ドライビング・MISS・デイジーのレビュー・感想・評価

ドライビング・MISS・デイジー

劇場公開日 1990年5月12日
14件を表示 映画レビューを書く

淡々として傑作

未だに面白さが解析できないけど
心に響く
これぞ映画

2018年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

時間を忘れて没頭

公民権運動の前のアメリカが舞台。
人種差別問題もテーマのひとつだが説教臭さが無くてよい。
老けかたが自然ですごい。
基本、平凡な日常を描いてるだけだがじ~んとくる。

肉ネ~ム
肉ネ~ムさん / 2018年10月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんかノリが合わない

なんか最後までツボを抑えられなかった。

宮西瀬名
宮西瀬名さん / 2018年9月30日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

老いていくということ

そういえば見たようで見てなかった作品。
最初は心を開かなかった老女が、運転手の優しい心に接していくうちに。
少しずつ心を開いていく過程を、有色人種差別等歴史の過程をさりげなく織り込んでいく所が、いいんじゃないでしょうか。
老女は否定してたけど、お金持ち未亡人あるあるな「つっけんどん」とした態度。嫌味っぽくてナイスです。

雪と停電で一人きりのところに運転手がやってきたときにの老女のセリフ。「you are・・・」。「あなたは友達」。いい訳です。

オスカー主演女優賞・作品賞・脚色賞・メーキャップ賞。25年の過程をメイクで現していくのが素晴らしいです。

fukui42
fukui42さん / 2018年3月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実は深い映画

一見、老婦人と初老の黒人運転手との心の交流をハートウォーミングに描いた作品のように感じるかもしれないが、実は人種差別が背景に描かれています。1回観たときは暖かい気持ちになりましたが2回観たときは深く心に突き刺さるものがありました。この映画最後まで重たい雰囲気にさせず、観る側を常に暖かい気持ちにさせながらも上手く人種差別の問題を描いています。すごいいい映画ですのでおすすめです。

LalaLa
LalaLaさん / 2017年5月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

静かな感動

大きな事件などは起きず、静かに時間が流れていく。台詞も多くない。それなのに、染み渡るような感動で温かな気持ちになった。2人は言葉だけでなく、心で通じあっていく。ラスト、「友達」である2人の姿が印象的。
さりげなく、人種差別について触れていることにも注目したい。

Megumi
Megumiさん / 2017年3月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後に胸打たれる

どういう映画かわからずに視聴。最後の10分でこの映画の良さに気づきました。
時代設定としては1950年くらいですね。
最後、デイジーの息子への軽口は最高に笑えた。息子の返しもまたいい。デイジーとホークのやり取り素敵です。いい顔してました。

ゆた147
ゆた147さん / 2017年2月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

堅い友情が結ばれていく過程

ホークのウッヒョッヒョみたいな笑い声と、Missデイジーの「お黙り!(don't talk to me!/Hush up!)」が好きです。

ユダヤ系で学識良識分別のあるMissデイジーすら、無意識に黒人差別の風潮がある時代。とはいえ、Missデイジーは使用人だからと言って無駄に荒く使うこともなく自由も与えていて、字を教えたりピンチでは庇ったりと、黒人のホークに1人の人として接しています。息子の嫁とは偉い違い。ホークもそんなMissデイジーの良さを理解し、誠心誠意仕えています。

シャンとして人に頼る事を嫌いしっかりしているだけに、ちょっと素直じゃなくて頑固なMissデイジーにみんなが手を焼く中、諦めずに話しかけて会話の糸口を探し、役に立とうとするホーク。Missデイジーからはしばしばキツめな発言も飛び出しますが、冗談と受け止めて軽口を叩いて返すホークの大きな器が好きです。
Missデイジーはホークを信用し、歳を重ね、長く仕えるホークを息子よりも頼るようになり、最後は25年来の友人となる。2人とも、うわべで付き合わないからうまくいったんですね。

月日を経て心情も老いもどんどん変化していくMissデイジーに対して、ほぼなにも変わらないホークが安心感を与えています。

最高の人生の見つけ方にも通じる、モーガンフリーマンの悟っているような温かみはこの頃からなんですね。

Maple Mamma
Maple Mammaさん / 2015年9月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生のドライブ

頑固な老婦人とお抱え黒人運転手の交流を描き、1989年度のアカデミー賞で作品賞に輝いたヒューマン・ストーリー。
数あるアカデミー作品賞受賞作の中でも非常に好きな一作。
この作風が好きなのだ。

まるで松竹の名作映画を見ているよう。
本当に大きな出来事は何も起こらない。
いや、一応些細な出来事は起こるのだが、日常の一コマの積み重ね。
そんな淡々とした語り口の中で描かれる二人の交流がじんわりと心に染み入る。

頑固なミス・デイジーと陽気なホーク。
最初は悪態ばかりついていたミス・デイジーも、ホークの実直な献身ぶりに徐々に心を開き、主従関係や人種を超え、大切な友となっていく。
加えて、二人のやり取りも軽妙でユーモラス。
言うまでもなく、名優二人の名演が素晴らしいのだ。

頑固で辛口だけど気品が漂うジェシカ・タンディの名演は、アカデミー主演女優は納得…どころか、当然。
舞台でも同役を演じていたモーガン・フリーマンにとってはハマり役。近年の渋い重厚演技とは違う陽気な役柄は今見ると新鮮かも。
ミス・デイジーの親思いの息子役ダン・エイクロイドも好助演。

舞台は1950年代の南部。主人公二人はユダヤ人と黒人。
劇中の警官の台詞でも皮肉られるように、人種問題もさりげなく織り込む。

25年という月日が過ぎていく。
確実にやってくる老いや死。

ボケてもなお覚え、寄り添ってくれる存在。
二人の25年の人生のドライブはかけがえのないものであった。

近大
近大さん / 2015年3月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

静かに

進む人生。性別も人種も関係なく永遠の友達が持てた彼女は幸せだ。痴呆が始まった頃、部屋で二人が手を握るシーン。素敵なシーンです。最近のMフリーマンには見られない演技も必見です。しかしおばあちゃん達が麻雀をやってるのにはビックリ。この時代のなんか不思議な光景。

がい
がいさん / 2014年10月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

言葉ではなく、心のやり取り

私はこういう作品が大好きです。
というより、この手の作品がやっと理解できる年齢になったと言った方が良いのかも知れない。

最近の作品で似たような話だと、親子の心の交流を描いた『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』や決して交わることのない階級社会の二人の交流を描いたフランス映画『最強のふたり』、人種差別を描いた『ヘルプ 心がつなぐストーリー』や『それでも夜は明ける』、古くは『明日に向かって撃て!』なんかも自分の中では同じ括りで、どの作品もとても印象に残っているものばかりです。
友情、信頼、絆、理解と尊重、このあたりがテーマであり、自己犠牲がないというのもポイントだ。
自分を大切にしてこそ他人を大切に出来ると思うからだ。

本作の公開当時26歳だった私は、年寄り二人のストーリーに全く興味を示すこともなく、このオスカー作品を今日までスルーしてしまうというなんとも映画ファンとして恥ずかしいことをしてしまった次第である。

しかし又、今このタイミングで出会うからこその感動があるのも確かで、この魅力的な主演二人の心のやり取りがなんとも心地好く私の心に染み込んでくるのだ。

どうにか劇場で観れないものかと思う。
「午前10時の映画祭」あたりで上映されないものだろうか…。
そしたら必ず観に行くのだが…。

ふと見逃していたこういった作品に出会えて、自分というものを見直すきっかけになったり、観る前より少しだけ心が豊かになった気がしたりするのはとても幸せなことだ。

一本の映画を観る。そして観る前とはちょっぴり違った自分になれる。
これも映画鑑賞の楽しみのひとつです。

本作は観た人の心を優しく出来る一本です。

harukita
harukitaさん / 2014年7月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

痴呆

自立した老人生活をおくりたい女性と、一人暮らしを心配な息子、嫁姑、死、痴呆、いつの時代にも通じる話で、また見たいと思える日がくると思います。

chami
chamiさん / 2014年5月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何もない日常の積み重ねの大切さ

総合:75点
ストーリー: 75
キャスト: 75
演出: 70
ビジュアル: 65
音楽: 65

 本当にほとんど何も起こらない。淡々と日常が過ぎていき、いつのまにか年を重ねる。映画の中ではあっという間に25年も経過してしまう。そしていつしかお互いにその存在が当たり前のように大切になっていた。そのような何気ない日常を長く積み重ねていくからこそ育つ心の触れ合いが、年齢を重ねた人々にとっていかに大切かをうまく描いている作品である。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

人種を越えた友情

 もともとはブロードウェイの戯曲であった作品を映画でリメイクした作品である。あるアメリカのコミックで黒人の子供がこんなことを言っていた。「白人は”白人に仕える黒人の物語”が大好物だ。だからドライビング Miss デイジーはアカデミー賞を取れたんだ」と。まあ実際そうではある。舞台は1948年の人種差別が根強い時代から始まる。だからミス・デイジーがホークを差別しているかというとそういうわけではない。ホークもまた、白人のミス・デイジーをただの主人ととらえず、割と普通に文句を言う。人種とか云々の話ではなく、彼らは純粋な友人なのである。
 とまあ、ここまで堅い話をしてきたが物語そのものは二人の友情の話がメインである。その二人の25年間を面白おかしくありながらも淡々と描いている。もちろん二人の人種間の葛藤にも触れられているが、この映画が最も伝えたいのはあくまで「友情に人種は関係ない」ということだ。だからこそ登場人物も少なく、小規模な空間の中で物語は展開していく。だが時間の流れの表現は非常に凝っていて、ホークが運転する車も時代が変わるにつれて随時に変わっていく。でも、2人の友情は変わらない。最後のシーンは見ている者の涙を確実に誘うはずだ。
(11年5月14日)

キューブ
キューブさん / 2012年4月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

14件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報