大頭脳

劇場公開日

14%
65%
21%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「大進撃」のジェラール・ウーリー監督が、人気俳優ジャン=ポール・ベルモンドを主演に迎えたアドベンチャーコメディ。タクシー運転手のアナトールと相棒アルトゥールは、NATOの本部移転に伴い列車でパリからブリュッセルへ運ばれる1200万ドルの秘密軍事資金を強奪する計画を企てていた。しかし、世界的に名高い伝説の強盗ブレインもその資金を狙っており、マフィアのスキャナピエコに協力を要請して驚くべき作戦を練っていた。決行の日、2派の作戦はそれぞれが知らないまま奇跡的に交錯する。さらにスキャナピエコはブレインを裏切り、大金を巡る三つどもえの争奪戦が繰り広げられていく。共演は「007 カジノ・ロワイヤル」のデビッド・ニーブン、「荒野の七人」のイーライ・ウォラックほか。脚本はウーリー監督と、「大進撃」でもウーリー監督と組んだマルセル・ジュリアン、ウーリー監督の娘で後に監督として活躍するダニエル・トンプソンが共同で担当。1969年製作・公開。2020年には、ベルモンド主演作をリマスター版で上映する「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選」(20年10月30日~、東京・新宿武蔵野館ほか)で公開。

1969年製作/115分/G/フランス・イタリア合作
原題:Le cerveau
配給:エデン
日本初公開:1969年8月9日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ハロウィンⅡ
  • 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲
  • クラウン
  • CAGE ケージ
  • Mr.タスク
  • バニー・ザ・キラー
  • 道化死てるぜ!
  • アメリカン・バーガー
  • サウスバウンド
  • メキシコ・オブ・デス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

LE CERVEAU a film by Gerard Oury (C) 1969 Gaumont (France) / Dino de Laurentiis Cinematografica (Italy)

映画レビュー

こういうの大傑作なんて言っちゃダメ!

osmtさん
2021年7月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

う〜ん。もっと痛快な映画かと思っていた。
おそらく本作の数年前にヒットしていたイタリア映画の「黄金の七人」あたりに影響されて企画された気もするが、あの映画とは比較にならないほど、プロットがテキトーすぎた。
せっかく、デヴィッド・ニーブンも出演しているのだが「ピンク・パンサー」的すっとぼけナンセンスも全く物足りない。
おそらく企画ありきで走ってしまって、程度の低い観客さえ満足させて、収益が上がれば、それでOKといったところだったのだろう。
もう少し本気になって、あともうちょい一工夫さえあれば、役者は揃っていたのだから、本当に大傑作になっていた可能性もあった訳で、随分と勿体ないことをしたもんだ。
しかし、なんだかんだ最後まで観てしまうのは、結局はベルモンドやニーブンの魅力のせいだったのかもしれない。
こういう俳優たちは、最近は本当に見なくなってしまった。
おそるべし60年代のスター俳優たち。
久々に「リオの男」や「ピンク・パンサー」を観たくなってしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
osmt

3.5ベルモンドの痛快ドロボーコメディ

2020年11月15日
iPhoneアプリから投稿

ベルモンドの軽やかで明るくとぼけたキャラが、なんとも愉快なドタバタコメディです。NATOの資金を輸送列車から強奪すると言うガチな犯罪ドラマみたいだけど、謎の怪盗セルヴォとお互いの存在に気づかないまま、すれ違いで計画が進行するのが笑えます。途中、やや中だるみな所もあるけど、あちこちにマンガ的なギャグを散りばめながら、見事な幕切れまで気分良く楽しめます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
シネマディクト

3.5映画は時代とともにあるもの、見るもの

2020年11月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 50代半ばの自分は初代ルパンをちょっと大人びた感覚で見てたから、その先輩であるベルモンドは「先輩の先輩」。過去にも何本か見てたが、あと六で耳にして見に行った大頭脳は評価にたがわず明るく面白い傑作だった。最近昔の傑作を見ると思うのは、その影響で作られたいくつものオマージュ作品をすでに見ている我々には初見の喜びが薄れてしまっていること。最近の映画も含め、やはり映画は公開の時期にその時代の雰囲気をまとった映画館で生で体験するのがベストなんだな、ということを考えました。(もちろん後から過去を振り返って浸る喜びもあるんだけどね)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
またぞう

5.0楽しすぎる!

victorさん
2020年11月3日
iPhoneアプリから投稿

ジャン=ポール・ベルモンドといえば勝手にしやがれ
くらいしか知らなかった自分をブン殴りたいー!

こんなセクシーでキュートでドリフなおじ様だったとは知りませんでした!!!

今に比べたらアクションは迫力ないと思うかもねーなんて軽い気持ちで観たらとんでもない…!生身すぎて逆に怖いぞ!!!

出演者のファッションやセリフがオシャレだし、何よりベルモンドのカッコよさ!
全作品観たくなりました!

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
victor
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る