ブレイブハート

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

メル・ギブソンが監督・製作・主演を務め、スコットランド独立のために戦った実在の英雄ウィリアム・ウォレスの生涯を描いた歴史スペクタクル。13世紀末のスコットランド。残虐非道なイングランド王エドワード1世の侵略により家族を殺された少年ウィリアム・ウォレスは、故郷から遠く離れた叔父のもとで暮らすことに。やがて成人し故郷に戻ったウォレスは、幼なじみのミューロンと恋に落ち結婚するが、彼女はウォレスの目の前でイングランド兵に殺されてしまう。復讐を誓ったウォレスは、圧政に苦しむ人々とともに自由と解放を求めて立ち上がる。共演は「ラ・ブーム」のソフィー・マルソー、「アルカトラズからの脱出」のパトリック・マクグーハン。1996年・第68回アカデミー賞で作品賞・監督賞など5部門を受賞した。

1995年製作/178分/アメリカ
原題:Braveheart
配給:20世紀フォックス映画
劇場公開日:1995年10月14日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第68回 アカデミー賞(1996年)

受賞

作品賞  
監督賞 メル・ギブソン
撮影賞 ジョン・トール
音響効果編集賞  
メイクアップ賞  

ノミネート

脚本賞 ランダル・ウォレス
編集賞 スティーブン・ローゼンブラム
作曲賞(ドラマ) ジェームズ・ホーナー
衣装デザイン賞 チャールズ・ノッド
音響賞  

第53回 ゴールデングローブ賞(1996年)

受賞

最優秀監督賞 メル・ギブソン

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀脚本賞 ランダル・ウォレス
最優秀作曲賞 ジェームズ・ホーナー
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Everett Collection/アフロ

映画レビュー

4.0自由を謳いアカデミー賞を狙い通りにゲットしたメル・ギブソン の凄み

2023年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 5件)
Kazu Ann

4.0自由への争い

2023年10月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

スコットランドはイングランドに侵攻されていた。父親を殺されたメルギブソン扮する平民ウィリアムウォレスは畑を耕し家族と平和に暮らしたいと考えていた。ウィリアムはキャサリンマコーミック扮するミューロンを連れ出しふたりだけで挙式した。しかしミューロンがイングランド兵に襲われたところ兵に抗い捕らわれて殺されてしまったためウィリアムは怒り狂った。

スコットランドとイングランドの自由への争い。日本人には分かりにくいがラグビーではお馴染みだ。キャサリンマコーミックはなかなか印象的な女優さんだったね。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
重

3.5キャリアの頂点

2023年10月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

歴史を紐解き、民族の感情を高ぶらせる。貴族階級の圧政に立ち向かった一人の男の生涯を力強く描き出す、感動巨編。興行的にも成功し、監督として作品性を高く評価された、メル・ギブソンのキャリアの頂点に位置する映画だ。

当時同じような立ち位置にケビン・コスナーがいたことから、本人の才能はもとより、彼の名前を使ったビジネスとして、優秀な人材が沢山まわりに居たということなのだろう。

その後のメル・ギブソン監督作品にも通底するのは、伝説的な英雄を取り扱ったおとぎ話が多いということで、史実に忠実かどうかということより、観客に伝えることを優先したエモーショナルな演出を得意とすることだろう。

それにしても、ゴシップによって身を持ち崩していった晩年は、まるで彼自身が映画の主人公であるかのようにも映る。これも、彼のチームをひとり、またひとりと優秀な人材が去って行ったことを暗示する。ケビン・コスナーも同じように持ち崩した。

苦み走った老人の役が板に付いて来たのも、さもありなん。でも、もう一度、あの軽快なユーモアと過剰なアクション、それでいて説得力を失わない一瞬の凄味を見せてほしいものだ。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
うそつきカモメ

3.0一度は観ても良いかな史劇

2023年9月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

アカデミー作品賞・監督賞などを獲った史劇エンターテインメント大作。約3時間。
確かに、兵隊の大軍場面などのスペクタクルシーンは迫力ある🎥

13世紀のスコットランドは、残虐非道なイングランド王エドワードⅠ世の支配下にあった。
侵略により父親など家族を殺された少年ウィリアム・ウォレスは成長して、女性=ミューロンと恋に落ちて結婚する。しかし、それもつかの間、ミューロンがイングランド兵に殺されたことから復讐を誓いながら、祖国解放を願うスコットランド人たちを率いて「自由を勝ち取る」ために立ち上がった。……という話。

ウィリアム・ウォレスを演じているのはメル・ギブソン(監督兼主演)、彼の妻を演じたのはキャサリン・マコーマックだが本当に綺麗😍💕
あとで出て来るソフィー・マルソーの方が、オーダー順は前だが、個人的にはキャサリン・マコーマックに軍配!😄笑

内容盛りだくさんなので3時間に亘るのだろうな……とは思うが、恋愛シーンなども含めて史劇一辺倒にしなかったところが、観る者が飽きることなく観られるようにしたと思われる。

イングランド王が残虐非道と言っても、それほどエグイ場面も無いので、やや説得力に欠ける感あり。
終盤の処刑シーンも同様。
別に残虐シーンが見たいわけではないので、個人的にはオッケー👍

まぁ、一度は観ても良いかなレベルの映画だったと思う。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
たいちぃ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る