劇場公開日 1994年7月16日

平成狸合戦ぽんぽこ : 関連ニュース

Netflix、ジブリ21作品を世界配信へ 日本、米国、カナダは除外

Netflix、ジブリ21作品を世界配信へ 日本、米国、カナダは除外

米Netflixが、日本、アメリカ、カナダを除いた世界約190の国と地域でのスタジオジブリ21作品の配信権利を獲得した。2月から配信開始される。スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫氏は、「いまの時代は、映画を観客に届ける様々な手段がありま... 続きを読む

2020年1月21日
年末年始、テレビで見られるオススメ映画 「ラ・ラ・ランド」「男はつらいよ」「インディ・ジョーンズ」シリーズなど

年末年始、テレビで見られるオススメ映画 「ラ・ラ・ランド」「男はつらいよ」「インディ・ジョーンズ」シリーズなど

年末年始はなつかしの洋画、邦画や近年の話題作がテレビで連日放送され、隠れた名作に出合うチャンス。来年22年ぶりの新作が公開の「男はつらいよ」第1作や初期作、映画史に残る不朽の名作「風と共に去りぬ」や、オードリー・ヘプバーン代表作、人気シリー... 続きを読む

2019年12月27日
高畑勲監督の回顧展スタート 「パンダコパンダ」「ハイジ」新発見資料など1000点以上展示

高畑勲監督の回顧展スタート 「パンダコパンダ」「ハイジ」新発見資料など1000点以上展示

昨年4月5日に死去した日本アニメーション界の巨匠・高畑勲監督の回顧展「高畑勲展――日本のアニメーションに遺したもの」の記者内覧会が7月1日、会場となる東京国立近代美術館で行われた。本展は、“絵を描かないアニメーション監督”高畑勲の演出術に注... 続きを読む

2019年7月1日
湯浅政明監督「きみと、波にのれたら」アヌシー国際アニメ映画祭の長編コンペ部門出品

湯浅政明監督「きみと、波にのれたら」アヌシー国際アニメ映画祭の長編コンペ部門出品

湯浅政明監督のオリジナル劇場アニメ最新作「きみと、波にのれたら」が、世界最大規模のアニメーション映画祭として知られるフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭」の長編コンペティション部門に出品されることが決まった。同映画祭は、6月10~15... 続きを読む

2019年4月17日
高坂希太郎監督作「劇場版 若おかみは小学生!」が仏アヌシー映画祭コンペ部門選出

高坂希太郎監督作「劇場版 若おかみは小学生!」が仏アヌシー映画祭コンペ部門選出

「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「風立ちぬ」などの作画監督として知られる高坂希太郎が、「茄子アンダルシアの夏」以来約15年ぶりに劇場アニメの監督を務めた「劇場版若おかみは小学生!」が、フランスで6月11~16日(現地時間)に開催されるアヌ... 続きを読む

2018年5月6日
【パリ発コラム】フランス文化をこよなく愛した高畑勲監督 大使館、映画界も巨匠死去に大きな悲しみ

【パリ発コラム】フランス文化をこよなく愛した高畑勲監督 大使館、映画界も巨匠死去に大きな悲しみ

去る4月5日、高畑勲監督が82歳で亡くなったニュースは、フランスでもTVや新聞、ウェブなどで大きく報道された。とくに70年代から彼の「アルプスの少女ハイジ」を含む日本のアニメシリーズがTVで放映され、現在もジャパニメーションやマンガの人気が... 続きを読む

2018年4月29日
巨匠・高畑勲監督が死去、享年82歳 鈴木敏夫氏が追悼「さぞかし無念」

巨匠・高畑勲監督が死去、享年82歳 鈴木敏夫氏が追悼「さぞかし無念」

日本アニメーション界の巨匠、高畑勲監督が4月5日に死去していたことがわかった。享年82歳だった。スタジオジブリは6日、鈴木敏夫プロデューサー名義で「やりたい事がいっぱいある人だったので、さぞかし無念だと思います。宮崎駿とも相談し、ジブリとし... 続きを読む

2018年4月6日
湯浅政明監督「夜明け告げるルーのうた」アヌシー国際アニメ映画祭長編部門グランプリ!22年ぶり快挙

湯浅政明監督「夜明け告げるルーのうた」アヌシー国際アニメ映画祭長編部門グランプリ!22年ぶり快挙

フランスで開催中のアヌシー国際アニメーション映画祭2017の受賞結果が6月17日(現地時間)に発表され、湯浅政明監督のオリジナル劇場アニメ「夜明け告げるルーのうた」(公開中)が、長編部門のグランプリにあたるクリスタル賞を受賞した。長編部門グ... 続きを読む

2017年6月18日
岩井俊二監督の初長編アニメ「花とアリス殺人事件」が仏アヌシー映画祭コンペ部門選出

岩井俊二監督の初長編アニメ「花とアリス殺人事件」が仏アヌシー映画祭コンペ部門選出

岩井俊二監督による長編アニメーション映画「花とアリス殺人事件」が、フランスで6月15日から20日(現地時間)まで開催される第37回アヌシー国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門に出品されることが決まった。同作は、岩井監督が200... 続きを読む

2015年4月29日
原恵一監督、「百日紅」でアヌシー映画祭に4年ぶり参加!杏ら声優陣も祝福

原恵一監督、「百日紅」でアヌシー映画祭に4年ぶり参加!杏ら声優陣も祝福

江戸風俗研究家で漫画家だった故杉浦日向子氏の作品をアニメーション映画化した「百日紅MissHOKUSAI」のジャパンプレミアが4月28日、東京・TOHOシネマズ日本橋で行われ、声優を務めた杏、松重豊、濱田岳、子役の清水詩音ちゃん、原恵一監督... 続きを読む

2015年4月28日
パリのジブリ展が大盛況 アニメファンの新名所で開催

パリのジブリ展が大盛況 アニメファンの新名所で開催

世界的にも珍しい、アニメ、コミック系のエンターテインメントに特化した美術館がパリにあるのを、ご存知だろうか。オステルリッツ駅に近い13区のセーヌ川沿いにある、スタイリッシュな建物の一角に位置するアールルディック(ArtLudique)だ。昨... 続きを読む

2014年12月7日
アヌシー映画祭の長編コンペ部門に日本から2作品が出品

アヌシー映画祭の長編コンペ部門に日本から2作品が出品

6月4日から9日まで仏アヌシーで開催される、第34回アヌシー国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門のラインナップが4月25日(現地時間)に発表され、日本から「アシュラ」と「星を追う子ども」が入った。今年の同映画祭に出品される長編... 続きを読む

2012年4月29日
「ラピュタ」「千と千尋」……ジブリ作品の魅力的な舞台はどこ?

「ラピュタ」「千と千尋」……ジブリ作品の魅力的な舞台はどこ?

7月16日に公開され、早くも本年度邦画興行収入No.1となったスタジオジブリの最新作「コクリコ坂から」。横浜・元町を舞台にした本作は、スタンプラリーや各種展示など横浜市が協力するキャンペーンが行われ、作品と共に映画の舞台を楽しむ企画が展開中... 続きを読む

2011年9月23日
高畑勲、新作の完成は「まだまだ」

高畑勲、新作の完成は「まだまだ」

アニメーション映画監督の高畑勲が9月2日、東京・江東区の東京都現代美術館で「フレデリック・バック展」の開催記念トークショーに、女優の竹下景子、工芸家の稲本正とともに出席した。バック氏は人間と自然とのかかわりや環境問題などのメッセージを込めた... 続きを読む

2011年9月2日
「ブッダ」仏アヌシーアニメ映画祭に出品

「ブッダ」仏アヌシーアニメ映画祭に出品

手塚治虫原作の人気漫画を映画化した「手塚治虫のブッダ赤い砂漠よ!美しく」が、アヌシー国際アニメーション映画祭のパノラマ部門に出品されることが決定した。同映画祭は世界4大国際アニメ映画祭(アヌシー、ザグレブ、オタワ、広島)のひとつで、6月7~... 続きを読む

2011年4月16日

スタジオジブリの次回作は、高畑勲監督の「竹取物語」的映画

スタジオジブリの次回作として、「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」の高畑勲監督が「竹取物語」を題材とした鳥獣戯画タッチの長編アニメを現在製作中であることが分かった。アジア映画専門ニュースサイトAsianMoviePulseなどが報じたもので... 続きを読む

2009年10月1日
宮崎駿&高畑勲監督オススメの名作が公開!ジブリ美術館ライブラリー会見

宮崎駿&高畑勲監督オススメの名作が公開!ジブリ美術館ライブラリー会見

「平成狸合戦ぽんぽこ」の高畑勲監督や新作映画「崖の上のポニョ」が今夏公開予定の宮崎駿監督が薦める作品を中心に、世界の優れたアニメーションを紹介する“三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー”事業。08年3月より、日清製粉グループが特別協賛することに... 続きを読む

2008年2月20日
スタジオジブリ最新作「崖の上のポニョ」の主題歌12月発売!

スタジオジブリ最新作「崖の上のポニョ」の主題歌12月発売!

宮崎駿監督のスタジオジブリ最新作「崖の上のポニョ」(08年夏公開)の主題歌が12月5日に発売されることが、10月7日に発表された。主題歌を歌うのは、児童劇団に所属する子役の大橋のぞみ(8歳)と、団塊の世代に支持される藤岡孝章(55)と藤岡直... 続きを読む

2007年10月10日
トトロの森を描いた絵職人・男鹿和雄展、21日から東京で開催

トトロの森を描いた絵職人・男鹿和雄展、21日から東京で開催

「となりのトトロ」や「もののけ姫」など、スタジオジブリ作品の背景画を数多く描き続けてきた、アニメーション美術監督の展覧会「ジブリの絵職人男鹿和雄展」が、7月21日より9月30日まで東京都現代美術館(MOT)で開催される。男鹿氏は、52年秋田... 続きを読む

2007年7月19日
「平成狸合戦ぽんぽこ」の作品トップへ