いまを生きるのレビュー・感想・評価

メニュー

いまを生きる

劇場公開日 1990年3月17日
64件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

全寮制男子校

名門の全寮制男子校が舞台、新しく赴任してきた英語教師(ロビン・ウィリアムズ)が、自由な発想で授業を行い、学校や父兄との間で軋轢を生む。
受験勉強ではない学ぶことの楽しさを教えるのだが、周囲の期待とは一致しないのが悲劇を生む。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2019年6月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロビン・ウィリアムズを好きになった作品

何度も何度も観た!何度観ても最後は泣けます。

海(カイ)
海(カイ)さん / 2019年4月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生そのもの ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

今を生きる!まさにタイトルまんま。
八方塞がりでもなんでも、ただいまを生きるしかない。
辛い時に観ると心に染みる。
親に人生を侵されそうになって自殺する生徒の気持ちはわかるなあ。
彼は今を生きた結果の自殺。なんていうか、死ぬこともまた、彼には生きることだったんだと思う。
EDもあの終わり方が人生そのものでよかった!
人生はそんなうまくいくわけでもないし、映画は終わっても彼らの人生は続いていくって感じ。
思い通りにいかないのが人生。ままならないのが人生。
ハッピーエンドや確固たるこうなったんだよ!ってEDがお好きな方にはイマイチなEDかもだけど、あの終わり方がこの映画にはベストだと思う!
だって人生ってそんなもん。
だから今を精一杯に生きる。うん、良い映画!

mu
muさん / 2019年3月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

評判がいいから観たけれど

評判がいいから観ましたが、それほどではありませんでした。少しは感動しましたが。

hide1095
hide1095さん / 2019年2月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャプテン、マイ・キャプテン

 ロビン・ウィリアムスはこういう役が多い。破天荒とも言える独特の授業は、受けてみたくなるというより、自分でやってみたい(教員免許持ってるからなぁ)。この先生の存在感は大きく、前半部分でロビン・ウィリアムス抜きだと普通の青春映画になってしまう。。。

 後半は、重く切ない想いにさせられるが、教師から見たニールはどうだったんだろう?まだ人間として成長期にあるのだから、悲惨な結末は避けられそうなものである。しかし、キーティングが悪いと主張する子もおかしい。結局は人として生きるべきか、社会の中で生きるべきかという選択する能力を身につけられなかったのでしょうね。ま、タイトルが「死せる詩人の会」なんだから、上手く生きていい大学に入るという目的ではないことくらいわかりそうなものだ。。。

 「キャプテン、マイ・キャプテン」という重要なキーワード。これはそのまま『マスター・アンド・コマンダー』に繋がるのか・・・・

kossykossy
kossykossyさん / 2019年2月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

良さがわからない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「きっとうまくいく」を先に見てしまったからかもしれないが、よくある青春ドラマにしか見えなかった。終わり方も中途半端で、死んだ子は可哀想だし、ちょっとあんまりだと思った。詩が本当に好きで朗読したい人は良いと思うが、勉強したい人を無理やりグループに参加させたりするのは、逆にその人の将来を台無しにすることになるから、許されるべきではない。こういう「私たち青春してます」というようなテンションの学生が最近多くて、勉強するために学校に入った者にとっては迷惑なことも多い。自由の意味を取り違えてもらったら困る。

a0064
a0064さん / 2018年12月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バラのつぼみは早く摘め。カーペ・ディエム

1959年、アメリカ・バーモント州にある全寮制の男子高校ウェルトン・アカデミー
死せる詩人は先生ではなく船長「アイアイキャプテン」と呼ばせる。
そのページは破れ!
内気なイーサンホーク
雄たけびがヨー!ってどうよ
初めて女に恋をするノックス
パーティーで飲み過ぎてしっぱい
調子に乗って学校新聞に記事を載せるだけでは飽き足らず悪ふざけを
高校生にもなってスパンキング
十代は思い詰めると自殺するから辛い
この映画で、他人を犠牲にして自分が助かろうとするクズにだけはなるまいと心に決めたことを思い出した。くそキャメロン
机に立て
全員じゃないところがいい
パグパイプ
途中は歓喜の歌

個人的下書き
個人的下書きさん / 2018年11月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほかの誰でもなく自分がどう生きたいか

自分の中の固定観念や甘えや弱さに
抗い突き進む勇気をくれた作品でした。

今は二度と戻らないんだから
自分が決めた道を堂々と歩みたい。

たまには違う側面から世の中見渡していこう。

留学前に素敵な作品に出会えてよかった。

もっち
もっちさん / 2018年11月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思想や哲学の価値とは?

dvdにて。wowow映画塾で解説を聞いて観たくなったので鑑賞。
原題はdead poets society。
学園ものですが、これは哲学映画だ。若い人は見るべき。俺はオッサンだ。オッサンになるとこの映画の主張は痛いほどわかるが、今更この映画を観ても遅かった(笑)。

「詩で金は稼げないが、詩は生きる糧となる」
正にその通り。金だけでは人間は生きられない(そう言うことは金持ちになってから言え笑)。現代を生きる多くの人は思想だの宗教を馬鹿にするが(その割には自己啓発本とか読んで悦に浸ってるから馬鹿だ・・・いや。まぁそれはともかくとして・・・)。しかし、金も地位も名声もなくなった中、我々を救ってくれるものこそ、思想であり哲学なのである。そう言う意味で、哲学や思想は生きる術なのである。クソ自己啓発本は金を稼ぐ術を教えてくれるが、生きる術は教えてくれない(どんだけ自己啓発本嫌いなんだよ)。

思想や哲学の価値を、現代人に説いている映画でした。

t
tさん / 2018年9月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

等身大の若者の命の煌めき

パブリックスクールを舞台に、親のレールの敷かれた若者がそれでも足掻く姿を描く。

こうまとめるのも憚られるくらい、強烈なパワーを持った作品で
是非気になっているなら観て欲しい所だ。

校是に対するアンチテーゼのような4柱、慣れない女子学生とのぎこちない会話、秘密クラブ、勉強会、風変わりな先生。

青春がそこに詰まっている。男子校出身者などはかっての学生生活に思いを馳せるのではないか。

やりたいことがやれない人生ほど悲しいことはない。

shosho5656
shosho5656さん / 2018年8月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

せつない・・・

夢を追うことは「自殺」か「退学」かどちらかの結末に結び付く。
だから長いものには巻かれろ。

結局現実はそうなる。

せつない。
せつないけど、夢を教えてくれた先生に、最後の敬礼。
そんな感じ。

現実と空想、夢をうまく描いている。
けど・・・もう少しパンチが欲しかった。

問題提起としては素晴らしいものだと思う。
役者さんたちも素晴らしかった!

ひぃちゃん
ひぃちゃんさん / 2018年3月15日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

青春を詰め込んだ傑作。

心から溢れる感情を上手く言葉に出来ずに、結局は押し殺して葛藤する。そんな思春期を上手くスクリーンに映し出していて画面から目が離せなかった。
終始僕は学生目線で見ていたが年を重ねるにつれて親や校長の目線からもこの映画が見られるのかなと考えた。
青春とは時に危険だが、ありのままの自分を見ることが出来るかけがえのない時間ではないのか。そして恋や夢というものに盲目なのではないか。
青春の持つ性格と教育のあり方を問う傑作だった。

ゆーすけ
ゆーすけさん / 2018年2月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

先生・生徒・親が一緒になって見るべき作品

教育に携わる、全ての人に見てほしい。

教員が決めた教義に生徒を従わせながら育てるのか、それとも生徒自身に任せるのか。
学校運営は、資金面で直に影響する親・一般社会への評価を重きに置くべきなのか、それとも生徒?はたまた教員か。
そういった今の日本の学校のあり方を考えさせてくれるような両極の立場が描かれている。あと、劇中の先生の生徒への叱り方がうまい。

粋な馬様
粋な馬様さん / 2018年1月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

青春映画

キラキラ青春映画かと油断していたら、ショッキングな事件。男子学生たちがみんな良い顔をしていたなぁ。しかし邦題が良くない。「死せる詩人の会」が正解だろ!

みな
みなさん / 2017年12月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Carpe diem

深く考えさせられる映画だった。
大切なのは、過去でも未来でもなく、“今を生きる”ということ。
勉強ではなく、人生を教えてくれるような、こんなにすばらしい先生なんているのかな。
今まで感動する映画はたくさん観てきたけど、ストーリーの深さをここまで感じたのは初めてだった。

これから何度も観たい。
本当に大好きな映画。

なちゃん
なちゃんさん / 2017年10月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

とっても哲学的

社会的に良いとされる道を進むのか、自分の信じる道を進むのか、難しいテーマをあつかった映画。
結末を見て、必ずしもどっちが正しいとは言えないことを再確認。
哲学的。

もじゃ
もじゃさん / 2017年9月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

昔観て感動したけど

若い頃に観てえらい感動した記憶をもとに、改めて観たけど、やっぱり良かった〜〜

おのもん
おのもんさん / 2017年6月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

seize the day ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

初見は13歳の時に親友宅で。何回も観ました。
Neilの死後、それまで寡黙で感情を表に出さないToddが、雪景色の中泣き叫ぶシーンに毎回泣きました。

海外にいた当時、邦題を知りませんでした。
中学生なんて目の前の宿題と試験勉強と学校生活で手一杯でした。振り返れば、何を考えるまでもなく充分「いまを生き」ていた時期でした。当時はまだ、この映画のテーマを真に理解することは出来ていなかったように思います。今となっては言葉ひとつひとつが身に沁みます。現実にMr. Keatingが学校にいたら、自分は勇気を持てただろうか、どの夢を追いかけていただろうか。

"...That you are here - that life exists, and identity; that the powerful play goes on, and you may contribute a verse. What will your verse be?"

"Carpe diem"
海外ドラマ"House"でもこの台詞が出て来ます。そこでこのNeilがDr. Wilsonであることにようやく気付いた時の大衝撃( ̄◇ ̄;)!!しかも皮肉にも医師役!!

everglaze
everglazeさん / 2016年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今を生きる

若い時に自分のやりたい事を精一杯やってみる事の素晴らしさを感じました。
若くなくても一緒ですね。
久しぶりに観ましたが、詩の言葉が響きました。悪い人が誰もいなくても起こってしまう悲劇、ありますね。
ロビン・ウィリアムズ大好きです。

Momoko
Momokoさん / 2016年9月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

息子が高校生になったら見せたいです。 教えられる事の多い、いい映画...

息子が高校生になったら見せたいです。
教えられる事の多い、いい映画でした。

やまぼうし
やまぼうしさん / 2016年9月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

64件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報