奇跡の人(1962)

劇場公開日

36%
58%
6%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

三重苦のヘレン・ケラー女史がサリバン教師によって人生に光明を見い出すまでの苦闘を描いたウィリアム・ギブソンの戯曲を彼自身がシナリオ化し、ブロードウェイの演出者アーサー・ペンが監督したもの。撮影はアーネスト・カバロス、音楽はローレンス・ローゼンタール、製作はペンと度々コンビを組むフレッド・コーである。出演者は「シャロンの屠殺者」などの舞台女優アン・バンクロフト、「明日に泣く」の子役パティ・デューク、舞台のヴィクター・ジョリー、インガ・スウェンスンなど。バンクロフトは63年度アカデミー主演女優賞、デュークは助演女優賞をそれぞれ受賞しているがゴルーデン・グローブ最優秀新人女優賞(デューク)、イギリス・アカデミー外国主演女優賞(バンクロフト)ほか各種の賞も受賞。

1962年製作/アメリカ
原題:The Miracle Worker
配給:東和

ストーリー

1880年代の後半、ケラー家では7歳のヘレン(パティ・デューク)の色も音もない、感触だけを頼りに生きている姿に、大きな悩みを持っていた。盲学校に依頼してその卒業生アニー(アン・バンクロフト)が少女の教育に来てくれた。彼女の苦闘が始まる。手でアルファベットを綴る方法、行儀の躾け、だがヘレンのそれは強制の結果でしかないことに気づき、深刻な懐疑に包まれた。ただ、何かを求めて成長しようとするヘレンの気持ちに支えられ、夫妻に自分とヘレンの2人だけにしてくれるよう頼み、肉親の同情と燐憫の生涯を説いた。2週間、アニーは与えられた猶予に全力を尽くした。森の中の小屋。アニーを嫌うヘレンもやがて慣れ、食事、散歩、手の綴りも上手くなった。2週間は過ぎ、あと1週間をケラー氏(ヴィクター・ジョリー)に頼んだが、家に連れ帰ってしまった。家に帰った少女を再び甘やかすに違いない肉親たちを前に、アニーは自分の無力感をかみしめた。夕食の帰宅祝の席、家に帰ったことを知ったヘレンは2人だけの生活の時とは逆にあえて手掴みで食べ、水差しを倒す。家族たちの反応を探ろうとする少女の本能的な計算がそこに感じられ、今日は特別とひきとめる母親(インガ・スウェンスン)をふりきってヘレンを井戸に引きずり出し、こぼした水を水差しに汲ませた。井戸の冷たい水、それがヘレンをとりまくカベを破った。生後6ヵ月で<水>を知り、まわらぬ舌で発音さえしたヘレンの記憶がいまここで甦ったのである。理性の光が“理解”するという形で少女に初めてさし込んだ。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第20回 ゴールデングローブ賞(1963年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演女優賞(ドラマ) アン・バンクロフト
最優秀助演女優賞 パティ・デューク
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0名戯曲の映画化でアメリカ映画を代表する感動作

2020年4月17日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

映画を観て涙が止まらなかった作品のひとつ。偉人ヘレン・ケラーが生まれて初めて一つの言葉を知る、たったこれだけの物語なのに、人間の持って生まれた可能性には限界がないことを教えられて感動してしまう。アメリカ映画の強みには、ヨーロッパ文化から受け継いだ演劇の伝統に根差した作品と人の厚みがあります。それはサイレントからトーキーに変革した時、ハリウッドがブロードウェイから多くの人材を採用したことが始まりです。ウィリアム・ギブスンが自作の戯曲を脚色しアーサー・ペンが演出した本作は、舞台の映画化ではアメリカ映画を代表する名作になりました。舞台に続いて映画出演したアン・バンクロフトとパティ・デュークの名演は永遠に語り継がれるでしょう。

登場人物で見逃せないのが、ヘレンの兄の存在です。両親の庇護と対決するサリバンの苦闘をひとり客観的に見守る役割です。どちらにも付かない彼の立場で見直して観ると、より主題を理解でき、またそこに神の視点にも思える深さがあります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav (グスタフ)

5.0演技力に号泣!

kossyさん
2019年7月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 「奇跡の人」とは、この映画を観るまではヘレン・ケラーのことだと思っていた・・・(恥)。原題を気にもかけていなかったことが原因だ。とにかく演技力!特にバンクロフト演ずるサリバン先生の過去の回想シーンが好きだ。パティ・デュークに関しては、咄嗟のことで目をつぶったりするアラが発見できるものの、いい演技だと思う。

 登場人物の中で、意外と好感が持てる腹違いの兄ジェームズ。ラストでの彼の言葉が後押しして井戸へ向かうんだから、存在感あるはずなんだけど・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

5.0感動と言う他ない

あき240さん
2018年9月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

原題はミラクルワーカー
つまりサリバン先生のことを指す
物語は誰もが知る内容だが本作は物凄い密度で単なる筋書きを追うような次元を遥かに超えて心を打つ映像で目を釘付けにして迫ってくる

サリバン先生の生い立ちをフラッシュバックで挿入しながら、なぜそこまでの情熱と愛情をもって厳しく教育できたのかを手際よく説明する構成がみごと
神がかった演技を超えた壮絶なまでのヘレンとのやり取り
それがラストシーンのカタルシスともいえる感動を呼ぶ
生き埋めになった少女はみんなが必死で救いだそうとするはずとのフレーズは心を打つ
障害だけだはない
心を閉ざした人、頑迷な人をそこから救い出すこともおなじことだ
逃げずに向き合って、愛情を持って戦わなくてはならなないのだ

ヘレンの両親は南北戦争の将軍の近縁の気位の高い様子を簡潔に良い演技で表現してラストシーンの感動をさらに盛り上げた

舞台はアラバマ州タスカンビアという小さな町
そこはなんとソウルミュージックの聖地マッスルショールズの直ぐとなり、僅か5キロほどしか離れていないのだ

ヘレン・ケラーはその後この町を離れ1968年に亡くなっているが、その翌年1969年彼女の生地の隣マッスルショールズにフェイムスタジオが生まれ数々のソウルミュージックの名曲がここで作られることになる
何もないこんな僻地でだ
何かの巡り合わせとしか考えられないことだ
これもまた奇跡と言う他ない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

5.0虐待と教育の違い!

2017年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

知的

超有名な、映画自体が奇跡の様な作品。
私などは漫画「ガラスの仮面」で散々読んだ内容なので
解ってはいたのだけど、これをよく、生の舞台で
上演したよなあと考えると衝撃的でさえある。
大の大人が、10歳に満たない少女を毎日の様に平手打ちしたり、
食べ物を取り上げて躾て行くのだもの。
倫理規定の厳しい現代では舞台化自体が出来なかったかもしれない。
そう言う意味では現代の仕組みが良いのか悪いのか…?

ただ、話としては、とても理解できる。
私も保健所から元放浪犬を引き取った時
すでにそこらに落ちてる物を食べる癖が付いていて、
世間では毒物をワザと巻く様な卑劣な犯罪もあったので
拾い喰いを止めさせるのに、口から力ずくで、
食べ物を取り上げたり、取っ組み合いを繰り返す日々だった。
サリバン先生の様に、何度手を噛まれ、
何度、道行く人に虐待と疑われた事か…。
そう、言葉を持たないヘレンは獣と同じ。
獣を人にするのは、コミュニケーションしか無いのだね。
コミュニケーションのために言葉を教える。

今の基準だとこれは虐待と言われるレベルの内容かも知れない。
でも、虐待と教育とは見た目は同じかも知れないけど
本当の教育の中には愛しか無いのだ!

サリバン先生の熱い教育熱と愛があればこそ、
ヘレン・ケラーは偉人になれたのだ。

全ての先生と母親に観て欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
星のナターシャ
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る