ドライビング・MISS・デイジー

劇場公開日

25%
57%
14%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

白人の老婦人と黒人の運転手の心の交流と友情を25年の時の流れの中で描くドラマ。エグゼクュティヴ・プロデューサーはデイヴィッド・ブラウン、製作はリチャード・D・ザナックとリリ・フィニ・ザナック、監督は「ロンリー・ハート」のブルース・ベレスフォード、脚本・原作戯曲はアルフレッド・ウーリー、撮影はピーター・ジェームズ、音楽はハンス・ジマーが担当。出演はジェシカ・タンディ、モーガン・フリーマンほか。89年アカデミー賞作品、脚色、主演女優(ジェシカ・タンディ)、メーキャップ賞受賞。

1989年製作/99分/G/アメリカ
原題:Driving Miss Daisy
配給:東宝東和

ストーリー

48年、夏。長年勤めた教職を退いた未亡人のデイジー(ジェシカ・タンディ)は、ある日運転中に危うく事故を起こしかけ、母の身を案じた息子のブーリー(ダン・エイクロイド)は、彼女の専用の運転手としてホーク(モーガン・フリーマン)という初老の黒人を雇う。しかし典型的なユダヤ人で、元教師のデイジーには、運転手なんて金持ちぶっているようで気性が許さなかった。どうしても乗車拒否を続けるデイジーは、黙々と職務に励む飄々としたホークの姿に根負けし、悪態をつきながらも車に乗ることになる。こうして始まったデイジーとホークの奇妙で不思議な関係は、1台の車の中で、やがて何物にも代えがたい友情の絆を生み出してゆく。そして25年の歳月の流れの中で、初めてホークはニュージャージー州外を旅し、またデイジーはキング牧師の晩餐会に出席したりした。いつしか頭がボケ始めたデイジーは施設で暮らすようになり、長年住み馴れた家も売ることになった。しかしデイジーとホークの友情は、変わることなく続くのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第62回 アカデミー賞(1990年)

受賞

作品賞  
主演女優賞 ジェシカ・タンディ
脚色賞 アルフレッド・ウーリー
メイクアップ賞  

ノミネート

主演男優賞 モーガン・フリーマン
助演男優賞 ダン・エイクロイド
編集賞 マーク・ワーナー
衣装デザイン賞 エリザベス・マクブライド
美術賞  

第47回 ゴールデングローブ賞(1990年)

受賞

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) モーガン・フリーマン
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) ジェシカ・タンディ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Everett Collection/アフロ

映画レビュー

4.0【旧癖的な思想のアメリカ社会で生きて来た老婦人が出会った、文盲の温かき心を持つ黒人運転手から学んだ事。何よりも、笑顔を絶やさない運転手ホークを演じた、モーガン・フリーマンの姿が印象的な作品である。】

NOBUさん
2022年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、VOD

悲しい

知的

幸せ

■1948年、アトランタ。
 元教師で未亡人の気品高きデイジー(ジェシカ・タンディ)は、運転中に事故を起こしかけたことがきっかけで、息子プーリー(ダン・エイクロイド)の雇った黒人・ホーク(モーガン・フリーマン)の運転する車を利用することに。
 だが自分で車を運転したいデイジーはホークに悪態をついてばかり。
 だが、ホークは何時でも微笑みを浮かべつつ、我儘なデイジーに飄々とした態度で接しながら、職務に励んでいる。

◆感想

・黒人運転手と白人の時代的に意図なき人種差別をする老婦人が、お互いの壁を徐々に取り払いつつ、且つ相手を尊崇しながら接し、心を通わせていく姿が、心地よい作品。

・デイジーに対し、”ストレンジ・フルーツ”の話を始めるも、”この人は、そういう事は知らずに育ったのだ・・”と察し、話を止めるホークの姿。

・ジェシカ・タンディ演じるデイジーが、認知症を患い施設に入居するも、具合が良い時には息子プーリーよりもホークと話したがる姿。

<資料を読むと、今作を“綺麗ごと”と切り捨てる論調のコメントもあるが、私は年代的に人種差別を当たり前の事として育った”ユダヤ系”のデイジーの姿を否定する気にはなれないのである。
 何よりも、笑顔を絶やさないホークを演じた、モーガン・フリーマンの姿が印象的な作品である。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

4.5名優が演じるとこんなに素晴らしいエンディングが迎えられるのか? と...

2022年6月13日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

幸せ

萌える

名優が演じるとこんなに素晴らしいエンディングが迎えられるのか?
と思えるぐらい自然な演技で、そしてふけ方も3人3様それなりのふさわしいふけ方をしてた。
ラストの施設の場面はぐっと引き寄せられたし、なんか二人の関係がうれしかった。
息子のブーリーもホークから持ちかけられた賃金交渉の場面では差別のしない良い奴というのが伝わってきた。
逆にブーリーがあざとく感じたぐらいだ。

それにしても車といい、家といいローンのようだがあの時代に買える黒人てすごくないのだろうか?
差別があふれていた時代と想像したらローンを組めたのも不思議だ。

それと今でこそ多くの人がなっている認知症、この時代にすでに当たり前のように存在していたのにはびっくりだ。

いずれにしても「いつかもう一度見る映画」に入れておこう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Elton Shin

3.0タイトルなし

ケイさん
2020年11月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ケイ

5.0理想と現実のギャップ

N Hideさん
2020年9月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波

泣ける

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
N Hide
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る