シリアル・ママ

劇場公開日

11%
46%
40%
0%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

社会に溢れる理不尽な輩に怒りの鉄槌を降り下ろし、殺人を繰り返す良き家庭の平凡な主婦の姿を通して、現代人の心の中に巣食うフラストレーションと怒りと殺人衝動を鋭くえぐる悪趣味なブラックユーモアに満ちたホーム・ドラマ。ドラマは実録形式で描かれ、アメリカにおける犯罪とメディアの関係、裁判や死刑問題に対する風刺も痛烈。監督・脚本は「ピンク・フラミンゴ」「クライ・ベイビー」などで知られるカルト映画作家ジョン・ウォーターズ。製作は「愛を殺さないで」のジョン・フィードラーとマーク・ターロフのコンビ。撮影は「裸の銃を持つ男」シリーズのロバート・スティーヴンス、音楽は「ロボコップ」「沈黙の要塞」のバジル・ポールドゥリス。美術のヴィンセント・ペラーニオ、衣装のヴァン・スミス、編集のジャニス・ハンプトンとエリカ・ハギンズと、ウォーターズ作品の常連スタッフが集結。主演は「白いドレスの女」「ローズ家の戦争」のキャスリーン・ターナー。共演は「キリング・フィールド」のサム・ウォーターストン、「クライ・ベイビー」のリッキー・レイク、監督とは10作目のコンビとなるミンク・ストールら。また「クライ・ベイビー」にも出演した元ポルノクイーンのトレイシー・ローズ、テロリストに誘拐された末に、その仲間となって銀行強盗を働いて有名になった新聞王の孫娘パトリシア・ハースト、そして自身の役で登場する全米TV界の人気女優スザンヌ・サマーズなど、異色キャストも話題に。

1994年製作/アメリカ
原題:Serial Mam
配給:松竹富士

ストーリー

ある閑静な住宅街。一見ごく普通の主婦ビヴァリー・サトフィン(キャスリーン・ターナー)は、歯科医の夫ユージーン(サム・ウォーターストン)、娘ミスティ(リッキー・レイク)、息子チップ(マシュー・リラード)に囲まれて幸せな生活を送っていた。朝、いつものように家族を送りだした後、彼女は近所のヒンクル夫人(ミンク・ストール)にイタズラ電話をかけ、猥褻な言葉を思い切り浴びせてストレスを発散させる。チップの高校のPTA面談に行くと、担任教師から息子のことを揶揄され、怒った彼女は車で教師をひき殺した。蚤の市の会場で、娘を振って別の女の子(トレイシー・ローズ)とデートしていたカールを見つけた彼女は、トイレで彼を火掻き棒で串刺しにする。教師殺害事件を捜査中の警察は、ビヴァリーを容疑者と断定。ビヴァリーは次に、夫を急患で呼び出したスタナー夫婦を殺害する。日曜日、教会に行った彼女を警官隊が取り囲むがビヴァリーは逃走し、チップがバイトするビデオショップに隠れた。そこで彼女はテープを巻き戻さない上にチップを殺人鬼の息子と言った老婦人の後をつけ、「アニー」を見ていた老婦人を殴り殺した。その現場をチップの友人スコットが目撃し、彼女は包丁を持って町中を追いかける。ライヴハウスに逃げ込んだ相手を、彼女は衆人監視の中で焼き殺した。その直後、彼女は逮捕される。ビヴァリーは、一躍注目の的になった。裁判が開始されると、彼女は弁護士を解雇して自分で弁護を始める。するとなぜか裁判は彼女に都合の良いように進み、ついに無実を勝ち取る。彼女をモデルにしたドラマの主演女優(スザンヌ・サマーズ)らに囲まれるビヴァリー。その時、トイレから女性陪審員(パトリシア・ハースト)の死体が発見された。秋なのに白い靴を履いてイライラさせられたビヴァリーの仕業だった。悲鳴が上がる中、彼女は不気味な表情を浮かべた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0ギリギリアウトやん

2021年11月26日
iPhoneアプリから投稿

実話って書くのはマナーとしてどうなの?嫌いじゃ無いけどねwww

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
大粒 まろん

5.0週刊実話(実話とは言っていない)

2021年8月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

4.0これが実話という衝撃。

2021年8月6日
iPhoneアプリから投稿

再々…見。
これが実話という衝撃。
これに当代一の変態監督と他に浮かばない程ハマる主演女優が据えられた映画的幸福。
表層の現象だけを描く程に露呈する社会の芯に潜むリアルな病根。
それでいてエンタメとしての手際の心地良さ。
また見る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

3.5コメディ映画としての出来が半端ない!

JYARIさん
2020年6月14日
iPhoneアプリから投稿

おもろかった〜
怒れるママの暴走だけで、映画になるもんなんだね

なんか女としては「わかるわかる」と彼女のイライラに共感しながら楽しめた。
頭の中で妄想することを、現実にしてくれた感じでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る