華麗なる殺人

劇場公開日

0%
67%
33%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

SF界の人気作家をロバート・シェクリィの短編『七番目の犠牲者』を、トニーノ・グエッラ、ジョルジオ・サルビオーニ、エンニオ・フライアーノ、エリオ・ペトリの四人が脚色、「悪い奴ほど手が白い」のエリオ・ペトリが監督した。撮影はジャンニ・ディ・ヴェナンツォ、音楽をピエロ・ピッチオーニが担当している。出演は「異邦人」のマルチェロ・マストロヤンニ、「007 カジノ・ロワイヤル」のウルスラ・アンドレス、エルザ・マルティネッリ、サルヴォ・ランドーネなど。

1965年製作/イタリア
原題:The 10th Victin
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

二十一世紀。人間は、闘争本能を満足させなければ、世界の平和は保てない、ということになり、殺人をスポーツとして認めることになった。ルールは、誰でも自由に勝負に参加でき、会員に登録したものは誰でも、“猟人”として五回“標的”として五回、これを交互にはたして、十回勝たねばならないことになっていた。これで成功した者は、百万ドルの賞金と、その他無限といっていいくらいの権利を与えられることになる。ここでカロリン(U・アンドレス)と、ポレティ(M・マストロヤンニ)が対決することになった。二人は共にこれが十人目である。彼女のもとに、この記念すべき殺人の模様をテレビにとりたいと「ミン紅茶商会」の者と名乗る二人の男がたずねてきた。カロリンは承諾した。二人の男を従えカロリンはポレティのいるローマへ飛んだ。そしてポレティに近づいた。一方、ポレティは、カロリンが、自分を殺し、それをCMに使うということを察知し、逆に自分も「コカ70」の宣伝に使おうと売りこんだ。虚々実々のやりとりの末、ついにカロリンはポレティを追いつめた。テレビのカメラがむけられるなかで、カロリンはポレティに銃をむけた。だが、引き金をひくことはできなかった。いつか二人の間には愛がめばえていたのである。スタッフ連にせかれて目をつぶってカロリンは引金をひいた。ポレティはたおれた。とぼとぼと帰るカロリンの前にポレティが立っていた。彼は死んではいなかったのである。カロリンはかけよった。が、ポレティの銃が火をふいた。しかし防弾服をきていた彼女も死にはしなかった。二人とももう争いはいやになっていたが、決着はつけねばならない。その時、二人をめがけて、銃弾がとんできた。ポレティの前妻のリディアと恋人オルガだった。二人はヤキモチをやいているのだった。物陰にかくれ、ライフルを乱射するカロリンを、もう争いはゴメンという表情で、ポレティはみていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

4.0スタイリッシュなバトロワ

2016年6月11日
Androidアプリから投稿

バトロワやバトルランナーなんかの元ネタ
60年代に想像した近未来がスタイリッシュだけど陳腐で面白い

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
のりすけぇ
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る