ビッグ・ガン

劇場公開日

6%
17%
66%
11%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

暗黒街から足を洗おうとした矢先、愛する妻子を殺された殺し屋の復讐を描く。監督は「続荒野の1ドル銀貨」のドゥッチョ・テッサリ、脚本はウーゴ・リベラトーレ、フランコ・ヴェルッチ、ロベルト・ガンドゥス、撮影はシルヴァーノ・イッポリティ、音楽はジャンニ・フェリオが各々担当。出演はアラン・ドロン、リチャード・コンテ、カルラ・グラヴィーナ、ニコレッタ・マキャヴェッリ、マルク・ポレル、ロジェ・アナン、リノ・トロイージ、アントン・ディフリング、ウンベルト・オルシーニ、グイド・アルベルティなど。

1973年製作/イタリア
原題:Big Guns
配給:東和

ストーリー

トニー・アルゼンタ(A・ドロン)は七回目の誕生日を迎えたひとり息子のカルロを抱きしめながら心を決めた。足を洗わなければ……。いまが潮時だ。トニーは組織の中でも一目置かれた重要な存在だった。狙った獲物は決して逃がさない腕ききのハンター。二大ボスのニック(R・コンテ)とクチッタ(L・トロイージ)は、トニーが彼らの同郷のシチリア島出身ということも手伝って、高く評価していた。組織でも将来は約束されているが、拳銃を手離せない日蔭げの生活を、カルロだけにはのぞかせたくなかった。パーティの翌日、トニーはニックにその由、申し入れたが彼は色よい返事をしなかった。トニーは組織をあまりに知りすぎているのだ。ヨーロッパ各地に拡がっている組織の幹部も同様だった。会合での結果は、トニーを亡き者にせよ、ということだった。それから数日後、トニーは茫然と窓の外の光景を見下ろしていた。地獄のように燃えさかる炎に、愛するカルロと妻のアンナが包まれている。組織の黒い手は、トニーを消すつもりが誤って彼の妻と子を殺してしまったのだ。彼は復讐を誓った。故郷から駆けつけた神父のドン・マリアノ(G・アルベルティ)や弟分のドメニコ(M・ポレル)のなぐさめにも救われなかった。第一の犠牲者はカーレ(R・アンナ)だった。手引きしたのは、以前トニーが助けたことがあるカーレの情婦サンドラ(C・グラビナ)。ミラノに戻ったトニーはドメニコが見つけてくれたアパートに身を隠す。次なる獲物は組織の大立物グルンワルド(A・ディフリング)だ。サンドラの情報によって、幹部たちがコペンハーゲンのグルンワルドの元に集まる事を知る。グルンワルドが、その所有する巨大なビルからいつものとうり現われ、迎えのベントレーに乗り込もうとした瞬間、待ち伏せていたトニーの拳銃が火を吹いた。目的を果たしたものの自らも負傷したトニーは、同郷のデンニーノの友情に救われた。その頃、ミラノでは、ドメニコがトニーのアパートの住所を白状させられたうえで、惨殺されるという事件がもちあがっていた。アパートに入り込んだクチッタの部下は、部屋に身を隠していたサンドラを徹底的に痛めつけ、トニーの帰りを待ち伏せている。電話のベルが鳴った。トニーがミラノに戻ってきたのだ。受話器から洩れる彼女のすすり泣きに全てを察したトニーは先手を打った、クチッタの邸に忍び込み、彼を射殺したのだ。殺し合いの毎日に、さすが疲れたトニーはむしょうに故郷が恋しくなり、サンドラを連れてシチリアへと車を飛ばした。追う側の疲れは、また追われる側の疲れでもあった。組織の面目にかけてもトニーを消さない訳にはいかないニックは、クチッタの葬式の日、部下イズネロ(U・オルシーニ)のすすめで、コペンハーゲンでトニーを救ったデンニーノを呼び寄せて取り引きをもちかけた。間もなくして、神父ドン・マリアノがトニーにニックとの和解をもちかけた。ニックは娘の結婚式にトニーを招待するという。それは可愛い娘の結婚式を血で汚したくないからだ、ともいった。ニックを全面的に信じたのではなかったが、トニーは母とサンドラを連れて、その式にのぞんだ。荘重な儀式はとどこおりなく終り、参列の人々が家路につこうとしたとき、一台の車が教会の前に止まった。運転席にはデンニーノがいる。晴やかな笑みをみせて歩み寄るトニー。だが、デンニーノの手には鈍く光る拳銃が握られていた。沈黙をさく銃声と共にトニーはくずれおちた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ゾンビーバー
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • HUNT 餌 ハント・エサ
  • バッド・マイロ!
  • プライマル・レイジ
  • ビッグ・バグズ・パニック
  • マングラー
  • ジーパーズ・クリーパーズ
  • リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

3.5面白かった

2018年1月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
吉泉知彦

3.0哀愁

everglazeさん
2017年8月12日
iPhoneアプリから投稿

組織から足を洗おうと決意する殺し屋。
手違いで組織に妻子を殺され、報復のため組織の幹部を一人ずつ追いかけ仕留めて行きます。

原題が指すのは、その大物幹部達のことでしょうか。Alain Delon演じる殺し屋の処遇について方針が分かれます。
英題は、"No Way Out"。

倫理観より常に自分の利益を優先する人もいれば、命懸けで友人を守る人もいる…。信じたら負けなのか。組織の人間模様を時にスタイリッシュに、時に哀愁たっぷりに描いていました。

カーチェイスのロケシーンは時間や場所を選んでいるのでしょうが、ヨーロッパの各地がとても空いて見えました。どんよりと淋しい街並みが、作品に似合っていました。

銃やナイフではあっけなく即死するものの、無抵抗の女性に暴力を振るうシーンが多々ありました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
everglaze

3.0アランドロンいいね! 哀愁と言うのが似合いすぎる。殺し屋である主人...

VANeRopさん
2015年5月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

アランドロンいいね!
哀愁と言うのが似合いすぎる。殺し屋である主人公が足を洗おうとする所から物語は始まり、妻子を殺される事で話が動き始める。組織の幹部との孤独な闘い。渋いですアランドロン。殺しのテンポが早く、飽きずにドンドン行く。もったいぶった面を見せずに好感が持てました。終わり方も定型ぽいところはありますが、ハッピーエンドでなく非情な終末を迎えるのは一貫してローテンションな物語にマッチしてました。面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
VANeRop

3.5アラン・ドロンらしい映画

Cape Godさん
2013年3月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

総合:70点
ストーリー: 70
キャスト: 75
演出: 75
ビジュアル: 65
音楽: 65

 とてもアラン・ドロンらしい典型的な映画である。ハリウッドの派手なすっきりするアクションというよりは、刹那的な映画という意味でフランスというかイタリアらしい映画である。

 カー・アクションはとても多い。古い映画だしアメリカと異なり小型の車が多く、ちょっとぶつかっただけで簡単にペチャンコになってしまう。映画の進化というよりも車の安全性の進化に気がつかされる。スタントマンも大変だったろう。
 ギャングどもは容赦なく暴力を振るう。相手が女でも目的遂行のためには遠慮しない。銃で撃ってあっさりと命を奪うハリウッド物よりも生々しい。もちろん演技だからかなり手加減しているのは画面からはっきりわかるのだが、演出上そのようなきつい場面が多いのも刹那的。そんな彼の映画が好きな人は楽しめると思います。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る