心の旅路

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
50%
50%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「失はれた地平線」「チップスさん左様なら」のジェームズ・ヒルトン作の小説の映画化で主役は「キューリー夫人」のグリア・ガースンと「消え行く灯」のロナルド・コールマンが勤める。「大地」のクローディン・ウェストが、ジョージ・フローシェル、「紅はこべ」のアーサー・ウインベリスと協力して脚本を書き「キューリー夫人」と同じくマーヴィン・ルロイ監督、シドニー・A・フランクリン製作、ジョゼフ・ルッテンバーグ撮影のスタッフによってものにされた。助演は新人フィリップ・ドーン及びスーザン・トラヴァース、レジナルド・オーウェン、ライス・オコナーその他で、ピータースを除けば全部英国俳優のキャストである。

1942年製作/アメリカ
原題:Random Harvest

ストーリー

1918年、中部英国メイブリッジの病院に記憶を失った病兵スミス がいた。11月11日休戦の日、スミスはメイブリッジの町に迷い出て、旅まわりのショーの踊り子ポーラと相知る。ポーラはスミスの病気を治してやるために、ショーをやめて、デヴォンの田舎に落ち着く。スミスは記憶こそ回復しないが、健康を取りもどしたので、今は相愛のポーラと結婚し、一子をもうける。ある日スミスは寄稿している新聞社の呼び出しでリヴァプールへ行くが、雨の街路に滑って頭を打つ。そのために彼の記憶はこつ然とよみがえったがフランス戦線以来現在までの3年間の記憶を失った。彼は不審に思いつつも、自分すなわちチャールズ・レイナーの家、サレイのランドム・ホールへ帰る。ちょうど父の葬儀のあった晩で、翌日父の遺言状が開封され、チャールズはランドム・ホールの主人となる。やがて兄に代わってレイナー商会主となり、実業界に雄飛する。この間にポーラは子供を失い、スミスがレイナーであることを知り、女秘書となって仕える。レイナーは秘書マーガレットがポーラであり、自分の妻であることが思い出せない。スミスとポーラの愛の家の鍵をレイナーが常時持っているのでポーラは希望をつなぐ。レイナーは国会議員となり、マーガレットに名だけの妻になってくれと頼む。記憶の回復を待つ彼女はそれも承知する。しかし、ついに絶望かと観念した彼女は別居を申し出て、南米へ赴くこととなり、路すがらデヴォンの愛の家を訪れる。その時レイナーはブリッジへ所用で行き、そこで記憶を少しずつ回復し、かの田舎の愛の家へとたどり着く。例の鍵はその鍵であった。そしてそこにポーラが立っていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0ポーラ!

kensanさん
2020年8月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kensan

3.5不思議といえば不思議。失踪した夫を見つけたのに、本人が記憶を取り戻...

2020年6月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

不思議といえば不思議。失踪した夫を見つけたのに、本人が記憶を取り戻すまで妻であることを隠して寄り添い続けるなんて。この時代の感覚として普通なのかな??そこはすごくもやもやしたんだけど、ポーラのひたむきさに心が震える良い話。なんか良い。昔の映画ならではの純愛ストーリー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
お手紙食べるほうのヤギ

5.0一級のメロドラマ

2018年6月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

幸せ

この『心の旅路』という映画は、第一にどこにも無理や破綻のない、甘美な抒情と、こころを和ませるストーリーでわれわれ鑑賞者の気持ちを引き付ける一級のメロドラマだと思う。第二に、俳優陣、特にグリア・ガースンの演技とその美貌がこの映画を輝かせている。美貌のみを売り物にする女優だけなら他にも大勢いる。ただ彼女のそれは際立っている。輝くばかりの高貴さでさらにその品性を高めている。演技も見逃せない。目的が達成されるまでひたすらに耐えるその忍耐力の名演技にはわれわれを感嘆させるものがある。更に、終末で夫となるロナルド・コールマンの憂いを帯びた面持ちと渋い演技はグリア・ガースンと息が合っている。こうした空気のような透明感が全体を自然に流れ、先に述べた不自然さや軋みはない。技術的にはロナルド・コールマンの「記憶喪失」をうまく使って物語に巧みな変化を与えている。わたし個人から言えば、ラストでグリア・ガースンがかつての愛の家の前で記憶を取り戻したロナルド・コールマンに「スミシィ」と呼びかけて抱擁するシーンが忘れ難い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
細谷久行

5.0泣ける

2012年4月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

何度見ても、涙を止められない!こんなに泣かせる映画は無いですね。  ラストの『スミシー!!』と声をかけるシーンどんな映画にも変え難いですよ。戦火の中で出会う男と女。記憶を元に戻し自分の世界に帰ってしまった夫を影になり支え、記憶の戻る日を望みの無い中、待ち続け最後にはあの楽しかった幸せな日々を思い出させてしまう、しかし、「こうなのよ!」とは一切口に出さず耐えつずけたその、心には感服させられました。若い人に是非見て欲しいと、ときあるごとに言ってきました。見た人は一様に感動したと言ってくれます。押さえた中に秘められた行動がこんなにも感動を与えてくれると言うことを知ってもらいたいと思っています。これからも何度となく思い出すたびにDVDをプレイヤーに入れる自分が有るでしょう!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
よことし
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る