ザッツ・エンタテインメント

ALLTIME BEST

劇場公開日

13%
62%
25%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

トーキー黎明期の1929年に作られた「ホリウッド・レビュー」や「ブロードウェイ・メロディー」に始まって、1958年の「恋の手ほどき(1958)」に至るまで、その間に作られた75本のMGMミュージカル作品を中心に構成した作品。製作・監督・構成はジャック・ヘイリー・ジュニア、製作総指揮はダニエル・メルニック、音楽監督はヘンリー・マンシーニ、音楽監修はジェシー・ケイ、編集はバド・フリージェン、スペシャル・キャストはフレッド・アステア、ビング・クロスビー、ジーン・ケリー、ピーター・ローフォード、ライザ・ミネリ、ドナルド・オコンナー、デビー・レイノルズ、ミッキー・ルーニー、フランク・シナトラ、ジェームズ・スチュアート、エリザベス・テイラーなど。

1974年製作/アメリカ
原題:That's Entertainment
配給:松竹=富士映画

ストーリー

ハリウッドのMGMスタジオをバックに、フランク・シナトラが語りかける。1929年「ホリウッド・レビュー」が作られ、後年ジーン・ケリーによって大ヒットとなった「雨に唄えば」が、すでに、ここで歌われていた。そして、それが1932年の「キートンの歌劇王」の中でジミー・デュランテに唄われ、更に1940年の「リトル・ネリー・ケリー」でジュディ・ガーランドに引きつがれ、1952年の「雨に唄えば」の大ヒットにつながっていくのである。こうしてひとつの唄が時代と共に変化していく過程を見せ、シーンを構成していく。超豪華なセットで数千人のエキストラで埋めつくした大作「巨星ジーグフェルド」の圧巻シーン。そしてフレッド・アステアとエレノア・パウエルがコンビを組んで絶妙なタップを見せる「踊るニューヨーク」の一場面。シナトラにバトンタッチされて登場するのはエリザベス・テイラー。自らの若い頃の時代をふりかえりながら、ミュージカルの楽しさを語る。クラーク・ゲーブル。ゲーブルこそハリウッドが生んだ歴史的な大スターだろう。その彼のブロマイドを見ながらうっとりして唄うのは、今は亡き幼い頃のジュディ・ガーランドだ。ガーランドといえば彼女との共演が一番多かったミッキー・ルーニーが思い出される。二人のコンビ作「初恋合戦」「青春一座」「ブロードウェイ」などが次々にバラエティ風に写し出される。アメリカのミュージカルの中で忘れてならない最高のエンタティナーといえばフレッド・アステアだろう。「ダンシング・レディ」ではジョーン・クロフォードと、「バンド・ワゴン」ではシド・チャリースと、そして「恋愛準決勝」で踊りまくる抜群のテクニックにはしばしば時の経過を忘れる。デビー・レイノルズもこの頃デビューした。同じ頃全く別の意味で一世を風靡した特異なスターが誕生した。水着ショーを売りものにしたエスター・ウイリアムズがそれだ。アステアとならんで、もうひとりのエンタティナーといえばジーン・ケリーだろう。「雨に唄えば」の傘をさしながら踊るシーン、フランク・シナトラ、ジュールス・マンシンと組んだ「踊る大紐育」、マンガの主人公トム&ジェリーと踊る楽しい「錨を上げて」などなど。次にライザ・ミネリが登場し、母ジュディ・ガーランドのことを語る。ガーランドはアステアやケリーとならんでハリウッドに一大ミュージカル時代を築きあげた大女優だ。そのヒット作「オズの魔法使」にはじまり「ハーベー・ガールズ」「美人劇場」「サマー・ストック」など、彼女の見事な歌と踊りを次々に披露する。そして、今や世界のポピュラー界の大御所ビング・クロスビーが登場する。彼の初期のヒット作「虹の都へ」から、モナコの王妃となったグレース・ケリーとのラブ・シーンを見せる「上流社会」が写し出される。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0ミュージカルの至宝がここに!

2019年1月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

楽しい

幸せ

 「ザッツ・エンタテインメント」シリーズ第1作。

 MGM創立50周年記念作品。

 DVDで鑑賞。

 MGMが誇るミュージカル映画の名場面を紡いだアンソロジー作品。

 昔のミュージカル映画は「マイ・フェア・レディ」(ワーナー・ブラザース)ぐらいしか観たことが無く、MGM製作のそれを全く観たことが無かった私にとって、本作は最良の入門編となったと同時に、ハリウッド華やかなりし頃につくられた映画の魅力を教えてくれるのに充分なものでした。

 フレッド・アステアやジーン・ケリーなど、名だたる俳優陣が繰り広げるパフォーマンスのすごさに目を見張りました。特にアステアのタップダンスは、右に出る者がいないのではないかと思えるほどの素晴らしさでした! 何よりも抜群にカッコいい! これを今まで観たことがなかったなんて、大分人生損したなと思いました(笑)
 俳優陣のパフォーマンスを際立たせる豪華絢爛なセットと演出も、何かと言えばCGを多用する今となっては本物から出る迫力とスケールの大きさに圧倒される想いでした。華麗過ぎる水中ショーなど、当時の観客が映画に何を求めていて、なおかつ映画が果たしていた役割とは何だったのかということまで知ることができたような気がしました。

 MGMが製作して来たミュージカル映画の歴史を時系列順に追い掛けて行くと共に、往年のスター俳優たちが名シーンやパフォーマンスの解説を行ってくれるという贅沢さ…。スター同士の友情とミュージカルへの愛の深さを感じました。
 しかし、彼らが語るその背景には荒れ果てた野外セットなどが映し出され、栄光遥か彼方…な感傷に浸ってしまいました。本作が製作された頃のMGMにはそれまでのような勢いは無く、栄枯盛衰の感があって少し悲しくなりました。それを眺めるスターたちの胸中や如何ばかりか…。ハリウッドの歴史でもあるのだなと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しゅうへい(syu32)

5.0レンタルではなく手元に置いていたくなる映画

あき240さん
2019年1月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ミュージカル映画と言えばMGM
本作は今風に言えばそのショーケース
黎明期から全盛期に至る名作、名曲、至高の芸、超絶的なダンスと振り付け、驚くばかりの大掛かりな美術、凄まじいまでの高いレベルの演出、色彩コントロール、照明、衣装などなど
ありとあらゆる最高峰のミュージカル映画とは何かを今に伝えてくれます
これ程のものは現代ではもはや作ることができないのではないでしょうか?

ミュージカル映画好きで名作と呼ばれる作品の数々は結構観たつもりでも、ほんの上っ面を撫でていただけと思い知らされました
是非手元に置いて、本作を頼りにもっともっとMGMのミュージカル映画を観たい!
そう思わせる映画です

本作を観ればミュージカル映画をあまりご覧になっていない方でも沢山、あれ?なんでだろう?
このシーン、この歌、知ってる!となること請け合いです

様々な映画、アニメ、舞台などで、大昔から引用され、オマージュされてきたからです
もちろんディズニーランドでのパフォーマンスもそれのひとつでしょう

ショービジネスのリファレンス、マスターピース
元ネタの宝庫そのものです

本作を観てミュージカル映画が好きになったら、貴方の人生は絶対に豊かで楽しい時間を持つ事ができるはずです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.5オシャレ

さん
2016年8月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ミュージカル大好き。
古き良き時代のミュージカルがたくさん観れると聞いて見てみました。
いや〜、素晴らしい!こんなにミュージカル映画って昔からたくさんあるんですね。
観てみたいものがたくさんでした。
どれも洒落たものばかりで、観てるだけで何かすごくお洒落な気分になれました(笑)
ただ、ミュージカルはやはりストーリーあってのものなので、これをもう一度見返すことは滅多にないかなって感じです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
李

4.0いっしょに歌って!踊りたくなる(歌も踊りもダメですが) 全部観たいよ〜

伝馬町さん
2015年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

いっしょに歌って!踊りたくなる(歌も踊りもダメですが)
全部観たいよ〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
伝馬町
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ザッツ・エンタテインメント」シリーズ関連作品