ドラキュラ(1992)

劇場公開日

3%
43%
45%
4%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1897年に発表された恐怖小説の古典『吸血鬼ドラキュラ』を、原作のイメージに忠実なスタイルで描く。監督・製作は「ゴッドファーザーPARTII」のフランシス・フォード・コッポラ、製作はフレッド・フックスとチャールズ・B・マルヴェヒル、エグゼクティヴ・プロデューサーは「愛は霧のかなたに」の監督マイケル・アプテッドとロバート・オコナー、脚本は「フック」のジェームズ・V・ハート、撮影は「マンボ・キングス わが心のマリア」のミハエル・バルハウス、音楽は「コルチャック先生」のヴォイチェフ・キラールが担当。

1992年製作/128分/アメリカ
原題:Bram Stoker's Dracula
配給:コロンビア トライスター映画

ストーリー

15世紀中頃、ワラキアの王ヴラド・ドラキュラ公(ゲイリー・オールドマン)は、トルコ軍との戦いで奇跡的な勝利をおさめるが、最愛の王妃エリザベータ(ウィノナ・ライダー)は、王の戦死の誤報を聞き、城砦から身を投げた。ヴラドは怒り狂い、神への永世の復讐を誓った。1897年、英国人の青年弁護士ジョナサン・ハーカー(キアヌ・リーヴス)は、トランシルヴァニア地方にある城へやって来る。彼の前任者の同僚レンフィールド(トム・ウェイツ)は、この城で発狂してしまった。城で彼を待っていたのは、ドラキュラ伯爵(ゲイリー・オールドマン)という老人だった。ハーカーが彼を不審に思った時には既に遅く、監禁され、3人のドラキュラの花嫁たちに血を吸われるが、決死の逃亡を図り修道院に保護される。ロンドンでは、ハーカーの婚約者ミナ(ウィノナ・ライダー_二役)が、夢遊病を患う親友のルーシー(サディ・フロスト)の看護をしていたが、街中で不思議な男に出会い、心を惹かれる。その男こそ、エリザベータと生き写しのミナを我がものにしようとするドラキュラ伯爵であった。ハーカーの無事がわかり、結婚のためヨーロッパに旅立つミナは、ドラキュラに別れの手紙を書く。絶望した彼は、衰弱したルーシーの命を奪う。奇怪な影に怯え続けていたルーシーを調べていたヘルシング教授(アンソニー・ホプキンス)は、吸血鬼と化したルーシーを退治し、吸血鬼狩りを決行した。ロンドンに帰ったハーカーは、若返ったドラキュラを見て衝撃を受け、教授とともにドラキュラの眠る柩の探索を行う。緑のもやとなり、ミナのベッドに入り込んだドラキュラは、自分の血を飲ませようとするがためらう。彼の愛の深さを知ったミナは、自ら血を飲んでしまう。ドラキュラを倒そうとする吸血鬼狩り一行は、ミナを連れ、城へ逃げ帰ったドラキュラを追跡する。夜になり、城内で一行とドラキュラは戦い、深手を負ったドラキュラは屋敷に逃げこみ、ミナが後を追った。苦しむドラキュラの胸にミナが杭を打ちこむと、息絶えたドラキュラの顔が平穏な表情に変わっていった。そしてミナは、ドラキュラの首を切り落とすのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第65回 アカデミー賞(1993年)

受賞

衣装デザイン賞 石岡瑛子
音響効果編集賞  
メイクアップ賞  

ノミネート

美術賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ROOM237
  • ヘンリー
  • スペイン一家監禁事件
  • カルト
  • オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主
  • バレット・バレエ
  • 映画「怪談新耳袋 殴り込み!」【TBSオンデマンド】
  • 吸血鬼ゴケミドロ
  • ザ・ボーイ ~人形少年の館~
  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.4 《異界へ誘う、呪縛トンネル / 生霊が嘆く墓》
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

4.0ゲイリー・オールドマンと特殊メイクの親密性をうかがえる快作

2018年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

カメレオン俳優として知られるゲイリー・オールドマンだが、同様の誉れ高いダニエル・デイ・ルイスなどに比べると決定的な違いがある。それはゲイリーの場合、自分一人の力だけで完結する役づくりに終始しないという点だ。とりわけ本作は自らの俳優としてのオーラに拘束具でもはめ込むかのように、特殊メイクを施して七変化を魅せる。そのクオリティが凄い。そこにはもはや、本家ドラキュラをも凌駕する、恐ろしい「化け物ゲイリー」が解き放たれ、阿鼻叫喚の絵図を巻き起こす。結果、ハーカー役のキアヌ・リーヴスも、ヴァン・ヘルシング役のアンソニー・ホプキンスも、重要役なのにゲイリーに比べるとスケールがまるで違い、小さく見えてしまう始末。いやいや、それでも公開から25年を経て改めて鑑賞しても全く色褪せないのはさすがだ。特殊メイクもコスチュームデザインも映像技術も研ぎ澄まされ、ゲイリーの魅力が存分に味わえる快作に仕上がっている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信

3.0Blood...  これぞゴシック

アキ爺さん
2020年4月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 5 件)
共感した! (共感した人 5 件)
アキ爺

4.5【フランシス・フォード・コッポラ監督がゴシック・ホラーとして真っ当に勝負した作品】

NOBUさん
2019年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 当時のパンフレットを読み返して、記憶が蘇ってくるが、キャスティングが豪華すぎる。

 ・ドラキュラ伯爵をゲイリー・オールドマン
 ・ヒロイン、ミナをウィノナ・ライダー(当たり前だが、実に美しい)
 ・バンパイア・ハンター ドラキュラ伯爵の宿敵ヘルシング教授にアンソニー・ホプキンス
 ・ミナの婚約者で弁護士をキアヌ・リーブス (今作から、ウィノナ・ライダーとは仲良しに・・・、うーん。)

 とういう面々・・。いやはや。当時でも一流俳優だった彼らが今でも第一線で活躍している(ウィノナさんは色々ありましたが・・)という事実も感慨深い。

<1992年12月27日 劇場にて当時の意中の女性と鑑賞し、内容が怖すぎて不興を買った記憶がある作品。(すいません・・)>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

3.5本物の吸血鬼

taquicoさん
2018年8月17日
iPhoneアプリから投稿

萌える

原作に忠実なだけあって、最近のロマンスメインの吸血鬼映画よりもずっと味わい深い。彼が完全に化け物であることを知っている男、そのフィアンセでドラキュラに惹かれていく女、変人と呼ばれても吸血鬼を追い続けるヴァンヘルシング博士、そして自らの呪いに苦悩するドラキュラ。
怪奇映画としての要素とロマンスとしての要素がきれいにマッチしている。名優ばかり出ているので、演技は言わずもがな。ヴァンパイア好きは観ておくといいと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
taquico
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ドラキュラ(1992)」以外にこんな作品をCheck-inしています。