たそがれ清兵衛のレビュー・感想・評価

メニュー

たそがれ清兵衛

劇場公開日 2002年11月2日
20件を表示 映画レビューを書く

まぎれもない傑作。何回観ても良い作品。

まぎれもない傑作。何回観ても良い作品。

yonda?
yonda?さん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高にカッコいい!

真田広之、宮沢りえ、そしてなんといっても田中泯!

最高の俳優陣で最初から最後まで目が離せませんでした。

この作品で一気に田中泯さんのファンになりました。

映画デビューとは思えない鬼気迫る演技。
鋭い眼光。
本当に素晴らしいです。

子供達も本当にかわいい。

キャラクター一人一人に愛着がわく本当にいい作品です。

わたしの邦画部門のNo.1作品です。

ジジ
ジジさん / 2018年9月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画としては良いかもしれないが少なくともたそがれ清兵衛ではない。

映画としては良いですよ。 秀作だと思います。 ですが原作ファンとしては大変残念な映画だと思いました。 本作が「祝い人助八」と言うタイトルなら納得しました。 原作を捻じ曲げる様な映画作りは感心しません。 黒澤明の「赤ひげ」の様に同名のタイトルを付けるなら原作を読んでから映画を見ても、映画を見た後で原作を読んでも違和感がない様にして欲しかったと思います。
井口清兵衛は侍です。 剣術使いなのです。 人と斬りあうことに対してあれこれ悩みません。 侍は幼い頃からその様に育てられます。 彼の唯一の心配事は兄妹として育ち、家の都合で夫婦になった妻の病だけです。 それこそ藩の重大事よりも妻を厠に連れて行くことの方が重大な問題なのです。 だから変人で滑稽でたそがれているのです。 映画の主人公は貧乏に追われ生活に疲れているのです。 心配事があってたそがれているのではありません。 清兵衛は妻の問題がクリアされれば人を斬ることなど造作もなく遂行します。 それが井口清兵衛です。
原作は変人の剣術使いに周囲が振り回される滑稽話であってそこに夫婦愛も絡んだつくりになっております。 親子間の家族愛を描いた人情話ではありません。
もう一度言います。 井口清兵衛は侍で且つ剣術使いです。 唯一の心配事は妻の病です。 藩の重大事よりも人斬りよりも心配なのです。 その背景を変更したらそれはもう「たそがれ清兵衛」では無い。とわたくしは思います。

fortyliner
fortylinerさん / 2018年6月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まさかこんなにいいとは ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

もっと退屈?というか桜が散るような儚い静かなものだと思っていました。
上級者向けというか。

全然面白い。
万人向けでした。
さすがアカデミー賞外国映画賞ノミネート。

朋江さんが清兵衛のお嫁さんになったところが「一番」感動しました・・・

ひぃちゃん
ひぃちゃんさん / 2018年4月19日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

宮沢りえシリーズ

気になった演技に出会うと、私はその俳優の出演作を立て続けに借りて見ます。
ここのところは宮沢りえシリーズです。

こんなに実力派の女優になるとは思いませんでした。きっと鍛練してきたはず。

着物での所作、居ずまいの瑞々しさには、目を奪われます。
身につけた作法は最大の財産でしょう。
女の子には、お茶 お花 日本舞踊を習わせたいなぁ。

きりん
きりんさん / 2018年2月26日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

決められたリズム

20歳の頃、「たそがれ清兵衛」がヒットしてて、仕事場の40歳の方に「お前にはまだ分からんよ」と言われたのだけど、あれから15年が経ち久々に観賞。
とても日本的というか、派手はないけど行き届いてる感じで、普通の営みを丁寧に美しく見せていたと思う。
ヒットした要因はなんだろう、と考えながら見てたのだけど、やはり江戸時代末期の侍の営みが現代の自分たち社会人の営みがシンクロする事だと思う。

上の指示は絶対で嫌な仕事もしなければならず、ボケた母親と二人の娘を養わなければならない。だけど、娘の成長は嬉しく共に生きて行きたい。毎日同じような生活で、同僚は飲みに行くけど、真っ直ぐ家に帰る清兵衛に同情と憧れと尊敬の念が湧き、宮沢りえと上手く行って欲しいと心から思うのではないだろうか?

そうか、清兵衛の人生はそうだったか…心休まる時があったのか。なんて思ってるところに井上陽水の「決められたリズム」で泣けた。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2018年2月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

まさに日本的

今やほとんど撮られる事が無くなってしまった時代劇。アメリカで言えば西部劇的なジャンルでしょうか。
日本的精神の美しさとそれ故の辛さを静かな感情演出で描いています。
真田広之の殺陣がとても美しい。
宮沢りえは時代を代表する女優さんですね。可愛さと美しさ、それに儚さが同居している稀有な女優さんだと思います。
藤沢周平の短編シリーズは当時の下級武士の生活をこと細かに描いていて、とても好きな小説です。藤沢文学の特徴である「省略の美学」を見事に映像化した作品だと思います。

明烏
明烏さん / 2017年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

たそがれ

ちょっと変わった侍者として、たそがれられる内容かなと思います。
最後はしっかり戦ってくれて面白かったです。

kikki_tk
kikki_tkさん / 2017年8月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

黙っってみてみて

傑作!
宮沢りえの「おかえりなされませ」がたまんないー!
足袋?の穴を隠す清兵衛、、。
刀を研ぐシーンが深いぃ!

へまち
へまちさん / 2017年5月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

山田洋次監督ならではの心温まる人間ドラマ。 全編なんとも薄暗い映像...

山田洋次監督ならではの心温まる人間ドラマ。

全編なんとも薄暗い映像。けっして華やかと言えぬ清兵衛の生き様のようだ。正確な時代考証の一部と言えるのかもしれない。

真田広之、やっぱりかっこいいですね。そして宮沢りえが美しい。一時の不健康そうな姿ではなく、若い頃を彷彿とさせる。田中泯、決闘シーンはなんとも言えぬ迫力、やるなこの人。

人にとって幸福とは何か、そんなことも考えさせる物語。素晴らしい作品でした。

はむひろみ
はむひろみさん / 2017年5月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

●静かなること山の如し。

やはり宮沢りえはスゴイ。登場しただけでパッと花が咲いたよう。
そして真田広之。男の一途さ、不器用さを見事に演じる。
普段は昼行灯でも、いざというときには結果を出す。
男はかくありたいものだ。

うり坊033
うり坊033さん / 2017年5月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

激動の地に足をつけて ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

下級武士である主人公がこの上なく男らしいです。
家族想い、親友想い、そして恋愛は不器用だけど一途。文句も言わず、現状で常に最善を尽くす姿。男らしさに家柄も身なりも関係ないのですね。最後の果し合いの前にはうっかり本音が出ますが(^^)、相手の余吾もかなり苦労してます。2人とも客観的には結構不運です。
剣豪2人の大きな差は、刀や流儀というよりも、つましくとも多くを望まず充足した日々を過ごせてきた清兵衛と、時代に翻弄され続けた人生に不満と憤りを抱える余吾という、根本的な性格の違いでしょうか。

果し合いのシーンはなかなか良かったです。田中さんの鬼気迫る演技が素晴らしかったです。

朋江が待っていてくれて本当に良かった(^^)。たそがれ時に叶った想い。最高に幸せな時間を過ごせたのだろうと、想像に難くないです。

everglaze
everglazeさん / 2017年3月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「名作」と言わしめられる作品

ものすごくシンプルな話で、ボケたお婆ちゃんの効果的な使い方くらいしか印象にないんですが、なぜか全体的なまとまりが良く「名作」と言わしめられる作品です。

ジンクス
ジンクスさん / 2017年2月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアルかつ斬新。

もし、こんな侍が実在しても教科書の歴史に刻まれることは無いでしょうが、何者にも流されない、本当に強い侍の映画。

にゃんた
にゃんたさん / 2016年5月10日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

大好き真田さんw

いやいや、いい映画です。 原作小説の藤沢周平作品をこの頃から知りました。

ドラマ化、映画化多くされてますが中でもこの作品が一番出来がいいですね。

真田広之さん男気あってかっこいいし、宮沢りえさん大和撫子演じてかわいいし。

アメリカが西部劇やってた時代にあった日本の武士社会のささやかな幸せ。

イイですね。

44mm
44mmさん / 2015年3月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本人の鑑 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

時代に翻弄されながらも気高く生きた侍の物語。愛する人々を思って日々生きていくことが、どれだけ素晴らしいことかを気づかせてくれます。貧しさや時代の理不尽さをもろともしない、崇高な日本人の心を感じられる作品です。

この頃スペクタクル映像で魅せてくれるハリウッド映画ばかり観ていたので、邦画の良さを改めて感じました。男はつらいよシリーズも好きですが、この映画は山田洋次の最高傑作だと、私は思います。

ローランド山
ローランド山さん / 2014年7月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

75点 壬生義士伝 の ソフトばーじょん

(2012/6/17)

共に主人公に惹きつけられるが、
 こちらは刺激ある描写を抑えた作りになってる

時代背景も、おかれた立場も大体同じ。

壬生義士伝の
  胸が張り裂けそうな緊迫感
              ・・もいいけど、

こちらのまったりめな雰囲気もわるくない

2013年3月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一人の庶民としての侍の生き様を描ききる演出の良さ

総合:85点 ストーリー:75点|キャスト:80点|演出:90点|ビジュアル:70点|音楽:65点

 時代劇といえば集団での派手な切りあいや大きな出来事があったりするものだが、本作品ではそれほどたいした出来事が出てこない。むしろ謀反やさらに最も大きな出来事である戊辰戦争があったとき、その場面はあっさりと省略されてしまっている。描かれるのは所帯臭くて目立たない貧乏侍の日常生活。それに加えて、侍としての危険な出来事と危険な任務を否応なく受けざる得なかった出来事と、女の話だけ。確かにそれは個人として命懸けの大きな出来事ではあるが、派手なものが多い時代劇ではそれほどたいしたことではない。
 しかしそんな庶民的なありふれた侍を描く演出がとても優れている。刀を振り銃弾の中を突撃する戦争などなくても、侍を一人の人間としてしっかりと描いていくだけでこれだけ見応えのある物語になる。家庭のこと、仕事のこと、恋愛のことのようなこの時代によくいた貧乏人としての生活、そして侍としての体面、果たさなければならない義務といった武士としての姿までを思い入れ深く表現しているのが実に素晴らしかった。だから登場人物の感情や生き様やささやかな幸せが確かに伝わってくる。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

庄内地方がモデルの幕末海坂藩が舞台の感動作! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

庄内地方の景色が素晴らしい。
藤沢周平の文学は、庄内地方をモデルとした架空の海坂藩が舞台となる時代劇が多い。
城下町鶴岡と港町酒田からなる庄内藩は、幕末の重要な藩のひとつであり、【たそがれ清兵衛】は、名もなき下級武士の家族愛を描いた感動のドラマですね!(涙)

漫画史研究家の本間正幸
漫画史研究家の本間正幸さん / 2011年8月27日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD、TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

学問したら、考える力がつくんだ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

先日鑑賞した映画「たそがれ清兵衛」(山田洋次監督)
(主演:真田広之さん、宮沢りえさん)からの一言。
貧しい武士だった清兵衛は、たそがれ時になると、
一切の贅沢をせず、まっすぐ帰宅し、内職に励む。
この台詞は、清兵衛の娘が炉を囲んで、
「論語」を一所懸命、諳んじている場面だったと思う。
裁縫などの家事は、覚えれば覚えるほど、
生活の役に立つけれど、学問は?・・と感じたのだろうか、
「学問したら、なんの役に立つんだろう?」と
父親の清兵衛に投げかける。
その答えが「考える力がつくんだ」だった。
これからは、自分で判断しなければならない時代が来る。
今までのように、支持・命令されたことを忠実に守って
正確に、そして丁寧に仕上げていけばよい時代は終わって・・。
だから女子(おなご)でも、考える力をつける必要があるんだ。
そんな会話をした時の台詞メモである。
娘が小さい頃「どうして、勉強なんてするの?」と質問されて、
うまく答えられなかった自分を思い出していた。
そうだ、考える力をつけるためだよ、と今度は言える。(笑)
映画には、きらっと光る台詞が多くて私は忙しい。

shimo
shimoさん / 2008年9月23日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

20件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi