独裁者

ALLTIME BEST

劇場公開日:

独裁者

解説

チャーリー・チャップリン初のトーキー作品で最高傑作とも言われる風刺コメディ。

第1次大戦末期、トメニア国の兵士として戦線に出ていたユダヤ人の床屋チャーリーは、戦傷によりすべての記憶を失ってしまう。戦後、トメニアは独裁者ヒンケルが支配する国となりユダヤ人迫害を開始。そんな中、激変した状況を知らない床屋のチャーリーが退院し、ゲットーに帰ってくる。

チャップリンが、製作・監督・脚本・主演(2役)を務め、痛烈にヒトラーの独裁政治を批判した。邦題は「チャップリンの独裁者」でも知られる。

1940年製作/125分/G/アメリカ
原題:The Great Dictator
配給:KADOKAWA
劇場公開日:2022年11月3日

その他の公開日:1960年(日本初公開)

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)Roy Export SAS

映画レビュー

4.0A history lesson

2020年7月27日
PCから投稿

知的

Chaplin's first talky picture is naturally awkward. Watching it today with the perspective that it was made before the US entered the war against Germany, one could imagine that many viewers hadn't known who the Nazis' Hitler was until they saw him parodied in this comedy. Much of the film feels familiar due to later films. Even as it feels inferior, you can't forget that this was the first.

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Dan Knighton

4.0福岡中洲大洋映画劇場 お別れ鑑賞3月39日(金)4分の1

2024年3月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

『独裁者』1940年 125分 モノクロ
10:10〜12:20 (301席:満席)

プリンのお皿を振り分けるシーンが個人的にツボだった。
多分10歳頃にNHKで観た以来の数十年ぶりの鑑賞で覚えているシーンは少しだったが、地球儀バルーンは印象的。妥協しないチャップリンが《平和、共存、富の分配、助け合い、愛情、人種平等》を訴えたのが2024年に再鑑賞して改めて分かった気がした。時空(時代)を超えても原点は変わらず。アインシュタインに会ったチャップリンと赤狩りのオッペンハイマー達が交差する。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ナイン・わんわん

5.0今更言うことなし

2024年3月21日
PCから投稿

所謂CC先生は前作モダンタイムスで終わり、この後はすべて問題作になります。
演説はもちろん、地球儀のダンス、ウィリアムテルの髭剃りなどパントマイムも天下一品ですね。

参考 命がけの製作とは、単にナチに狙われていただけでなく、封切り時点でまだ始まっていない大戦前夜において、アメリカ国内にも大勢いたファシズム礼賛者にも狙われていたらしいですね。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
越後屋

3.0アメリカの建て前

2024年3月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

レッドパージで国外退去
演説シーンが切ない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
多様性男女平等自由主義、5名作4良作3いい作品なので他は2以下です。
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る