モスラ(1996)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
25%
62%
0%
13%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

長い封印を解かれ現代に甦った悪魔の怪獣と戦うモスラたちの活躍を描いた怪獣パニック映画。監督は本作で監督デビューを果たした米田興弘。脚本を「ACRI」の末谷真澄が担当し、特技監督には「ゴジラVSデストロイア」の川北紘一があたっている。モスラを護る妖精・エリアスにこれが映画デビューとなる小林恵と「ぼくは勉強ができない」の山口沙弥加がふんし、人間側の主人であるふたりの子役の両親には「ふうせん2」の高橋ひとみと「人間交差点・雨」の梨本謙次郎。

1996年製作/106分/日本
原題:Mothra
配給:東宝

ストーリー

北海道・紋別の工事現場で巨大な化石が発見された。現場監督の後藤裕一は、化石についていた紋章を娘・若葉の土産にと持ち帰った。ところが、それは大昔、妖精のエリアスたちが宇宙怪獣デスギドラを閉じこめた封印だったのだ。封印が解かれたことを知ったインファント島のモルとロラは、デスギドラ復活を妨ごうと日本へ向かう。一方、ふたりの姉である魔女・ベルベラもデスギドラを自分の家来にするために、子分のガルガルを従えて日本をめざしていた。若葉が紋章を持っていることを知ったモルたちは、妹・若葉と母・真紀子を守るために勇気と知恵をふりしぼった大樹の協力を得ながらも、一足先に来ていたベルベラとの戦いに敗れてしまう。工事現場に向かったベルベラを追って、フェアリーたちは後藤家の人たちと一緒に北海道へ飛んだ。しかし、時すでに遅くベルベラによってデスギドラは呼び起こされ、復活してしまっていた。デスギドラを倒すには守護神モスラしかいないと考えたモルとロラは、インファント島からモスラを呼び寄せる。しかし、卵を生んだばかりのモスラは凶暴なデスギドラの前に苦戦を強いられた。その時、モルとロラは遠く離れたインファント島で卵が孵るのを感じとっていた。生まれたばかりの幼虫モスラは、親モスラを助けるために海を渡ってこようとしていたのである。日本に到着した幼虫モスラは、親モスラの危機を救うために果敢にもデスギドラに向かっていった。しかし、まだ成長しきっていない幼虫モスラは、デスギドラの敵ではなかった。幼虫モスラをかばった親モスラは命を落としてしまう。幼虫モスラは生まれ変わるために屋久島で繭をつくり、成虫に成長した。デスギドラも成長を遂げ、二匹はより激しい戦いを展開したが、モスラの力を信じるモルとロラ、そして地球の平和を願う後藤家の人々の祈りが通じ、モスラはデスギドラを倒すことに成功する。ベルベラから紋章を奪い返したモルとロラは、再び地底深くにデスギドラを封印するのだった。モスラは戦いによって廃墟となった大地に緑を甦らせると、モルとロラとともにインファント島に帰っていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5モスラvsデスギドラ

近大さん
2020年4月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

楽しい

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
近大

3.0ファンタジー色が濃い目。

2018年10月5日
Androidアプリから投稿

楽しい

興奮

 「平成モスラ三部作」第1部。

 VHSで鑑賞。

 「ゴジラVSデストロイア」でゴジラシリーズが一区切りを迎え、ハリウッド版公開までの繋ぎの意味もあったのか、35年振りにモスラの主演作が製作されました。ゴジラシリーズとの差別化を図ってか、ファンタジー要素が前面に押し出されており、都市破壊シーンはありませんし、自衛隊も登場しません。バトルエリアも森林地帯だけに限定されていました。

 “エリアス三姉妹”という小美人たちがこれまで以上に妖精のように描かれ、小型モスラのフェアリーや三姉妹の長女が操るガルガルが繰り広げる森の中での小さな空中戦など、まるでメルヘンの世界。
 子供を主役にして、さながら昭和のガメラシリーズのような趣きがありました。ジュブナイル的なストーリーが展開されました。大人たちの振りかざすエゴをぶち壊す力の凄まじさは子供ならでは(笑)

 モスラが主役なだけに女の子も観れる特撮映画を目標にしていると見えて、男の子が観ると少々物足りない…。
 上記のように都市破壊シーンがないのでスペクタクル感が皆無…。敵怪獣であるデスギドラのビジュアルがカッコいいのと、モスラとデスギドラのバトルを描く川北紘一特技監督の円熟の特撮が堪能できるのがせめてもの救いかも…。
 デスギドラは、柔らかい印象のモスラに対して、これまでの東宝怪獣とは一味違った“クリーチャー感”が足されたギドラ系怪獣になっているのがポイントでございます。

 冒頭、モスラの産卵シーンが描かれました。幼い頃から、モスラはどうやって卵を産んでいるのかとても気になっていましたが、あんな幻想的な感じだったんですなぁ…。衝撃的でした。産んでるのは産んでますが、体から出て来るわけではないんだなと思いました(笑)

 幻想的と言えば、デスギドラとの対決に敗れた親モスラの仇を討つため、幼虫が屋久杉の根元に繭を張り自然のパワーを貰って新モスラとなる場面が秀逸でした…。三部作ごとにモスラは次々にパワーアップしていきますが、その第一段階として大地の力を受け継ぎました。

 本作のテーマはずばり環境破壊。「ゴジラVSモスラ」にも通じるような内容でした。地球の守護神たるモスラからのメッセージを、しっかりと受け取らないといけない…!

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
しゅうへい(syu32)

2.5今回は環境破壊

2018年6月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

北海道でキングギドラの封印を解いてしまい、妖精小女がモスラを北海道に呼び出す。
しかし、モスラは寿命が尽きようとしていた。
時代を反映し、北海道の環境破壊の警鐘として怪獣が現れることに。
都市の破壊はなし。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る