インドシナ

劇場公開日

インドシナ
18%
50%
14%
18%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

仏領インドシナを深く愛したフランス人女性が母として支配者として悲しい運命を辿っていく姿を描く一大歴史絵巻。監督・脚本は「罪深き天使たち」のレジス・ヴァルニエ、製作はエリック・ウーマンとジャン・ラバディ、共同脚本はルイ・ガルデル、エリック・オルセンナ、カトリーヌ・コーエン、撮影は「夏に抱かれて」のフランソワ・カトンネ、音楽は「ヘンリー五世(1989)」のパトリック・ドイルが担当。

1992年製作/フランス
原題:Indochine
配給:ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画

ストーリー

1930年代仏領インドシナ。この地で生まれ、祖国を見たことがないフランス人女性エリアーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)はゴム園を切り回していた。彼女には死んだ友人の娘でアンナンの皇女であるカミーユ(リン・ダン・ファン)という養女がいた。フランス人将校ジャン・バチスト(ヴァンサン・ペレーズ)が2人の前に現れる。以前、絵画オークションで落札の権利を譲ってくれと頼み、断られたエリアーヌに恋をした彼は、激しく愛を伝えた。彼と愛し合うようになったエリアーヌに、父エミール(アンリ・マルトー)は別れを強要する。脅かされたジャン=バチストは彼女を避けるようになる。しかし、ある雨の日、彼は訪ねてきたエリアーヌを一度はつれなく帰らせかけるが、走り出した車に飛び乗り彼女を抱くのだった。そんな折り、皇帝が暗殺された。共産党が国の独立を願い決起したのだ。カミーユは町での発砲事件に巻き込まれ、倒れ込む。それを救ったのはジャン=バチストだった。彼女は彼に恋をし、館でのパーティに招く。事情を知らないカミーユの目前で、2人は口論し、ジャン・バチストはエリアーヌを叩く。この事件がもとで彼は離れ島ドラゴン島の警備に左遷され、カミーユは許婚のタン(エリック・グエン)と結婚させられる。カミーユは全てを捨て、ジャン・バスチトに会いに行く。長く苦しい旅の末、島に辿りつき奴隷として列に座らされている彼女を、ジャン・バチストは見つけ出す。仲良く立ち去ろうという瞬間、母子が、引き離されるのを拒否したことで処刑されている姿を見つける。怒ったカミーユは、フランス人の上官将校を撃ち殺してしまう。旅の一座にまぎれ逃げる2人は、一級の政治犯、共産党のジャンヌ・ダルクとして指名手配される。一方エリアーヌは、彼女を口説き続けてきた小ずるい警部ギイ(ジャン・イアンヌ)に捜査を依頼するが徒労に終わり、かえって彼女はギイの裏の卑猥な姿だけを記憶に残し彼と離れることになる。ジャン・バチストとカミーユの事件は民衆を勇気づけ、芝居として各地で上演された。一児エティエンヌをもうけ、逃亡を続けるのも束の間、ジャン・バチストはつかまり、銃殺されてしまう。カミーユは牢にとらわれる。エティエンヌは、出所したカミーユの願いで、エリアーヌとともにフランスに帰る。そして54年、ジュネーヴ会議に独立国ヴェトナムの代表として渡欧してきたカミーユに息子エティエンヌは面会しない意志を伝える。エリアーヌは愛しき地インドシナとその思いは平行線を辿り、その地に自身のアイデンティティを見出すことができなかったかわりに、インドシナの申し子エティエンヌを傍らに、遥かな思いにふけるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第65回 アカデミー賞(1993年)

受賞

外国語映画賞  

ノミネート

主演女優賞 カトリーヌ・ドヌーブ

第50回 ゴールデングローブ賞(1993年)

受賞

最優秀外国語映画賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0インドシナ、それは関与しようとする国の矛盾を露呈させる土地なのです

あき240さん
2019年7月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

インドシナとは今のベトナムのこと
戦前の日本では仏領印度支那と書いたようです
略すと仏印
そう教科書に載っている仏印進駐とは、日本軍が本作で描かれたベトナムに軍事進出をした事を指します

冒頭で切り離せ無いものの例えとして男女の仲と同様にフランスとインドシナの関係だと主人公が語ります
だがラストシーン近くで彼女はインドシナから去って行くのです
インドシナがフランスの植民地となったのは、日本で言えば幕末の頃
まかり間違えば本作の舞台は日本になっていたかも知れないのです

物語は冒頭の水上葬式のシーンは1920年頃、次のダンスシーンは1930年頃、つまり昭和の初め頃です
主人公がインドシナを去るのは1940年頃でしょう
この直後に日本軍はこの国に進駐してくるのです

フランス植民地政府の統治を認めたままの軍事進出ですから、当時の日本のお題目であったアジアの民族解放とは矛盾する事態を露呈してしまいます
それが結果的に日本と米国の戦争の導火線となります

同じようにフランスもまた矛盾を露呈していたことが本作のテーマでもあります
エアリーヌとカミーユの母娘が同じ男性を愛す物語はインドシナへのフランスの複雑な感情を投影したものでしょう

冒頭の主人公はフランス植民地帝国の考えそのものです
カミーユの結婚相手のタンはパリに留学して帰国した時、こう語ります
パリで自由と平等を学んだと
そして主人公エリアーヌはフランスの理想とインドシナでの現実の乖離を知ります

エリアーヌが惹かれたフランス海軍士官のジャンはフランス本国そのものの象徴です
アジア的な正邪をあやふやにする考え方には染まりたくないと杓子定規に親子の乗る船を焼き払います
しかし彼は自分勝手で、その時の激情だけで短絡的な行動を起こす単純な人間に過ぎないのです
フランス人たろうとするプライドはその程度のものに過ぎないと描かれます

エリアーヌはフランスの植民地人そのものです
私はここで生まれ育ったアジア人だといいます
そして彼女は他民族の国家を植民地にして、その王族の遺児を愛情を持って美しい女性に育て上げたのだと自負しています
フランスの自由、平等、博愛の精神は彼女が心血を注ぐゴム園では怪しい実態も描かれ、彼女はその現場で何も疑問も持たないのです

その娘カミーユはベトナムの象徴です
彼女も当初はエリアーヌの愛を感じて生きてます
しかし彼女は言葉も生活も全て祖国の伝統から切り離されて何も疑問もなく生きているのです
そして不幸な事件が起こり、それを切っ掛けにこれらの矛盾が一斉に露呈するのです
最終的にカミーユは自身が何者であるのかを自覚しエリアーヌから自立します

フランスの植民地経営に結託している特権階級の屋敷を共産主義者が焼き討ちするシーンはさながらフランス革命での民衆の蜂起を思わせます

ラストシーンはベトナムがフランスからの独立を勝ち取った1954年のジュネーブ会談の会場となるレマン湖畔です
そこでカミーユの産んだ赤ちゃんが成人した姿でエアリーヌとともに登場します

エリアーヌは彼を伴いフランス本国に引き上げたのです
つまりフランスはインドシナの植民地を失ったのです

彼女の産んだフランス人とのハーフの子供エティエンヌはエアリーヌに母はあなただけだと言います
カミーユに会い本当の母に息子ですと名乗りでて今さらどうなるのかと

つまりエティエンヌは思い出の中だけに残されたインドシナの象徴であり、それはフランスの自由と平等と現実の植民地帝国との矛盾の象徴であるのです

製作当時、カトリーヌ・ドヌーヴ49歳
シーンによってはそれなりに老けています
しかしそれでも圧倒的な美しさです
これこそ大人の女性の美しさです
彼女の凛とした美しさが2時間半も大作を片時も飽きずに牽引してラストシーンまで連れて行ってくれました

テーマの重厚さ、巧みなストーリー構成
カトリーヌ・ドヌーヴの美貌と演技
そして美術、衣装、美しいベトナムの山河
カメラはそれらを見事な迄に美しく撮っています
これこそ傑作と言えるでしょう

21世紀に生きる我々は冒頭のシーンからちょうど100年、ラストシーンから65年の未来に生きてます
単なる遠い国の昔の物語でしょうか?

このベトナムはその後数奇な歴史を辿り、米国が介入したベトナム戦争を経て、米国の矛盾を露呈させました

そして21世紀の現代
南シナ海の人工島を巡る中国の横暴な振る舞いは
平和勢力とかって自負した共産中国の矛盾を露呈させています
その海はジャンとカミーユがさ迷った海のすぐ先なのです
もっと言えばその矛盾は1979年の中国がベトナムに侵攻した共産主義国同士の戦争で露呈していたのです

インドシナ
それは関与しようとする国の矛盾を露呈させる土地なのです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.0南北ベトナム誕生

kossyさん
2019年2月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ベトナムの自然がとにかく美しい。解説を読んでもピンとこないが、ベトナムの地を愛した女性というよりは娘を心底愛していたとしか感じ得なかった。壮大なストーリーとなってはいるものの人物の繋がりを描くのが下手な脚本であり、カミーユがジャンに恋する理由もお粗末すぎる。タンがフランス留学によって自由を学んだという件はよくわかるのだが、その他の人物の心の変化が全く伝わってこない。159分が終った瞬間、南北ベトナムが誕生したのはこういう背景があったのだな、という史実のみが印象に残ったくらいだ。。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0良きフランス映画

yupppiiiさん
2018年9月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yupppiii

4.0カトリーヌ・ドヌーブの美しさは衰えず安定の貫禄。ストーリーにふさわしい。

2015年9月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

カトリーヌ・ドヌーブの美しさは衰えず安定の貫禄。ストーリーにふさわしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る