激走!5000キロ

劇場公開日

18%
36%
46%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ニューヨークからロスへの公道レースの手に汗握るスピード・カーアクション作品。製作・監督はスタントマン上りのチャック・ベイル、ベイルの原案に基づき、脚本はレオン・カペタノス、音楽はドミニク・フロンティアが各々担当。出演はマイケル・サラザン、スーザン・フラネリー、ラウル・ジュリアなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、シネスコ。1976年作品。

1976年製作/アメリカ
原題:The Gumball Rally
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

ニューヨークの若い会社重役バノン(マイケル・サラザン)は毎日会議の連続でうんざり。そろそろやるか、とばかり会議を打ち切り、親友スティーヴに電話した。『ガムボール!』。レース開始の合言葉で、年に1度大陸横断レースだ。たちまちカーキチは集まり、バノンはレース・プランを説明。このレースは法律を度外視、警察のあらゆる難関を突破するのが第1条件、その法律の封鎖網の役割にロスコー警部が選ばれた。翌日、出発の合図と共に法律違反ノンストップ・レースが開始される。運よく成功すれば、約30時間後にはカリフォルニア州ロングビーチのクイーンメリーにゴールインするのだが。参加者の顔ぶれはアリス(スーザン・フラネリー)とジェーン姉妹、フランコ(ラウル・ジュリア)とスティーヴ等。これらのレーサー達は、ただ巨大なガムボール・マシンを獲得する為だけに、法律を無視し突っ走る。車輪がまわるたびの一触即発。一方、ロスコーが逮捕の機会を狙っている。悪天候にもめげず、レーサー達は西へ西へと轟音を響かせていくが、果して最後の栄光は誰に。(ワーナーブラザース配給1時間48分)

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5車好き必見

Cape Godさん
2013年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

興奮

総合:85点
ストーリー: 60
キャスト: 70
演出: 90
ビジュアル: 75
音楽: 60

 ガムボール・ラリーという、スポーツカーで公道を走ってニューヨークからカリフォルニアまでアメリカ大陸横断レースをするコメディ映画。もちろんレースをしている間は交通ルールは無視である。

 物語は別にたいしたことはない。だが公道レースの設定と車の見せ方がすごい。いわゆるスーパーカーを、アメリカ大陸を東から西へ休むことなく暴走させるという爽快感。ポルシェ911、カマロZ-28、コルベット・スティングレイ、メルセデス300SLと車好き垂涎の車が次から次に登場する。中でも青いシェルビー・コブラと赤いフェラーリ・デイトナの一騎打ち、特に最後の道路から浅い川を走る場面が見ものである。
 実はレースに勝ったからといってたいした賞金が出るわけではない。ガムボール・ラリーの意味が後でわかる。これは結局登場人物が完全に趣味でやっているレースであり、彼らはただ日常を忘れ車を突っ走らせたいだけなのだ。だからこそそのような彼らの車を走らせたいという欲求が、もう思いっきり車好きの視聴者に伝わり心を鷲掴みするのである。
 実写だけでCGが一切なくて、へんに車が爆発したり宙に舞ったりしないのも自然でいい。あまり真剣にレースだけを取り上げるのでなく、不良親爺たちがお馬鹿な雰囲気で登場して運転を楽しんでいる軽い雰囲気も見ていて楽しい。

 元々は1970年代にそのような非合法レースを実際にしていて、Cannonball Baker Sea-To-Shining-Sea Memorial Trophy Dashというそのレースについて書かれた本を基にしているようだ。この公道レースという設定は「キャノン・ボール」をはじめとして他にも映画化されていて、日本にも漫画などに大きな影響を与えた。しかし車のアクセルを踏みつける爽快感という意味で、この映画は他の作品にもましてとにかく気持ちがいいし楽しい。その意味で最高の映画だろう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る