息子(1991)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
15%
61%
15%
3%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

田舎に住む父親と都会でフリーアルバイター生活を送る息子との対立と和解を通して、家族の真の幸福を描くドラマ。椎名誠原作『倉庫作業員』を基にした映画化で、脚本・監督は「男はつらいよ 寅次郎の休日」の山田洋次。共同脚本は同作の朝間義隆。撮影は同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。主な出演者は「釣りバカ日誌3」の三國連太郎、「喪の仕事」の永瀬正敏など。

1991年製作/121分/日本
配給:松竹

ストーリー

東京・新宿の居酒屋でアルバイト生活を送る哲夫のもとへ、ある日、父・昭男から電話がかかってきた。「母親の一周忌だから帰って来い」という昭男の言葉に重たげに受話器を置く哲夫。数日後、浅野家の法事が行われている岩手の田舎にアロハシャツにジーンズ姿で駆け込む哲夫は、親族が集まる中で居心地悪そうに席につく。その夜、久びさににぎわう浅野家では、東京でサラリーマン生活を送る長男・忠司夫婦が、昭男の今後の生活について心配していた。そして翌日、それぞれに自分たちの生活に帰っていく子供たち。そんな中でひとり居残る哲夫だったが、東京でのフラフラした生活を父にたしなめられ、お互いの心の溝を深めるばかりであった。東京に戻った哲夫は、仕事を変えて下町の鉄工場で働くことになる。肉体労働のきつい仕事に半ば諦めかけていた哲夫の前に、取引先の倉庫で働く征子という女性が現れ、それによって哲夫の仕事は意外に長続きするようになる。しかし、哲夫と征子の間柄はいっこうに進展を見せず、毎日会っても微笑むばかりの征子にもどかしさを感じた哲夫は、その想いを手紙に書いて征子に渡す。そんなある日、いつものように倉庫に出向いた哲夫は、そこで征子の先輩の女工から、彼女がろうあ者だと聞かされ衝撃を受けるのだった。そして夏が終わり冬になった。戦友会に出席する為に昭男は上京して、忠司が東京近郊に買ったばかりのマンションを訪れる。忠司夫妻は昭男に、「このマンションの奥の六畳間に父の部屋を用意したから、ここで一緒に暮らそう」と言う。そんな忠司の誘いをかたくなに断った昭男は、岩手への帰り際に哲夫のアパートを訪ねた。哲夫が落ち着いて仕事をしていると聞いて安心する昭男。そして哲夫は、「結婚したい女性がいる」と昭男に征子を紹介するのだった。前にも増して美しくなった征子を前にドギマギする昭男は、彼女と一所懸命言葉を交わし、手話やファクシミリでやりとりしているふたりを見ながら、不思議に身体の芯から暖まるような安らぎを感じるのだった。征子の帰ったアパートで哲夫は、昭男の歌を初めて聞く。それは美しい歌ではなかったが、父の真のうれしさがこもっていた。そして哲夫の結婚を心から喜ぶ昭男は、東京で買ったファクシミリを持って雪の降り積もる岩手の実家へと戻るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第15回 日本アカデミー賞(1992年)

受賞

作品賞  
主演男優賞 三國連太郎
助演男優賞 永瀬正敏
助演女優賞 和久井映見

ノミネート

監督賞 山田洋次
脚本賞 山田洋次 朝間義隆
音楽賞 松村禎三
新人俳優賞 永瀬正敏
新人俳優賞 和久井映見
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0本作息子と学校Ⅲは表裏一体なのかもしれません

あき240さん
2020年4月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

本作は1991年公開です
そして学校Ⅲは1998年公開です
バブル最高の株価をつけたのは1991年早春の事でした
本作のラストシーンがその年の早春です

一方、学校Ⅲが公開された1998年はバブル崩壊が遂に大崩壊に至った年です
前年の1997年には一流の大企業であった山一証券や、北海道を代表していた北海道拓殖銀行が経営破綻し、公開5日前には日本長期信用銀行までが破産するに至っています

つまり本作バブル絶頂期に至る戦後日本の良い時代の人生を扱っています
そして学校Ⅲではバブル崩壊後の人生とは何かを扱っているのだと思います

本作での三國連太郎は、恐らく60代半ば
二人の息子はそれぞれ40歳前後、30歳手前くらいに見えます
その間に娘が生まれたのでしょう
長男と娘は団塊の世代そのものです
団塊の世代の下の世代です

父は1920年代後半の生まれでしょう
戦争に行ったのは20歳前後の事でしょう
彼は復員して結婚し、二人の息子と長女の三人の子供をもうけ、岩手で農家をしながら三人を育て上げる為に、農閑期は東京に出稼ぎをしてきた人です
その人生がラストシーンに凝縮されています

正に戦後日本の辿った姿が彼の人生にそのままリンクされているのです

その彼の人生も終わろうとしています
日本も登り坂の時代は終わろうとしています
後は子供達がしっかりとそれぞれの人生を送ってくれたら思い残すこともない

娘はしっかりとした主婦となり心配は無い
長男は彼なりに東京で苦労はしていても頑張っている
しかしバブル崩壊の予感は微かにある
その後を託すべき次男の世代はまだまだ腰がざまらない
それは将来の日本への不安そのものが投影された人物だったのです

しかし、その次男もしっかりとした偏見を持たず真っ直ぐに育ってくれていた事を知り嬉しくて仕方無かったのです
冒頭の外国人のバイト仲間に優しい声をかけ、序盤の葬式後の場面で二人の幼い女の子になつかれているシーンはその人物説明です
いいではないか!はそこに直線でつながっているのです

和久井映見の美しさ可憐さは素晴らしく、この配役は大成功です
彼女出なければ本作はこれほどの成功は無かったのではと思います

父のその後、息子たちのその後は本作では語られません
長男は学校Ⅲにつながって行く運命かも知れません
次男の鉄鋼店はバブル崩壊で倒産しているかも知れません
それでもあの夫婦ならきっとなんとか生きていると思いたいです
岩手に夫婦で帰って父と暮らして農家になっているかも知れません
逆に、次男は懸命に働きすぎ過労死で死んでしまい、聾唖者の妻には学校Ⅲのような運命につながって行くのかも知れません

本作には現役を退場していこうとする世代の人生が、戦後日本と21世紀の未来に向けての思いが重ねられていたのだと思います

その21世紀の未来は今なのです
長男も次男も本作の父の年齢になっているころなのです

父と同じ歳になった息子が、一人寂しくワンルームのアパートに帰ってきた時に見る若い時の家族達が揃った幸せな幻想

それは本作の中のシーンなのです
長男はホームビデオの中の映像
次男は父がアパートに訪ねて来た夜のことかも知れません

名作です
泣きはらしました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.5めちゃくちゃ良映画やった…

みなさん
2020年4月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

幸せ

始め数十分はまったりとしていて油断してたけど、永瀬正敏の「いいではねぇか!!」あたりから人間関係が加速してラストは感動と哀愁の深い溜め息漏れました。この老人と家族のお話を「息子」と題したのもミラクル。山田洋次しゅごい。ファックス買う道中の笑顔。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな

4.0とてもよかった

2020年1月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩

3.5題名だけで泣ける反則映画(笑) なんてことないストーリーなのだが登...

2018年12月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

題名だけで泣ける反則映画(笑)
なんてことないストーリーなのだが登場人物が哀愁漂う。
三國蓮太郎、やっぱり味あります。息子さんはまだまだ足元にも…ですね。
原田美枝子が超美人、和久井映見も超可愛い、華やかです。ラスト、息子の嫁にちょっと恋してるようで怖い(笑)

親父にとって自分はどんな息子だったろうか、息子にとって自分はどんな父親だろうか、そんなことを考えてしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る