劇場公開日 2004年7月31日

  • 予告編を見る

「来る」父と暮せば いつこさんの映画レビュー(感想・評価)

3.417
14%
53%
26%
2%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0来る

いつこさん
2019年10月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

戦後を描いた映画の中で一番残酷でリアルかもしれない。遺品と主人公の記憶が相まって、原爆がどれだけ凄惨で愚かなことかが伝わる。ときめきと、ため息と、願いから生まれたという由縁が良い。宮沢りえの、決してうまくはないがピュアな演技が良い。とったんの広島の一寸法師は一番の名シーン。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ
「父と暮せば」のレビューを書く 「父と暮せば」のレビュー一覧へ(全17件)
「父と暮せば」の作品トップへ