Little Birds イラク戦火の家族たち

劇場公開日

0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2003年3月のアメリカによるイラク侵攻以来、『ニュースステーション』や『News23』でイラクからの中継リポートを続け、ボーン・上田記念国際記者賞特別賞を受賞したビデオジャーナリストの綿井健陽が、取材期間中に記録した123時間余の映像から作り出した映像作品。空爆で2人の子供を奪われた父親サクバン、右目を傷ついた12歳の少女ハディールらを主人公に、バグダッド、アブグレイブ、サマワなどイラク各地を舞台に、戦火の中で懸命に生きる人々を丹念に描く。

2005年製作/102分/日本
配給:Project Little Birds

ストーリー

取材は2003年3月に始まった。空爆前の豊かなバグダッドの日常、子供たちは、朗らかな笑顔をたたえていた。激しい空爆が始まり、惨禍が人々を襲う。老人や女性、そして子供たち…。次々と弱いものが大きな犠牲となっていった。バグダッドへの米軍入城の瞬間をとらえた綿井健陽は、米軍の戦車の前に立ちはだかる一人の女性の叫びにキャメラを向ける。「How many children have you killed? Go to the hospital and see the people dying!」(お前たち何人の子供を殺したんだ? 病院に行って、死んでいく人たちを見てこい)。その言葉に突き動かされた綿井は、翌日バグダッド市内のサウラ病院で凄惨な状況を目撃する。瀕死の娘を抱えたアリ・サクバン(当時31歳)は、イラン・イラク戦争で2人の兄を失い、自らはイラク軍兵士として徴兵され、クェート侵攻に参加し、そして今回のイラク侵攻で3人の子供を空爆で失った。それから一年、「戦争で人を殺すために、人間は生まれてきたわけではない…」と、サクバンは戦乱のイラクの現状とこれまでを語る。米軍の非人道兵器「クラスター爆弾」で右目を負傷した12歳の少女・ハディールや右手を失った15歳の少年・アフマド。戦火に傷ついた様々な家族を描きながら、綿井は戦争の「意味」を問う。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「Little Birds イラク戦火の家族たち」以外にこんな作品をCheck-inしています。