おじさんに気をつけろ!

14%
14%
72%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「大災難P.T.A.」のジョン・ヒューズ監督&ジョン・キャンディ主演によるホームコメディ。シカゴで3人の子どもたちと暮らすラッセル夫妻のもとに、故郷の父が倒れたとの連絡が入る。急きょ出かけることになった夫妻は留守中に子どもたちの面倒を見てくれる人を探すが見つからず、仕方なく夫の弟で40歳独身の変わり者バックを呼ぶが……。マコーレー・カルキンが長男役を愛嬌たっぷりに演じて注目され、同監督作「ホーム・アローン」出演のきっかけとなった。

1989年製作/99分/アメリカ
原題:Uncle Buck

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

5.0ジョンヒューズ節

津次郎さん
2020年12月14日
PCから投稿

Jean Louisa Kellyという女優をUncle Buckでしか見たことがない。が、そこで見せたバック叔父の姪Tiaがとても印象的で、あとはいいのではないかと思えてしまう。──のである。

かえりみれば、ジョンヒューズの映画には「あとはいいのではないかと思える」俳優がいっぱいいる。かれらは、ちっとも褪せない。Molly RingwaldもAnthony Michael HallもJudd NelsonもAlly SheedyもMatthew BroderickもMia SaraもAlan Ruckも・・・

てことはジョンヒューズに出たってことは、僥倖でもあり、呪いでもあった。
ジョンヒューズファンならばヒューズファミリーの面々が果報と呪縛を同時に被ったことを、かならずお認めになる──にちがいない。

Jean Louisa Kellyもそうだった。
Tiaはいっけん典型的な反抗期の娘キャラクターだったが、濃いメイクにモノトーン、肩までのソバージュ、ネックまたはスカーフで首を隠していた。おそらくゴシックが流行っていたと思われる。

いまでこそ、その様態に、珍しさはない──が、わたしが同時代にUncle Buckを見たとき、Jean Louisa Kellyの娘役は、ハっとするほどフレッシュだった。おしゃれだった。

おそらくそれも共有された記憶であると思う。

かのじょはゴシック女子らしく、寡黙で、はっちゃけるテンションが嫌いで、明るく屈託のない弟/妹を煩わしい存在とみており、ロクでもない彼氏にむちゅうになっていた。でも、背伸びしているけれど、幼心も残していた。

いわゆる「けいべつのまなざし」がとてもじょうずで、バック叔父がシッターに来てから、ことあるごとに「けいべつのまなざし」を向ける。それは、Jean Louisa Kellyを忘れ得ない女優にするのにじゅうぶんな蠱惑であり、かつてはインターネットミームにもよく使われていた。

ジョンヒューズが、せかいじゅうの人々に敬愛されているのは、軽いコメディを重ねて、さいしゅうてきには、観衆の魂をゆさぶってしまうから。
その魔法はブレックファーストクラブにはもちろんPTAにもフェリスにも本作にもあった。

粗雑で野生だが厚情なバックおじさんはJohn Candyの独壇場で、代表作でもあると思う。はちゃめちゃをやっていながら、じつは大きな慈愛を、醒めた家族にもたらし、さいしゅうてきには、反抗期の娘を溶解させてしまう──のである。

そのドラマ展開が、たいしたものではない、とか、とりたてて言うほどのものではない、とか思うのであれば、古今東西のコメディからジョンヒューズ的展開をするものを探してみるといい。見つかっこないから。なんてね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

3.0お約束のパターン

はるさん
2020年2月17日
Androidアプリから投稿

ストーリーは期待を裏切らない予想通りのやつです!
日曜の夜に観て、また明日からがんばろう!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はる

2.5ホンワカした笑い

2019年12月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

Netflixにあったので、メチャクチャ久し振りに鑑賞しました!

自由気ままなバック叔父さんが、兄の子供達の面倒を見ることに…。
義理姉にも好かれておらず、家に呼ばれることも殆どない中、明るく優しさにあふれるバック叔父さんが、きちんと責任を果たそうと、マイペースながらも頑張る姿が良かった。

長女ティアも、母親と上手く行っておらず、複雑で感じやすい女の子だけど、ナンダカンダ素直で可愛い(笑)。
カルキン坊や(笑)も、その後「ホーム・アローン」に出演するなどのキッカケになった作品なのかなぁ…。

昔、ジョン・キャンディとか結構好きで、色々と観てたのを思い出しました!
「絶叫屋敷へいらっしゃい!」とか、よく観たなー(笑)!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
m@yu-chan-nel

2.5結構笑える

2019年4月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

幸せ

ジョン・ヒューズ監督作品のホームコメディ。

ストーリー自体は、叔父と子供達が仲良くなっていく過程が深く描かれていなくて、少し勿体無く感じた。

しかし、随所随所に入れてくるコメディの要素が面白く、終始笑ってた。

ジョン・キャンディの演技が素晴らしく、叔父さんのキャラクターが最高だった。姪っ子のティアが可愛かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バンデラス
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る