パリは燃えているか

劇場公開日

11%
47%
42%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ラリー・コリンズとドミニク・ラピエールの原作を、ゴア・ヴィダルとフランシス・フォード・コッポラが共同脚色、フランス語追加台詞をマルセル・ムーシー、ドイツ語追加台詞をグレーテ・フォン・モローが担当、ルネ・クレマンが監督したパリ解放の2週間を描いた大戦裏話。撮影は「悪徳の栄え」のマルセル・グリニョン、音楽は「ドクトル・ジバゴ」のモーリス・ジャールが担当した。なおサウンドはウィリアム・R・サイベル、第2班監督はアンドレ・スマッジ、第2班撮影監督はジャン・ツールニェ、装置・美術はウィリー・ホルト、セットはロジャー・ボルパー、衣裳はジャン・ゼイ、編集はロバート・ローレンス、特殊効果はロバート・マクドナルドがそれぞれ担当した。出演はジャン・ポール・ベルモンド、アラン・ドロン、ブリュノ・クレメール、ゲルト・フレーベ、レスリー・キャロン、オーソン・ウェルズ、ピエール・ヴァネック、カーク・ダグラス、クロード・リッシュ、ロバート・スタック、グレン・フォードほか多数。製作はポール・グレーツ。

1966年製作/173分/フランス・アメリカ合作
原題:Is Paris Burning? Paris brule-t-il?
配給:パラマウント

ストーリー

1944年8月、第2次世界大戦の連合軍の反撃作戦が始まっていた頃、フランスの装甲師団とアメリカの第4師団がパリ進撃を開始する命令を待っていた。独軍下のパリでは地下組織に潜ってレジスタンスを指導するドゴール将軍の幕僚デルマ(アラン・ドロン)と自由フランス軍=FFIの首領ロル大佐(ブルーノ・クリーマー)が会見、パリ防衛について意見をたたかわしていた。左翼のFFIは武器弾薬が手に入りしだい決起すると主張、ドゴール派は連合軍到着まで待つという意見であった。パリをワルシャワのように廃墟にしたくなかったからだ。一方独軍のパリ占領軍司令官コルティッツ将軍(ゲルト・フレーベ)は連合軍の進攻と同時に、パリを破壊せよという総統命令を受けていた。将軍は工作隊に命じて、工場、記念碑、橋梁、地下水道など、ありとあらゆる建造物に対して地雷を敷設させていた。このような時に、イギリス軍諜報部から“連合軍はパリを迂回して進攻する”というメッセージがレジスタンス派に届いた。ロル大佐は自力でパリを奪回しようと決意した。これを知ったデルマは、これをやめさせる人間は政治犯として、独軍に捕らえられているラベしかないと考え、ラベの妻フランソワーズ(レスリー・キャロン)とスウェーデン領事ノルドリンク(オーソン・ウェルズ)を動かして、ラベ救出を図ったが失敗した。結局、ドゴール派と左翼派の会議の結果決起と決まった。そして決まったとなるや逸速くドゴール派が市の要所を占領してしまった。市街戦が始まった。パリ占領司令部は、独軍総司令部からパリを廃墟にせよという命令をうけておりその上、市街戦が長びけば爆撃機が出動すると告げられていた。コルティッツ将軍は、すでにドイツ敗戦を予想していて、パリを破壊することは全く無用なことと思っていた。そこでノルドリンク領事を呼び、一時休戦をして、パリを爆撃機から守り、その間に連合軍を呼べと、遠回しに謎をかけた。ノルドリンクから事情を知ったデルマは、ガロア少佐(ピエール・ヴァネック)を連合軍司令部に送った。ガロアはパリを脱出、ノルマンディの米軍司令部に到着した。パットン将軍(カーク・ダグラス)はパリ解放は米軍の任務ではないと告げ、ガロアを最前線のルクレク将軍(クロード・リッシュ)に送った。ルクレク将軍は事態の急を知ってシーバート将軍(ロバート・スタック)を動かし、ブラドリー将軍(グレン・フォード)を説いた。ブラドリーは全軍にパリ進攻を命令した。8月25日、ヒットラーの専用電話はパリにかかっていて“パリは燃えているか”と叫び続けていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第39回 アカデミー賞(1967年)

ノミネート

撮影賞(白黒) マルセル・グリニョン
美術賞(白黒)  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

5.0面白すぎて時間経過と共に頭が冴えわたってくる名作。

JOHN DOさん
2018年9月2日
iPhoneアプリから投稿

面白すぎて時間経過と共に頭が冴えわたってくる名作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JOHN DO

3.5まとまり無く、長いが苦痛ではない

あき240さん
2018年7月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

66年の製作ながら白黒です
エンドロールのみカラーでこの映画の約20年後の復興なったパリの空撮で終わります
なぜ白黒かというと、特に後半の市街戦を中心に本編の劇とパリ解放当時の実際の映像を大量にモンタージュしてシームレスに当時の状況を再現してみせるからです
若きアランドロン、軽口もたたかず真面目一辺倒な演技をするジャンポールベルモンドを見れるなどオールスター映画ならではの趣も楽しめます
ただ本作にはドラマとしての感動は有りません
しかし実際のパリ解放に歓呼して沸くパリ市民の姿が感動を呼びます
遂にノートルダム寺院の大鐘が轟いて、群衆が四方八方からナチスドイツの国旗を引っ張り、中央から破れ散り散りになるシーンを上から撮る映画的シーンでようやくカタルシスが訪れます

ヒトラーの信任あついドイツ占領軍司令官ですら、パリの破壊と市民の人命を救うべく面従腹背の腹芸をなしたことを描きますが、その45年後地球の反対側の中国では人民解放軍と名乗っている軍隊が自国の首都で自国の市民を戦車で何千人もひき殺す事件が起こります。こちらは映画にもならず、まるで無かった事のようにされています。
本作のように映画によって人々の記憶に深く伝説として刻むことの大切さを深く感じます
それが記録映画ではなし得ない映画の力なのです
本作の意義はそこに有ります

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.5パリがいかにして守られたか

REXさん
2018年1月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

パリを占拠するドイツ軍と、フランス人レジスタンスとの戦いを描く。
ドイツ軍はロシアから敗戦を重ね、ヒトラーは破れかぶれにパリ爆破を命じる。
いわば敗戦処理を命じられたドイツ軍将校は、スウェーデン大使の仲介でレジスタンスとの休戦を受け入れる。

「ヒトラーは狂ってる」の言葉に、ドイツ軍人だからといって、ナチシンパとは限らないとつくづく。
「パリを爆破したところで、戦争に勝てるわけではない」と、二千年の歴史をもつ都市を破壊すべきか悩み続けるドイツ将校に同情さえ覚えた。

しかし休戦をドイツ軍叩きの好機と捉えたレジスタンスは連合軍に仲間を派遣し、パリ進軍を訴え。
しかし、一歩間違えば守りたいはずのパリを、火の海にしかねないことでもある。そこが戦争の難しさ。

オールキャストだが、パットンを演じるカーク・ダグラスが印象に残った。シャンパンでレジスタンスをもてなすところに、アメリカの余裕を演出。この時代の戦争映画は軍人が紳士的。

群像劇というスケールの大きさを感じられ、ところどころ当時の映像も交えて、見ごたえあり。

ラスト、投降したドイツ将校の部屋に、電話口から「パリは燃えているか?」の声が虚しくこだまする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
REX

3.0戦車のアクションシーンに萌える映画

のちさん
2018年1月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

萌える

戦車対人、戦車対戦車の場面は興奮します。
全体的に緊張感があります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
のち
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「パリは燃えているか」以外にこんな作品をCheck-inしています。