哀愁のエレーニ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第2次大戦後のギリシャ混乱期に死んだ母の、その死の真相を描く。製作はニック・ヴァノフ、マーク・ピック、そして原作のニコラス・ゲージ。監督は「ドレッサー」のピーター・イエーツ、脚本はスティーヴ・テシック、撮影はビリー・ウィリアムズ、音楽はブルース・スミートンが各々担当。出演はケイト・ネリガン、ジョン・マルコヴィッチ、リンダ・ハント、ロナルド・ピカッブなど。

1985年製作/アメリカ
原題:Eleni
配給:東映クラシックフィルム

ストーリー

第2次世界大戦直後ギリシャは、君主政権政府軍と革命派の共産ゲリラの内乱がつづく。アルバニアとの国境近くのギリシャの山奥の寒村リアでは、若妻エレーニ(ケイト・ネリガン)がアメνカで働く夫クリストスの留守を守り、4人の娘と1人息子ニック(アンドレア・ラスカリス)と共に平和に暮らしていた。ある夜ニックの学校の先生で共産主義者スピロ(ロナルド・ピカッブ)の脱出を手伝う。時は変って現代。成長したニック(ジョン・マルコヴィッチ)はニューヨーク・タイムズのジャーナリストとして成長しており、亡き母エレーニの死の真相を知りたいという思いが日ごとにつのり、アテネ支局へ単身赴任する。妻ジョーン(グレン・ヘドリー)は、それに反対し、老いた父(アルフレッド・モリナ)は何も言わない。ニックはアテネにつくと、故郷の村などを訪ねて調査をはじめていくー。内乱が激しくなり、スピロを隊長としたゲリラ軍はリア村を占領。エレーニの家は情容赦なく占拠され、村人たちは強制労働にかり出され、ある年齢に達した子供は兵役につかされる。エレーニは長女に大やけどをおわせ、兵役をまぬがれるが、かわりに次女がゲリラ軍にとられてしまう。エレーニの親友のカティナ(リンダ・ハント)は、子供を軍にとられることをからめて、ゲリラ軍の指揮者カティス(オリバー・コットン)を非難したため、銃殺されてしまった。エレーニは村人たちと共に村を脱出する計画をくわだてるが、前夜カティスに呼ばれ、ニックら子供たちのみ脱出に成功。その計画の責任者としてカティスはェレーニを拷問にかけ、銃殺刑に処してしまった。そのような母の死の真相を知ったニックは、現在はアテナで静かに余生を送る老人カティスをたずね、銃口を彼にむけるが、カティスの幼い孫娘をみてカティスを殺すことをあきらめる。我が子を愛するために殺された亡き母エレーニ。その愛にむくいることは復讐ではなく、自らの妻や子たちを愛することだと、ニックはエレーニの気持を初めて理解し、ニューヨークヘ帰っていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る