「フィリップ君。」

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

死んでしまった少女を探し求めるロボット、フィリップ君の切ない思いを描くSFメルヘン。TV番組“えび天”の名物監督として知られた岩崎友彦の監督・脚本による初の16ミリ劇映画で、伊丹市自主制作の劇映画シリーズの五作目。全てオーディションで選ばれた新人ばかりでキャスティングされた。

1992年製作/40分/日本
配給:伊丹映画祭実行委員会=プロダクション・ゾオン

ストーリー

闘病生活の末帰らぬ人となった少女たえ子。ボーイフレンドのタカシは彼女が大切にしていたロボットのフィリップ君を形見に譲り受ける。時が経ち、悲しみが薄らぐにつれタカシは自分を見守っていたチエの方に心が傾くが、たえ子が死んだことが分からないフィリップは彼女の姿を探し回り、天国に言ったということを聞いて飛行機に乗ろうとしたり、ロケットを作って空を飛ぼうとしたりする。そんなフィリップに応えるかのように、たえ子と最後に別れた河原には、彼女が好きだった花が一面に咲き誇るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く