ピーター・パン(1953)

劇場公開日:

解説

「ロビン・フッド(1972)」のウォルト・ディズニーが1953年に製作したテクニカラー色彩の長編漫画映画である。1904年ロンドン初演のジェイムズ・M・バリーの戯曲『ビーター・パン』の漫画映画化で、映画用ストーリーはテッド・シアーズ、ビル・ピート、ジョー・リナルディ、ラルフ・ライト、アードマン・ペナー、ウィンストン・ヒブラー、ミルト・バンタ、ビル・コットレルの合作、監督はハミルトン・S・ラスク、クライド・ジェロニミ、ウィルフレッド・ジャクソンである。音楽はオリヴァー・ウォーレス。各人物の声を受け持つのはボビー・ドリスコル、キャスリン・ビューモント、ハンス・コンリード、ビル・トムスン、ヘザー・エンジェルなど。

1953年製作/77分/アメリカ
原題:Peter Pan
配給:RKOラジオ日本支社

ストーリー

ロンドン郊外に住むダーリング家の3姉弟の姉娘ウェンディは大人になるのがいやでしょうがなかった。ある夜、ウェンディたちの部屋にお伽話のピーター・パンがしのびこみ、いつまでも子供でいられる“ないない島”へ連れて行ってやろうといった。ピーター・パンが光のをウェンディ、ジョン、マイケルの3人にふりかけると空を飛ぶことが出来るようになって、ピーター・パンを先頭に“ないない島”へ飛んで行った。ピーター・パンたちの大敵は海賊フックだ。フックは飛んで来るピーター・パンたちに大砲をうちかけたが、一同はどうやら無事に島に着くことができた。ジョンやマイケルは同じような子供たちがたくさんいるので大喜び、早速皆でインディアン退治に出発したが、娘を何者かに誘拐されて怒っていた酋長に逆に捕えられ、夜明けに死刑されることになった。ピーター・パンとウェンディは人魚たちと遊んでいるとき海賊フックが酋長の娘を攫って行くのを見つけ、ピーター・パンは海賊と大格闘して娘を助け出した。これを知った酋長は喜んで子供たちの縄をときお礼の大ダンス・パーティを催した。そのうちにウェンディはお母さんが恋しくなり、ピーター・パンから家へ帰ると大人になってしまうと言われたが、やはり皆を連れて帰る決心をした。ピーター・パンに娘を奪い返されたフックはその復讐にウェンディ以下の子供たちを捕えてしまった。しかし、急を知ったピーター・パンが飛んで来てフックを鰐の口の中につき落した。ウェンディたちはロンドンへ帰ることができた。そしてウェンディは父母に大人になる決心をしたと告げるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚本
テッド・シアーズ
ビル・ピート
ジョー・リナルディ
ラルフ・ライト
アードマン・ペナー
ウィンストン・ヒブラー
ミルト・バンタ
ビル・コットレル
製作
ウォルト・ディズニー
ロイ・O・ディズニー
イメージボード
デイヴィッド・ホール
レイアウトチェック
ドン・ダグラディ
レイアウト
ケン・アンダーソン
チャールズ・フィリッピ
McLaren Stewart
トム・コドリック
ケンドール・オコーナー
ヒュー・ヘネシー
Don Griffith
アル・ジンネン
ソー・パットナム
Lance Nolley
作画監督
エリック・ラーソン
ウォード・キンボール
ノーマン・ファーガソン
マーク・デイビス
ジョン・ラウンズベリー
ミルト・カール
ウォルフガング・ライザーマン
レス・クラーク
オリー・ジョンストン
フランク・トーマス
撮影
ボブ・ブロートン
美術監督
ケン・アンダーソン
John Hench
クロード・コーツ
背景
Ralph Hulett
レイ・ハッフィン
アート・ライリー
Thelma Witmer
アル・デンプスター
アイヴァンド・アール
ディック・アンソニー
Brice Mack
アート・ランディ
音楽監督
オリバー・ウォーレス
オープニングテーマ
ジャド・コンロン・コーラス
挿入歌
ジャド・コンロン・コーラス
キャスリン・ビューモント
ボビー・ドリスコル
ポール・コリンズ
キャンディ・キャンディード
ビル・トムスン
音響監督
C・O・スライフィールド
録音
C・O・スライフィールド
ハロルド・J・ステック
ロバート・O・クック
ミキサー
アル・ティーター
編集
ドナルド・ホーリデイ
作詞
サミー・カーン
アードマン・ペナー
テッド・シアーズ
ウィンストン・ヒブラー
Jack Lawrence
作曲
サミー・フェイン
オリバー・ウォーレス
フランク・チャーチル
オーケストラ指揮
エドワード・H・プラム
製作担当
ビル・アンダーソン
特殊効果
アブ・アイワークス
エフェクト原画
ジョージ・ロウレイ
ジョシュア・メドール
Dan MacManus
ブレイン・ギブソン
原画
ハル・キング
フレッド・ムーア
ハル・アンブロ
ケン・オブライエン
ビル・ジャスティス
マービン・ウッドワード
ヒュー・フレイザー
エリック・クレウォース
クリフ・ノードバーグ
ボブ・カールソン
ハーベイ・トゥームズ
ドン・ラスク
ジャッジ・ウィッテカー
ジェリー・ハッチコック
アート・スティーブンス
クレア・ウィークス
デビッド・スウィフト
色彩設計
メアリー・ブレア
ナレーション
トム・コンウェイ
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.550点

2022年6月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

怖い

単純

映画評価:50点

大人になってから初めて視聴します。

やっぱりディズニーって良いですよね~
ただのファンタジーではなく、
ダークファンタジーなんですよね。

このピーターパンでいえば、
ティンカーベルの嫉妬やイジワルから始まり、
大人でも恐ろしく感じる様な
人間の闇(病み)みたいな部分に触れてきたかと思えば、急に子どもじみたバカらしさを加えてきたり

この時代のアニメの憂鬱を
しっかり表現されていて、
とても楽しめました。

ストーリーもわかりやすくて
ちゃんと見ていられるし、
スミーやフックといった敵役にも愛着がもてます。

最近のディズニーなんかでは
見られないほの暗い世界。
ただのキラキラではなく、ギラギラとした。
私はそういう時代のファンとして、
この作品を推します。

【2022.6.4視聴】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まぁと@名作探検家

3.5色褪せない作品

CDさん
2022年3月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

寝られる

ネバーランドに行ってからストーリーが少し単調になりましたが、一度は見ておきたかったので、見られてよかった。子供も少し退屈してたみたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
CD

3.5ゆーきゃんふらい!

ともさん
2022年3月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

女の子たちが、ピーターを巡って女の争い(?)を繰り広げるのに驚いた!人魚姫たちのウェンディいびりは醜いし…特にティンカーベルはかわいらしいイメージとのギャップがすごかった。たしかに、女の子ってあれくらい陰湿なことを平気でやったりするよね…
というか、ピーターパンがなぜあんなにモテるのかわからない。笑

ウェンディが、お母さんの曲を聴かせるシーンがよかった。ウェンディはいいお母さんになりそう。

ゆーきゃんふらい!ゆーきゃんふらい!の曲が好き。
魔法の粉をかけられて空を飛ぶの夢があって、序盤のシーンも終盤のシーンも好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とも

3.5毎日見てました。

2021年10月30日
iPhoneアプリから投稿

子供の頃何故か英語版で字幕もなしに何度も何度も
見ていました。
思い出深い作品です。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
P.N.映画大好きっ子さん
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る