弾丸ランナー

劇場公開日

5%
65%
30%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ひょんなことから追いつ追われつのランニング・デッドヒートを繰り広げることになった、3人の男たちの奇妙な関係を描いたコメディ。監督・脚本は「ワールド・アパートメント・ホラー」などで知られる俳優のサブで、この作品で監督デビューを果たした。主演には「ガメラ2 レギオン襲来」の田口トモロヲと、「TOKYO POP」のDIAMOND☆YUKAI、そして「シークレットワルツ」の堤真一があたっている。

1996年製作/82分/日本
配給:日活

ストーリー

職場でのストレスに加え、ただひとつの心の拠り所にしていた女に裏切られた安田新吉は、みんなが驚くような大きなことをしてやろうと銀行強盗を計画する。入念な下調べを繰り返し、いよいよ本番を迎えようとしたその時、安田はマスクをかけ忘れていたことに気づいた。近くのコンビニへ走った安田はマスクを万引きしようとしたが、店員の相沢健二に見つかってしまい、追われることになってしまった。実はヤク中の相沢は、異常なほど執拗に安田を追い回し、街の中をグルグルグルグルと走り回る。そのころ、山根組のチンピラ・武田一男は、組長の命を刺客から守れなかったことを悔やんで、ひとり街をさまよっていた。安田と相沢の追いかけっこにたまたま遭遇した武田は、シャブの代金が未払いだった相沢の姿を見つけて逆上し、その追いかけっこに参加することになってしまう。3人がひたすら走っている最中、組長を殺された山根組の連中は、刺客を放った鬼戸組に殴り込みをかけようとしていた。一方、その情報を入手した警察は、この機会にヤクザを一斉検挙しようとチャンスを伺っており、こちらでも三つ巴の戦いが展開されているところだった。ところが、その現場にすっかりランニング・ハイ状態となった安田、相沢、武田の3人がなだれ込んできて、現場は大混乱でパニック状態となった。激しい銃撃戦が展開された結果、相沢だけが助かったほかは、みんな命を落としてしまっていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

3.0逃走の果てには…

因果さん
2022年2月12日
iPhoneアプリから投稿

うだつの上がらない人生を打破したいとかミュージシャンとして大成したいとか裸一貫の任侠道を貫き通したいとかいった剥き出しの執着をガソリンに、肉体というマシンを駆動させる。3人の男たちは走る、走る、ひたすら走る。そのうちなぜ走っているのかもわからなくなってきて、走ることそれ自体が目的になっていく。

走ったからといってどうにかなるわけじゃないんだけど、それでも確かに何かが変わった気がする。思えば3人の登場人物たちの悩みは「走る」という自己との向き合いの外側にあるものごとへの執着だった。そして3人は「走る」ことによってその執着から脱却していく。

逃走の果てにヤクザ集団Aとヤクザ集団Bとマル暴刑事の三つ巴の戦いの渦中に突っ込んだ彼らは、もはやいかなる政治的・経済的・マッチョ的要因にも関心を示さなくなっていた。

あらゆる執着から脱却した3人だったが、その表情は死者のような虚無を湛えていた。この世界は多かれ少なかれ人々の身勝手な執着によって回っているのだから、その論理から外れた者たちは必然的に「死」へと向かうしかないのだろう。

監督のデビュー作ということもあってか、表現・技法のアラがやや目についた。バイトのいじめとかシャブ中の視界の表現とかはありふれすぎててそこにうまく個人を感じることができなかったし、妄想の中で3人がそれぞれ1人の女を犯すシーンも長ったらしくて笑おうにも笑えなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
因果

3.0ヤクザの妄想

kossyさん
2021年4月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 安田(田口)は武田(堤)から拳銃を仕入れ、相沢は武田からシャブを買っていたが金払いが滞っていた。3すくみの構図にプラスして、ヤクザの抗争がからみ、ある刑事が銃を無くしたことも絡んで、人間関係が絡みすぎの様相を呈している。

 料理人として厨房でも馬鹿にされ、恋人にも振られた男。ヤクザの兄貴と組長を救えなかった自責の念を感ずる男。ヤクを止められなくて悩む男。3人それぞれが走るが、途中、ランニングハイになってどうでもよくなってくる。かなりコミカルで、ブラックユーモアたっぷり。爽快感あふれるとまではいかないけど、十分楽しめた。

 もったいないと思うのは、通りすがりの主婦を殺してしまったことや、ヤクザ側の妄想まで取りいれてしまったこと。もっと3人中心のストーリーにすれば完璧だろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る