心の旅路

劇場公開日

57%
35%
4%
0%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「失はれた地平線」「チップスさん左様なら」のジェームズ・ヒルトン作の小説の映画化で主役は「キューリー夫人」のグリア・ガースンと「消え行く灯」のロナルド・コールマンが勤める。「大地」のクローディン・ウェストが、ジョージ・フローシェル、「紅はこべ」のアーサー・ウインベリスと協力して脚本を書き「キューリー夫人」と同じくマーヴィン・ルロイ監督、シドニー・A・フランクリン製作、ジョゼフ・ルッテンバーグ撮影のスタッフによってものにされた。助演は新人フィリップ・ドーン及びスーザン・トラヴァース、レジナルド・オーウェン、ライス・オコナーその他で、ピータースを除けば全部英国俳優のキャストである。

1942年製作/アメリカ
原題:Random Harvest

ストーリー

1918年、中部英国メイブリッジの病院に記憶を失った病兵スミス がいた。11月11日休戦の日、スミスはメイブリッジの町に迷い出て、旅まわりのショーの踊り子ポーラと相知る。ポーラはスミスの病気を治してやるために、ショーをやめて、デヴォンの田舎に落ち着く。スミスは記憶こそ回復しないが、健康を取りもどしたので、今は相愛のポーラと結婚し、一子をもうける。ある日スミスは寄稿している新聞社の呼び出しでリヴァプールへ行くが、雨の街路に滑って頭を打つ。そのために彼の記憶はこつ然とよみがえったがフランス戦線以来現在までの3年間の記憶を失った。彼は不審に思いつつも、自分すなわちチャールズ・レイナーの家、サレイのランドム・ホールへ帰る。ちょうど父の葬儀のあった晩で、翌日父の遺言状が開封され、チャールズはランドム・ホールの主人となる。やがて兄に代わってレイナー商会主となり、実業界に雄飛する。この間にポーラは子供を失い、スミスがレイナーであることを知り、女秘書となって仕える。レイナーは秘書マーガレットがポーラであり、自分の妻であることが思い出せない。スミスとポーラの愛の家の鍵をレイナーが常時持っているのでポーラは希望をつなぐ。レイナーは国会議員となり、マーガレットに名だけの妻になってくれと頼む。記憶の回復を待つ彼女はそれも承知する。しかし、ついに絶望かと観念した彼女は別居を申し出て、南米へ赴くこととなり、路すがらデヴォンの愛の家を訪れる。その時レイナーはブリッジへ所用で行き、そこで記憶を少しずつ回復し、かの田舎の愛の家へとたどり着く。例の鍵はその鍵であった。そしてそこにポーラが立っていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0耐えて忍んで貫く女性の愛の軌跡を丁寧に描いた古典メロドラマの秀作

Gustavさん
2021年9月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 6 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Gustav

4.5最近観た昔の傑作映画

2021年6月28日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
ジョニーデブ

3.0長い長い心の旅路の果てのラストに、涙

2021年3月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD

「哀愁」に引き続いて、
マーヴィン・ルロイ監督作品として再鑑賞。

今回は、彼女が彼の秘書として登場する驚き
が無い分だけ冷静に観れた気がした。

この映画の最大の欠点は導入部だ。
元々彼が持っていた魅力と言わんばかりで、
何故、彼女は彼を見そめたのか、
また、彼女が彼を安全な地に導くため
とはいえ、
いとも簡単にメインキャストとも思える
踊り子としての仕事を放棄出来たのか、
との説明が不充分なため、
冒頭で作品の世界に入りにくいことだろう。

更にその後の展開でも、
冒頭の精神病院の担当医が、
何故彼女の傍にいるかも説明されない
ままだ。

そして、
善人に囲まれて、ラストシーンを描くために
都合良く進むストーリー展開は、
ルロイ監督に共通していて
「哀愁」とも同じだ。

彼を愛する姪が彼の心の奥底を見抜いて
自ら身を引くのも、
彼の担当医が
自らの気持ちを押し殺したまま
彼女の彼への愛情に理解を示すのも、
出来過ぎていて、リアリティに欠けた前提
と言わざるを得ない。

しかし、それでも感動を覚えるのは、
身分を明かさないで自分を思い出すまでと
耐えて耐えて接する彼女と、
失われた記憶に違和感を覚え続ける彼の心象
に絞って、丁寧に描き込む監督の製作姿勢
なのかも知れない。
こういった徹底した主人公の思索描写の作品
を近年は見かけないような気もする。

「哀愁」の悲劇性に比べ、
ハッピーエンドのこの作品の方が後味の良さ
はあるが、何かと説明不足感がある分、
「哀愁」の方が映画としての完成度が高い
印象を受けた。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
KENZO一級建築士事務所

5.0耐えることの美しさ。

miharyiさん
2021年2月12日
PCから投稿

記憶喪失になり、愛する妻を忘れてしまった夫。
妻は密かに、経営者となった夫の秘書となり、すぐそばで夫を見守り続ける。
遠回りしながら、夫の記憶を蘇らせていく妻ポーラの献身的な姿に心が震える。
そうして少しづつ記憶をたぐり寄せていく夫。
耐えることは、悲しく切なく、美しい。
素晴らしい作品に出会えた。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
miharyi
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る