フランケンシュタイン(1931)

  • AmazonVideoで今すぐ見る
21%
51%
14%
7%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

メリー・W・シェリーの執筆した小説を基にして「魔人ドラキュラ」「二つの顔(1930)」のギャレット・フォートと「鉄青年」「犯罪王リコ」のフランシス・エドワーズ・ファラガーの二人が脚色し、「ウォタルウ橋」のジェームズ・ホエールが監督し、「再生の港」「ビッグ・トレイル」のアーサー・エディソンが撮影した映画で主演者は「旅路の終り」で一躍名をなしたコリン・クライヴ、助演者とし「ウォタルウ橋」のメイ・クラーク、「母性」「天国の一夜」のジョン・ポールス、「海魔」のポリス・カーロフ、フレデリック・カー、エドワード・ヴァン・スローン等がつき合っている。

1931年製作/アメリカ
原題:Frankenstein

ストーリー

若い科学者フランケンシタインは生命の復活という問題に対して狂気的な研究を続けていた。アルプス山麓の古時計台の研究室は彼にとってはうつくしい許嫁エリザベスよりも強い魅力を有していたのである。夕暮れの墓地をフランケンシタインはただ一人の助手の一人と共に新しい材料たる死体を探し、脳髄をくだいた死人を見つけ出し更に完全な脳髄を求めるために努力していた。許嫁エリザベスは別荘で彼の狂わしい研究に愛のない日常をかこって友人ヴィクターと共にフランケンシタインの大学当時の教授ワルドマン博士を訪ね、彼を研究室から呼び戻そうとした。ワルドマン博士の研究室に忍び込んだ助手はアルコホル漬けの脳髄を盗み出す際、一つの瓶を落とし犯罪者の脳髄を入れた瓶だけをフランケンシタインの許に持ち帰ったのであった。フランケンシタインは助手の持ってきた脳髄を死体に手術し、高圧電力を以って死人再生の大実験を試みようとした。暴風雨を冒してエリザベス、ヴィクター、ワルドマンの一行は古い時計台の実験室に到着した時、彼は折柄の大雷電を利用して研究最中で、それを見た一同は驚倒するほどであった。この時、雷鳴はげしく時計台に落雷し、その電撃はフランケンシタインの研究を成功せしめた。死体の黒い手は白くなり動き始めた。その魔人は実験室の穴倉に太い鎖でつながれることになった。ワルドマン博士はフランケンシタインの悪夢をさまそうとして彼と激論した時、突然地下室から怖ろしい叫び声が聞こえてきた。彼らが走って行って見るとその魔人は助手を殺し、憎悪に燃えた眼差しを二人に向けて飛びかかってフランケンシタインに一撃を加え倒してしまった。この瞬間、ワルドマン博士は魔人の腕にすばやく強烈な薬品の注射を行い魔人を眠らせてしまう。ワルドマン博士はフランケンシタインの父、男爵にすすめてエリザベスとの結婚を急がせた。フランケンシタインが悪夢から醒めたように朗らかにエリザベスを抱く間もなくヴィクターがワルドマン博士の惨殺を報じてきた。彼は魔人を捕らえんと立ち上がる。魔人は既にエリザベスを襲い殺してしまう。そして湖畔に遊ぶ無心な幼児たちの生命をさえ奪った。フランケンシタインは農夫の一隊を指揮し、魔人を捕らえんものと探し廻り、その内、一隊と離れてしまった時、魔人を発見した。彼は炬火を魔人につきつけてその猛襲を防いだがついに大格闘となり、魔人の打撃に倒されてしまった。魔人がフランケンシタインをかついで水車小屋に入る姿を見た農夫達は小屋を囲んで火を放った。魔人は水車小屋の頂上から地上にさわぐ群衆をめがけてフランケンシタインを投げつけた。そして猛火の頂に狂い暴れていた。地上ではわが子フランケンシタインの死体を抱いて男爵は涙に暮れていたのである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ジェーン・ドウの解剖
  • 機械じかけの小児病棟
  • ハンガリー連続殺人鬼
  • 怪談新耳袋 百物語【TBSオンデマンド】
  • クリーピー 偽りの隣人
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • もうひとりいる
  • 喰女 ―クイメ―
  • オーディション
  • カオス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

4.0幼い子、フランケンシュタイン。

miharyiさん
2019年10月21日
PCから投稿

「メアリーの総て」鑑賞後、女性作家メアリ・シェリー19歳当時の作品ということに衝撃を受け、このたび映画鑑賞。 さらに映画で衝撃を受けることになる。
フランケンシュタインという名前が、創造者の博士の名前であって、大男には名前がなかったこと。突然この世に生を受けた大男は、純真無垢の赤ちゃんと同じであったこと。
見るものすべてに興味を持ち、喜びもし、悲しみもし、怒りもする。そんな赤ちゃんの彼を周囲の大人は誰もわかってくれない。
勝ってに創造し、手に負えなくなったら抹殺する。
悲しい彼の姿が原作者メアリ・シェリーと重なり、現代の幼児虐待にも重なり、やりきれない気持ちになった。

涙が止まらない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

2.0フランケンシュタインが生み出した怪物

Ryutaさん
2018年10月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

人造人間の誕生とその後。誰も得せず。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ryuta

4.5名もなき怪物はどこへも行けない

2014年8月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

興奮

なんて悲しい映画なんだろうって感じました。群衆たちは迷いなく怪物を追い込み、迷いなく怪物を殺しにかかります。そこには名づけられていないものへの不安があります。そしてその群衆の迷いなさによる一体感は彼らを没個性へと押しやっているのに、そうした彼ら自身はそのことに無自覚です。こうした無自覚さゆえの疎外の恐ろしさを感じさせる映画でした。人は名づけられないものには脅威を感じ、それを排除しようとするんだな、と。
映像はとてもとても素晴らしいものでした。映画の伝説を見ているかのような気持ちでした。少女との邂逅のシーン、追い込まれる風車小屋のシーン、いずれも脳裏に焼き付きます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
チャーリー
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「フランケンシュタイン」シリーズ関連作品

他のユーザーは「フランケンシュタイン(1931)」以外にこんな作品をCheck-inしています。