大砂塵

劇場公開日

11%
38%
39%
6%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「突然の恐怖」のジョーン・クローフォードが主演する1954年作色彩(トルカラー)西部劇。ロイ・チャンスラーの小説を「魔術の恋」のフィリップ・ヨーダンが脚色し、新人ニコラス・レイが監督した。撮影は「女性よ永遠に」のハリー・ストラドリング、音楽は「テキサス街道」のヴィクター・ヤングである。共演者は「アスファルト・ジャングル」のスターリング・ヘイドン、マーセデス・マッケインブリッジ(“All the King's Menでアカデミー助演賞受賞)、「夜歩く男」のスコット・ブラディ、「素晴らしき哉、人生!」のワード・ボンド、ベン・クーパーなどである。

1954年製作/アメリカ
原題:Johnny Guitar
配給:リパブリック日本支社=NCC

ストーリー

鉄道敷設が進行していた1890年代の西部。かつてはやくざだったが、思うところあって足をあらい、ギターを弾いて生計を立てる男ジョニー・ギター(スターリング・ヘイドン)が、アリゾナの山奥のある賭博場へやって来た。店の女主人ヴィエンナ(ジョーン・クローフォード)は金銭に執着する意志的な女性。ジョニーが着いた夜、昼間起こった駅馬車襲撃の容疑者キッド逮捕に協力せよと、殺された男の娘エマや保安官たちが来た。しかしヴィエンナはこれを拒絶し、折から現れたキッドとジョニーのギターで踊りはじめた。憤慨した保安官は3人に24時間以内に退去を命じた。翌日キッド一味は銀行を襲ったが、エマはこの事件にヴィエンナとジョニーも関係しているといいふらした。その夜、エマは自警団を組織してヴィエンナを追い、保安官以下双方に死者が出た。自警団はヴィエンナの店に火をつけ、ヴィエンナは危いところをジョニーに救われてキッド一味の隠れ家に逃れた。そして追って来たエマとヴィエンナの一騎打は一瞬早くヴィエンナの勝となった。退去猶予の24時間がきれようとするころ、新生活を求めて谷を去るヴィエンナとジョニーの姿が見られた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.5テーマは好みのはずなのに、スカッとしない

2022年1月22日
PCから投稿

知的

物語は、今作成したとしても、超骨太。
制作年代を考慮に入れれば、女性中心の展開で、超時代の先取り。
家が燃え上がるシーンとか、エピソードとか、二人の女優の演技とか、見どころ満載。
なのに、鑑賞後感が良くない。
最初は、女性の活躍が新鮮で、目が釘付けになったのに。

女二人の対決。
 まったく根拠なくその場の印象だけで罪と罰が決まっていくところが恐ろしい。
 しかも、村人はその決定に賛同しかねるんだけれど、村の大地主の女性に煽られて言いなりになっていく……嫌々従うのではなくて、自分の利益とかを計算しながら、女の言いなり風にふるまうところが恐ろしくも、あざとい。
 法の行き届かない、この時代の地方ってこうなのか。
 そんな集団ヒステリーのプロセスが丁寧に描けていたら大傑作になるのだろうけれど、
 ヴィエンナの恋模様や、ギャングの仲間割れ等にもエピソードが割かれる。ギャングを入れることによって、無法状態を肯定してしまうことになってしまう。
 お子様ランチのように盛りだくさん。主題が拡散してしまった。惜しい。

しかも、設定の砂塵とか、山工事の爆発とかが今一つ活かせてないのも、口惜しい。

女二人の対決。
 自分を貫く女。そんな女に、女王の地位を奪われそうで、嫉妬する女。
 ウーマンリブが台頭する前に制作された映画。時代先取り。なのだけれど、やたらに女性が強すぎて、坊やをかばうところとか格好いいところもあるのだけれど、ついていけない。そんなに肩ひじ張らなくてもいいじゃないなんて感想が出るのは、それだけこの映画が製作された頃よりは女性が自分の力を発揮できるようになった社会に生きているからか。
 かつ、20代の小娘ではないのだから、ただ喚き散らすだけでなく、頭使いなさいよと、女王の座を巡る争いについても、男を巡る争いについても、目をそむけたくなり、映画としての面白みをそぐ。とはいえ、現実には30代以上の女性の争いも、こんなものか。リアルな姿を見せつけられるからげんなりするのか。

そして、
 この映画はこの頃ハリウッドに吹き荒れていた赤狩りを比喩しているとも聞く。
 それならそれで、”男”を主人公にするんじゃなくて、女のヒステリーに転嫁しているところがせこい!って思ってしまう。
 ヴィエンナの土地を奪おうとするのも、鉄道絡みの利権から発生しているはずなのに、いつの間にか、女性の私的な争いに村が巻き込まれていくことになるし。
 この映画でも、責任取るのは女。男は責任を女に押し付けて逃げる。
 そういう意味でも、人間性の本質を見事に描いたのだなと感嘆する。

マカロニウェスタンを期待したからいけなかったのかな?
初めから、社会派・人間ドラマとして観たらよかったのかな?

(2019東京国際映画祭にて屋外上映にて賞)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

5.0古典映画

2022年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

演劇で表現されていた芝居が映画になったような感じだけど、台詞の迫力は圧倒的。
愛と憎しみに翻弄される人間の苦しみ、悲しみ、喜び、を演じきっている。
感動した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひろたん

3.0

2020年3月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

思いのほか、ドラマだった。執拗なまでの憎しみは単なる恋敵を超えて、異常犯罪的でもある。それに翻弄される男たちは、嗚呼情けない。
有名な映画音楽はこういう映画だったのか。小林旭の渡り鳥シリーズは、これだね。
さらに驚きの色彩(トルカラー)、やけに色鮮やかと思ったけど、この時代、こういうのもあったんだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluetom2000

4.0めっちゃおもしろい

2019年9月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
吉泉知彦
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る