い人の新天地への冒険記

Cape Godさん
2013年7月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

楽しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
「冒険者たち(1967)」の作品トップへ