ブレイブハート

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ブレイブハート
31%
45%
20%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

13世紀末、悪政に苦しむスコットランドの独立と開放を目指して戦った実在の英雄、ウィリアム・ウォレスの生涯を描いた歴史スペクタクル大作。製作費2700万ドルを投じ、数千人のエキストラと200頭の馬が演じる戦闘場面は、リアルな臨場感に満ちて圧巻。監督・製作・主演の3役を兼ね、アクションから恋の葛藤まで、確かな演出力を見せたのは、「顔のない天使」に続いて2本目の監督作となるメル・ギブソン。脚本は作家として活躍し、初の映画作品となるランダル・ウォレスのオリジナル。製作はギブソン、彼と共にアイコン・プロを主宰するブルース・デイヴィ、「ロシア・ハウス」のアラン・ラッド・ジュニア 。撮影は「レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い」のジョン・トール、音楽は「アポロ13」のジェームズ・ホーナー、美術は「マーヴェリック」のトム・サンダース、編集は「グローリー」のスティーヴン・ローゼンブラム、6000着の衣装デザインは「1492 コロンブス」のチャールズ・ノード。特殊効果は「コナン・ザ・グレート」のニック・アルダー、スタント・コーディネーターを「クリフハンガー」のサイモン・クレーンが担当。共演はアメリカ映画に本格的初出演の「恋人たちのアパルトマン」のソフィー・マルソー、カルト的名作TVシリーズ『プリズナーNO.6』で知られ、映画は「アルカトラズからの脱出」などに出演している名優パトリック・マクグーハン、「遙かなる大地へ」のブレンダン・グリーソンほか。第68回アカデミー賞で、作品、監督、撮影、音楽(ドラマ部門)、メイクアップ、音響効果の6部門を受賞。

1995年製作/アメリカ
原題:Braveheart
配給:20世紀フォックス映画

ストーリー

残酷な王エドワード1世(パトリック・マクグーハン)が率いるイングランドの侵略で家族を皆殺しにされたウィリアム・ウォレス(メル・ギブソン)は、故郷から遠く離れた異郷の叔父の下で成長し、懐かしい故郷に戻ってきた。幼なじみのミューロン(キャサリン・マッコーマック)は美しく成長し、再会した2人は恋に落ちる。そんな折り、イングランドはスコットラドの貴族を支配するため、“初夜権”なる悪法を復活。それは領地内で結婚の決まった花嫁を略奪し、初夜の権利を貴族の男たちに与えるという非人間的なものだった。花嫁を奪われるのを恐れたウォレスは2人きりで結婚式を挙げるが、ミューロンは彼の目の前でイングランド兵に殺される。復讐を誓うウォレスは、悪政に苦しむ人々と共に自由と解放を目指す抵抗軍を組織、彼のカリスマ性と指導力に魅かれ人々が続々と集まってきた。エドワード1世は抵抗軍を封じ込めるため、数千の大軍を送る。3倍もの兵を相手に、ウォレスたちは敵の騎馬隊が接近した時にハリネズミのように槍で人馬もろとも突き刺す“シルトン戦法”という奇抜な戦略で圧勝した。ウォレスはスコットランドの貴族からサーの称号を与えられ、さらに国境の南でも勝利を収め、国民的なヒーローとなる。予期せぬ強敵の出現にエドワード1世は、息子エドワード王子(ピーター・ハンリー)の妃イザベル(ソフィー・マルソー)を停戦交渉の使者としてウォレスの元に送る。彼女は政略結婚によりフランスから嫁がされるが、王子は同性愛者で夫婦は愛のない生活を送っていた。たくましいウォレスにひと目で魅了されたイザベルは彼の命を救うため、エドワード1世が密かに北に向かっているとの情報を伝える。四方八方から囲まれ、窮地に陥ったウォレスは、スコットランドの貴族たちに援軍を求め、特に若い貴族ロバート・ザ・ブルース(アンガス・マクファーデン)を信頼し協力を頼んだ。だが、ハンセン病に苦しむ彼の父は、息子を国王にしたいがため、陰謀を巡らす。エドワード1世は総攻撃をかけてくるが、私利私欲に走ったスコットランドの貴族たちは敵に買収され、ロバートさえも戦場に現れずウォレス軍は大敗を喫する。しかし、ウォレスは裏切り者を暗殺し、ゲリラ戦を繰り返しながら再起に備えた。エドワード1世は停戦交渉に再びイザベルを送るが、ウォレスをより愛するようになっていた彼女は、彼と一夜を共にする。一方、ロバートは裏切った罪の意識に苦しんでいたが、彼の父の仕掛けた罠により、ウォレスは捕らえられ、反逆児として裁かれることに。彼は群衆の前で、最後まで自由を求め続けながら極刑に処せられた。10年後の1314年、ウォレスの遺志を継いだロバート率いる軍が戦いに勝利し、スコットランドに自由と平和が訪れた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第68回 アカデミー賞(1996年)

受賞

作品賞  
監督賞 メル・ギブソン
撮影賞 ジョン・トール
音響効果編集賞  
メイクアップ賞  

ノミネート

脚本賞 ランダル・ウォレス
編集賞 スティーブン・ローゼンブラム
作曲賞(ドラマ) ジェームズ・ホーナー
衣装デザイン賞 チャールズ・ノッド
音響賞  

第53回 ゴールデングローブ賞(1996年)

受賞

最優秀監督賞 メル・ギブソン

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀脚本賞 ランダル・ウォレス
最優秀作曲賞 ジェームズ・ホーナー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Everett Collection/アフロ

映画レビュー

5.0勇気の証明 勇者の条件

2020年3月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 5 件)
しゅうへい(syu32)

3.5期待値を上げすぎたかも?

tiso jackさん
2020年2月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

難しい

各所で絶賛され、十分に気合を持って見過ぎたせいかやや消化不良。
数十年前と考えると凄い大作だが改めて今見返すのはオススメではないかもしれない。

決して一筋縄ではいかないストーリーにハラハラドキドキしながら見られるが、やや間延び感もあり。
個人的にはもう少し感動を狙いに行くシーンがあっても良いのかと思えた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tiso jack

5.0素晴らしい

kossyさん
2019年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 中世ものは大好きな映画です。見事なまでに迫力ある戦闘シーンとスコットランドの美しさを描いた超大作です。

 どうしても最近のアメリカによる侵略戦争を、映画で描かれているイングランドに置き換えて見てしまいます。独立のため、自由を求めるため、圧政から逃れようとする平民たちの姿を生き生きと描いています。「独立」「自由」というと、アメリカ某大統領の言葉も思い出されますが、某大統領の言葉が偽善であることがはっきりはかりますね(笑)

 一番印象に残るシーンはウォレスのあの言葉なのですが、イングランド皇太子妃との会話も捨てがたい!側近がフランス語で秘密の会話をしようとしたときに、「野蛮人にだって・・」とウォレスがフランス語で言い返す。皇太子妃も、この一見野蛮人に見えるのだが理知的でもあるウォレスに惹かれてしまったのでしょうね。(こういうのって憧れかもしれない。馬鹿を装って、実は頭がいいんだぞっ!って感じの・・)

 マイナス点を挙げるのなら、ウォレスが裏切られても尚信じる貴族たち!何故信じてしまうのかを描き切れていない。大したことじゃないんだけど、ブルース卿も重要なんだし。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy

5.0時節にあった映画に成っていくのかもしれない

あき240さん
2019年5月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

圧倒的な映像の迫力
中世の戦いがどうであったのかを、身体的な痛みを感じさせる見せ方はマッドマックスに通じるものがある
コナンザグレートでのクライマックスの戦いを大軍勢での戦いで見せたような具合だ
スパルタカスやローマ帝国の滅亡に於ける大軍団同士の戦闘シーンよりも迫力と迫真性がある
後年のグラディエーターの冒頭でのゲルマンの蛮族とローマ帝国の軍団との大戦闘シーンにも負けないどころか、リドリー・スコット監督は本作の戦闘シーンをまず下敷きにしたはずだ
大体戦闘シーンの分量からして全く違う
終盤の拷問に続く処刑シーンは露悪的ですらある
編集、構成、撮影といった部分で荒削りな部分はあるが、そんなものはこの映像の力にねじ伏せられてしまう

スコットランドの独立を勝ち取るのはもちろん武力だ
しかしブレイブハートの力がなければ剣の力は霧散していてた

21世紀のこれから迎えようとする困難な時代に日本が独立をまもれるのか
我々一人ひとりのブレイブハートが試される事になるのだろう
時節にあった映画に成っていくのかもしれない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全29件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ブレイブハート」以外にこんな作品をCheck-inしています。