日本鬼子(リーベン・クイズ) 日中15年戦争・元皇軍兵士の告白

劇場公開日

日本鬼子(リーベン・クイズ) 日中15年戦争・元皇軍兵士の告白
25%
75%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1931年の満州事変から15年間に及んだ日中戦争で、中国に対する侵略行為の実行者となった元日本軍兵士14人を取材し、彼らが行った加害行為の告白を記録したドキュメンタリー。生体解剖や細菌実験を繰り返した軍医、731部隊隊員や、自らの功績や名誉のために拷問と大量処刑を行った憲兵、上級者の下級者に対する私的制裁によって日本軍特有の軍隊機構を叩き込まれ、人間性を喪失した兵士たち。生い立ちや学歴、職業、軍隊での経歴も様々な証言者たちが、人間の行いうる狂気のような行為と弱さ、そして本当の戦争を伝えたいという痛切な思いから、彼ら自身が行った壮絶な事実を語る。2001年製作・公開。19年8月には、東京・シアター・イメージフォーラムにてDCP版でリバイバル上映。

2001年製作/160分/日本
配給:ダゲレオ出版
日本初公開:2001年12月1日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5衝撃的な記録映画

2019年9月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

日中戦争中の日本軍の悪業(なんてレベルではないが)を加害者側の証言から纏めた記録映画。恐ろしい。
南京大虐殺の死者には諸説があるし、虐殺など無かったとまで言う人もいるようたが、真実はこの映画にあると思う。
“中国人は日本人とは違う下賤な人もどき”だから、軍において命令は絶対だから、意気地無しと思われて軍内部の出世競争で負けたくなかったから。。。全体主義の雰囲気の中で人が人でなくなっていく過程が、ナレーションでなく本人の証言により明らかになっていく。そして、次第に人間性を失った兵士たちは、敗戦後中国国内に抑留され“思想改造”され、日本国内に戻ってきても居場所が無くなってしまったのだ。本人たちは日本のためにやった(と信じていた)のに。。実に日本人らしいエピソードに反吐がでる。
人ってここまでやれるものなのか。相手の顔を見ながらも無罪の一般市民に残虐の限りを尽くす日中戦争の日本軍の所業も恐ろしい。相手の顔すらも見ず一気に数万の市民の命を奪う原爆も恐ろしい。人間性を失わせる戦争なんて、本当にたくさんだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あいわた

4.0チャン○○だから、命令だから、度胸がないと思われたくないから

Imperatorさん
2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Imperator

4.0虐殺と強カンと略奪と放火

2019年9月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 はじめに断っておくが、強カンとカタカナで表記するのは、本サイトが強カンのカン(女が3つ)という漢字を禁止漢字にしているからである。女が3つで「かしましい」と読むが、話し声がうるさいという意味である。昭和のお笑い芸人に「かしまし娘」というのがいて、「女三人そろったら、かしましいとは愉快だね」と歌っていた。漢字が禁止になったら、かしましいという言葉もなくなっていくのだろう。

 大抵の方はご存知だと思うが、知らない人のために念の為。タイトルの「日本鬼子」は中国語で「日本の悪魔」を意味する。リーベンクイズは「日本鬼子」のピンイン(ri ben gui zi)である。

 関東軍をはじめとする日本軍が中国で非道の限りを尽くしたことは、本多勝一の「中国の旅」を読んである程度の内容は知っていた。しかし実際に手を下した本人たちの証言は文字と写真で見るよりずっと生々しい。恥も外聞も捨て世間からの非難も右派からの弾圧も恐れずに証言したことは、非常に勇気のあることである。

 戦争時は虐殺、強カン、略奪、放火を繰り返した人非人たち。病気の父親の目の前で女を強カンし、強カンした女を井戸の中に捨て、追ってきた子供が母を追って井戸に飛び込むと、そこに手榴弾を投げ込む。別の家では病人だけは助けてくれと泣いてすがる農民を足蹴にし、火のついたコウリャンを大量に家の中に投げ込んで、扉に鍵をかける。中の病人ともども蒸し焼きである。
 捕まえてきた中国人を縛り付けて初年兵の銃剣の練習台にする。本物の人間である。最初は人を殺すことの大きな壁に阻まれるが、何人も殺すうちに人道を忘れ、日常茶飯事のように人を殺せるようになる。新しい刀が届いたからと言って、穴を掘った横に中国人の首を出させて一刀両断する。
 あるいは中国人に全身麻酔を吸わせて生きたまま生体実験をする。赤痢菌、ペスト菌などを投与したり、血管に空気を注射してどれぐらいで死ぬか時間を測るなど、やりたい放題である。麻酔が切れたときの想像を絶する痛みを想像して、こちらが慄えてしまう。
 人間のすることと思えない残酷冷血なことばかりしてきた日本兵に対し、周恩来率いる中国政府は、彼らも人間であり人権があるから、大切に扱うようにと通達を出すのである。新約聖書の「マタイによる福音書」の中に「汝の敵を愛し、迫害する者のために祈れ」とある。そんなことができる人間がいるものかと思っていた。しかし周恩来は日本人の残留戦犯たちに食事を与え、衣服を着せ、寝る場所を用意する。
 衣食足りて礼節を知るという。誰もが知る中国の諺だ。食欲と性欲は現地調達であった飢えた狼のような日本兵も、平和で衣食住の足りた生活を送る中で、次第に人間性を取り戻し、それを待ってから中国は戦争裁判をする。日本人の戦犯たちは深い反省の心で正直に証言し、中には自ら極刑を望むものもいた。しかし死刑や無期懲役の判決はなく、禁錮10年か20年の刑、そしてその多くは満期前に釈放された。
 本作品で加害の状況を生々しく語るのは、そうした中国の人道的な扱いに浴してきた人々だ。帰国して中共に染まったと非難されながら、鬱々とした人生を生き、漸く本当のことを語りはじめた。残り少ない人生を嘘のまま終わりたくなかったのだろうか。彼らが語りはじめても、日本兵がそんな酷いことをしたとは家族の誰も信じなかったし、いまさら話さなくてもいいだろうと諌めたが、本人はどうしても語りたかったのだ。

 軍隊は中学校や高校の部活と同じ精神構造である。体育会系の部活の目的は試合に勝つことであり、そのための厳しい練習もするが、一方では先輩が後輩をいじめる階級社会でもある。悪ふざけに後輩を巻き込み、ときには違法行為や犯罪行為にも平気で踏み込む。野球部員が喫煙したとか飲酒したとか、屡々新聞に載るが、あれはごく一部、氷山の一角だ。いまでも沢山の子どもたちが先輩から万引やいたずらを命じられているだろう。
 子供は価値観の相対化を知らない。言われたことを鵜呑みにしてしまう。試合に勝たなければならないと言われればそのとおりだと思う。どうして試合に勝たねばならないのか、どうして試合をしなければならないのかという疑問は持たない。子供は孤独に弱く、人間関係が壊れるのを嫌う。だから理不尽と解っていても先輩の命令に従うのだ。その先輩はと言えば、階級社会の上位にいることを楽しみ、理不尽な命令をして喜ぶ。コーチや監督が何も言わないのは、彼らも同じ人種だからである。他の国民はどうだか知らないが、少なくとも日本人は組織の大義名分をかさにきるクズが大量に存在する。
 オリンピックで金メダルが目標と語る選手を応援するのはいいが、その選手を頂点にした巨大なヒエラルキーの下の方は、コーチや監督や先輩が絶対という階級社会の歪みに喘ぐ子供たちである。その子供たちは、より弱い子供たちをいじめ、万引をさせたり少女買春をさせたりする。日本軍が勝った勝ったと大騒ぎしている陰で、中国で日本兵が非道の限りを尽くしていたのと同じ構図だ。
 大学のアメリカンフットボールで敵のクオーターバックにルール違反のタックルを仕掛けた選手がいた。コーチの命令には逆らえないという雰囲気。個人よりもチームという大義名分、それに封建主義。日本の学校の部活にはこういった精神性がいまも色濃く残っている。それは再び外国に行ってその地の無辜の女子供を強カンし殺戮し略奪し焼き尽くす精神性である。人間を個人として尊重する日本国憲法の精神とは正反対だ。それがいまの日本の現実であると思うと、絶望感しか残らない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
耶馬英彦

4.0日本人が中国に行った残虐行為レポート

ちゆうさん
2019年9月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

被害者側から画いた作品は数限りなくあるが、加害者側から画いた作品は珍しいため鑑賞に出かけた。
結果・・・
インタビューを受けている加害者たちは何か嬉々として回答しているように自分は感じて
しまい、吐き気がしてきた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ちゆう
すべての映画レビューを見る(全5件)

他のユーザーは「日本鬼子(リーベン・クイズ) 日中15年戦争・元皇軍兵士の告白」以外にこんな作品をCheck-inしています。