ペイバック

劇場公開日

5%
37%
53%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

裏切られ、全てを失った男の復讐を描いたハードボイルド・アクション。原作はリチャード・スタークの犯罪小説の名作『悪党パーカー』シリーズの一編「人狩り」(ハヤカワミステリ文庫・刊)で、67年のジョン・ブアマン監督、リー・マーヴィン主演「ポイント・ブランク 殺しの分け前」に次ぐ二度目の映画化となる。監督は「陰謀のセオリー」「L.A.コンフィデンシャル」の脚本を手掛け、これが初演出となるブライアン・ヘルゲランドで、脚本は彼と「マッドマックス サンダードーム」のテリー・ヘイズの共同。製作は「アンナ・カレーニナ」のブルース・デイヴィ、製作総指揮も同作のスティーヴン・マクヴィーティ。撮影は「187」のエリクソン・コア。音楽は「ジョー・ブラックをよろしく」のリス・ボードマン。美術は「ナイトウォッチ」のリチャード・フーヴァー。編集は「ブレーキ・ダウン」のケヴィン・スティット。衣裳は「ネゴシエーター」のハ・ニューエン。出演は「リーサル・ウェポン4」のメル・ギブソン、「スター・トレック 叛乱」のグレッグ・ヘンリー、「イレイザー」のジェームズ・コバーン、「ブレイド」のクリス・クリストファーソン、「マイティ・ジョー」のデイヴィッド・ペイマー、「クラッシュ」のデボラ・カーラ・アンガー、「ローリング・サンダー」のウィリアム・ディヴェインほか。

1998年製作/101分/アメリカ
原題:Payback
配給:日本ヘラルド映画配給(日本ビクター=日本ヘラルド映画提供)

ストーリー

しがない盗み専門のプロ、ポーター(メル・ギブソン)は妻のリン(デボラ・カーラ・アンガー)、相棒のヴァル(グレッグ・ヘンリー)と共にチャイニーズ・マフィアから14万ドルを奪うが、ヤク中でヴァルの言いなりになっていた妻のリンに撃たれる。命は取り留めたが心に深い傷を負ったポーターは、復讐のため街に帰ってきた。彼はスタッグマン(デイヴィッド・ペイマー)というヤクの売人の語で、ヴァルが奪った金を“⊆組織‰アウトフイツト⊇”からの借金の返済にあてたことを知った。ポーターはかつて惚れていた娼婦ロージー(マリア・ベロ)からの情報で、ヴァルが中国系の娼婦パールとしけこんでいたホテルを急襲、ヴァルに自分の取り分の7万ドルの返済を約東させる。面倒を嫌う“組織”はポーターを殺すようヴァルに命じた。一方、悪徳刑事たち(ビル・デューク、ジャック・コンレイ)も問題の金に目をつけた。ポーターはロージーを襲ったヴァルを痛めつけ、“組織”の幹部であるフェアファックス(ジェームズ・コバーン)とカーター(ウィリアム・ディヴェイン)の名前を聞き出すと、ヴァルの息の根を止める。“組織”の事務所に乗り込んだポーターはカーターをあっさり殺したあと、ボスのブロンソン(クリス・クリストファーソン)の息子ジョニーを誘拐する。だがパールの属するチャイニーズ・マフィアに命を狙われ、フェアファックスに捕まって拷問を受けてしまう。ポーターに息子の居場所を吐かせたブロンソンたちはそのホテルへ。だが、それはポーターの罠だった。部屋に仕掛けた爆弾で“組織”の一党はは全滅。ポーターはロージーと共に街を去った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0まあまあ原作に忠実でした

halukaさん
2020年4月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

原作の悪党パーカー読んでいたので、まあまあ原作に忠実で好感がもてました。
拷問シーンは全く必要なかったけど。拷問好きのメル・ギブソンだからしょうがないけど、普通、あそこで殺されるやろ(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
haluka

3.0人の値段

everglazeさん
2019年7月6日
iPhoneアプリから投稿

ハードボイルド復讐劇。
バイオレンス多めでした。
画面全体が青暗いです。

「俺の取り分を返せ。」
主人公の動機は至ってシンプル。

なかなか上手いこと考えたなというシナリオでしたが、主要人物が皆犯罪に関わっているので感情移入はしづらいです。Lucy Liuの女王様ぶりが見られます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
everglaze

2.5納得できない点も多い

2019年1月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

興奮

序盤の復讐の準備をしているところが一番ワクワクしました。

残念だったのは、7万ドルにああも必死になる理由がわからないまま終わってしまったこと。
意地や信念?作中でも問われていましたが、ちゃんと答えてはいなかったので…自分の取り分の7万ドルだけを請求し続ける様は格好良いのですが。
そこに納得できる理由があればもう少し話に入り込めたかも。

あとは登場人物が多いので1人1人のキャラが薄いうえ、上手く絡められておらず、その場繋ぎの舞台装置にされている印象でもったいない。
主人公の奥さん、チャイニーズマフィア、ステッグマン、警官2人組とか。

特にロージーがいる分、奥さんの存在意義がほとんどないような…物語のとっかかりではありますが…
もしかして奥さんの仇を取るため、クスリを売る組織を潰すのが主人公の真の目的だったのか?
その割には奥さんを大切に思う描写がないんですよね…ロージーに対してはあるのに。

それと、敵組織の警備が緩すぎるのも気になりました。終盤になってもあまり警戒されている様子がなかったので。

メルギブソンは渋くて役に合っていたと思います。痛がる演技は見てて辛くなるほどでした。

画面は常に暗めで、復讐劇らしさがありました。
モノローグの入れ方が珍しかったです。ハードボイルド調でなんだか好きでした。
アクション面はあまり印象に残らなかったですね。古さを感じる部分もありました。

ちょっとした笑いどころがあるのはよかったです。
7万ドルだと言っているのに何度も13万ドルと言われるところとか、フェアファックスのワニ皮の鞄持たせられた部下2人とか。
フェアファックスのキャラクター付けが一番ユニークで好きでした。

ラストは気持ちのいい終わり方でした。あー!これ使うのか!という。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
きーとろ

2.0ルーシー・リュー

kossyさん
2018年11月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 命の値段は7万ドル。ハードボイルド風に傷ついたメルちゃんのオープニング。知り合いは皆生きていることにびっくり。ヴァルを探し当てたポーターは13万ドルを取り戻せと迫る。そのとき寝ていたのがルーシー・リュー。彼女に対する捨て台詞が「卵をゆでろ」

 時折カッコいいセリフを吐いたりするけど、基本的には復讐なんだか、泥棒の意地なんだか、よくわからない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「悪党パーカー」シリーズ関連作品