ゴジラ 2000 MILLENNIUMのレビュー・感想・評価

ゴジラ 2000 MILLENNIUM

劇場公開日 1999年12月11日
9件を表示 映画レビューを書く

うーん、これはヒドイな。

うーん、これはヒドイな。

Mr. Planty
Mr. Plantyさん / 2019年6月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴジラ対“岩”

 村田雄浩演ずる篠田博士は第1作の理念を受け継いで、ゴジラを殺さないという考えが浮き彫りにされる。宇宙からきた岩の塊が中心となって『インデペンス・デイ』の様相を表しはじめ、かなりSFチックな映像が中心となってしまう。この宇宙から来たと思われた岩のオブジェが『メッセージ』へと引き継がれたのかもしれない。

 背びれが一段と大きくなったプレミアムゴジラ。新たなスタートを切るにはもっと大胆なイメチェンや新たなテーマが見えてくればよかったのに、コンピュータのY2K2000年問題などから着想を得ただけの内容だった。

 新宿シティタワーの爆破は911前だけあって、大胆にやったともんだと感心する。オルガナイザーG1という治癒能力のある細胞を医学に応用できればなんて発想もあったけど、逆に考えれば軍事利用だったできそう。

 阿部寛の最期はかつての峰岸徹の最期とシチュエーションが似ているけど、こちらはゴジラの神々しさを間近で見た阿部がその狂暴なる美に酔いしれた感じがしてとても良かった。やっぱ神やな、ゴジラは。

 「ゴジラは俺たちの中にいるんだ・・・」って、んなバカな・・・ゴジラは全部妄想みたいな感じのセリフにはがっかり。

kossykossy
kossykossyさん / 2019年5月30日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

まさかのvs宇宙船(とオルガ少々) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ゴジラ映画通算23作目で新しいミレニアムシリーズになります。1999年の映画なのでCGはショボくっても、やっと多少観やすくなってきた感もあります。考えてみればここからのミレニアムシリーズは言うなれば全てスピンオフ的なパラレルワールドなんですよね。思いきった設定だ!

ハリウッド版を得てゴジラのスタイルも一新。随分とトゲトゲしてて悪い面構えになってますね。これはこれでカッコいい!光線出すときの口元の空気の揺らぎとか見せ方がリアルになってますね。舞台がゴジラが定期的に襲ってくる日本というパラレルワールドです。ゴジラが定期的に来るなるきっとゴジラ保険とかあるんだろうなぁ。定期的に日本各地の建物が破壊されるなら建設業は大儲けでも常に人手不足に違いない!

今回の敵の宇宙船は6000年前に地球に来たようなのですが、恐竜の絶滅が6500万年前で6000万年前というと原始の哺乳類が産まれた頃。そこからずっと海底で眠ってたなんて、とってもお寝坊さんですね。で、起きたら慌ててゴジラ取り込もうとしたり、地球の環境変えようとしたりと、そそっかしい慌てん坊なタイプです。

本作で阿部寛を初め、やっと最近でも見る俳優が出てきた感じがしました。20年前だけあって若い若い!それでも多少現代に近くなった気がします。やっぱりゴジラは日本を代表するシリーズだけあって阿部寛とか有名俳優も出てたんだなぁ。

ラストがゴジラ日本蹂躙で終わるので何も解決しなかった感じもしますが、評価が悪いわりに意外と楽しめました。

アキ爺
アキ爺さん / 2019年2月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

今となっては、出だしで躓いた感がすごい。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「ゴジラ」シリーズ第23作。

ハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」公開のため、「ゴジラVSデストロイア」以来日本でのゴジラ映画の製作は中断していましたが、同作があまりにも「これじゃないだろ」感が強過ぎたため、日本純正のゴジラ復活が熱望されたことで4年振りに製作されたのが本作。

ゴジラのデザインが一新されました。
身長が前作の半分近くの55mになり、背びれが大きくて鋭く紫掛かったものになりました。体色も濃緑色になり、荒々しい皮膚感になるなど、これまでのゴジラとは違いより戦闘的なフォルムになっています。何より、めちゃくちゃカッコいい!
熱線もいきなり“バーンスパイラル”な色で、従来のものより断然威力が上がっていることが想像できました。背ビレが発熱し口にエネルギーを充填していく姿は、ガメラのプラズマ火球発射前の描写とどことなく似ているような気がしました。
ゴジラはどんな攻撃を受けても死なない不死身とも言える生命力を持っていますが、その源として“オルガナイザーG1”という生体組織が設定され、きちんとした理由付けがなされたのが本作の特徴。これまでは“放射能の影響で…”みたいな若干曖昧なものでした。

ストーリーに当時話題になった“ミレニアム問題”を取り上げ、「世紀末だなぁ…」という感じが全編に漂っていました。
“空から恐怖の大魔王がやって来る”…「モスラ3」ではキングギドラでしたが、本作ではミレニアンが“大魔王”ということでしょうか?(笑)
ミレニアンがゴジラの情報を探るためにインターネット回線に侵入した際、コンピュータが一斉に変調を来したり、“千年王国”の樹立を宣言したり…滅亡へのカウントダウンが始まっていきました。
世紀末にコンピュータがダウンするという噂というか都市伝説が広まっていたことを、当時幼稚園の年長さんだった私は知る由も無く、「何かよく分からないけど怖いなぁ…」程度の感想を抱いた覚えがあります(笑)

ミレニアンがゴジラからオルガナイザーG1を吸収して怪獣化したオルガは、露骨に「エイリアン」シリーズの影響を受けていてシリーズでも異色のデザインだと思います。青味がかった光沢のある表皮が異質な存在であることをアピールして来るようでした。
巨大UFO同様、左肩から発射する波動砲のビジュアルが最高にカッコよく、お気に入りの怪獣のひとつです。

ちなみに本作は、私が初めて映画館で観たゴジラ映画でした。スクリーンで観るゴジラは大迫力で、子供心にぐさぐさと突き刺さり、強烈な印象を残してくれました。
ですが幼かったこともあり、ストーリーの全てを理解していたとは言い難いです…。ゴジラやオルガの登場場面だけを熱心に観ていたような気がします。
大人になって観返してみると、何ともかんともな感情が湧き上がって来ました。「VSシリーズ」と打って変わって暗めのストーリーだし、人間ドラマ部分のテンポが非常に悪くて少し退屈な気分になりました。行動もちぐはぐな感が拭えず、納得の行かない描写もちらほら…。
クライマックスで片桐が死ぬ意味も、正直よく理解できませんでした。ドラマティックにするために無理矢理そうしているようにしか思えませんでした。それ以前に、どうしてあれほどまでにゴジラを憎悪しているのかが不可解…。キャラクターの掘り下げ方が足りず、全く感情移入できませんでした…。
ラストの篠田の総括も、これまた無理矢理にそっち方面へテーマを持って行っているような印象を受けて、あまり心に響いて来ませんでした…。

「ミレニアムシリーズ」の開幕を告げる重要作ですが、全体的に見ても何だか出だしで躓いていた感が拭えず、その後のシリーズの一旦の終焉は、本作から始まっていたのかもしれないなと思いました。

ブレイク直前の阿部寛が出ているんですよねぇ…。それに松重豊やでんでんなど、ちらほらと有名俳優が出演していました。オバマ大統領のモノマネでブレイクしたあの漫才コンビも、エキストラで出ているのを見つけました。
今の彼らの活躍を考えると、こうやっていろんな作品に出演して経験を積んで、俳優さんというのは成長していくのかな、と。今観ると、意味の分からないキャスティングですねぇ…(笑)

※追記(2019/5/12):DVDで鑑賞。
冒頭の根室襲撃は濃霧の中ということも相まって、出色の名シーンだなぁ、と思いました。個人的に、本作で唯一手放しで誉められるところです…(笑)

syu-32
syu-32さん / 2018年7月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 興奮 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

なんだこれ

UFO がメインの敵とかどうなの?
家族の物語が物語の中心になると、急に内容がご都合主義的な感じになり、こんな事がまかり通るのかよ?と変な感覚に囚われる。
ミレニアム2000とか、タイトルが恥ずかしくなりそうで盛り上がりは少ない。
UFO が巨大生物化した時はタコの出来損ないにも見えたし、UFOを殻の様に被ってるとガメラにも見えた(笑)
ところが怪獣プロレス始まっても、もう1つ盛り上がらない。
これでは何をもってゴジラなのか?分からない。
過去の作品から現在に至るまで、様々な意味が各作品にあるだろうが、顔立ちはとんがり、背鰭はやけにでかくなり、特撮は頑張ってはいるものの、昨今のCGで拵えた奴のリアル感には及ばない。
UFO もスーパーXに毛が生えた位の印象しか残らない。
頑張って作ったのに、ストーリーがもう1つで残念過ぎる。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2017年3月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人類対UFO? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なんかUFOが主役みたいに感じた。なんで片桐だけ殺されたのかがよく分からん。

12/4追記
後半のグダグダ感がすごい

棒人間
棒人間さん / 2016年8月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

CGがしょぼい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 2000年くらのレベルじゃ仕方がないかと言えばそうでもない。『ジェラシックパーク』はもっとずっと前に丁寧な恐竜を表現していた。この映画の雑なUFOのCGは残念すぎて見ていられない。CGそのものだけではなく、変に画面に迫ってくるようなCGらしい動きもとてもダサかった。せめて引きにして雑さが見えづらくするなど工夫すべきだったのではないだろうか。

 UFOもひどかったがUFOから現れるタコ宇宙人も非常に残念だった。

 着ぐるみのゴジラと、実際の街の合成もとても雑だった。

 ストーリーもさっぱり面白くなかった。UFOを破壊するためにビルに爆弾を仕掛けて、まだ人がいるのに、時間にこだわって爆破するのもどうかと思うし、爆発するのに子供を連れてビルに近づくのも首をかしげざるを得ない。そんな場面の連発で、全員バカなのか、見るものをバカにしているのかと思った。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2014年8月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 単純
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世紀の珍作。

珍作の多いゴジラシリーズ中でも、珍作中の珍作。
冒頭の根室の一連と、ゴジラの斬新な造形はなかなかよかったものの、他はいちいち失笑が止まらないほど。

逆に、ハリウッドゴジラの批判を受けて、「本家」として期待されて頑張り過ぎて、結果とんでもなく大恥をかいた感じが、なんだかかわいらしいから不思議な映画。

がらだま
がらだまさん / 2013年8月10日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴジラの新しい造形に魅力を感じなかった

シリーズ23作目。

1995年に平成VSシリーズが終了した後、1998年に待望のハリウッド版が公開された。
期待して待っていたのだが、これが見事に裏切られ、そのショックは今も癒えない。
翌1999年、名誉回復の為に、本家ゴジラが帰って来た。

冒頭、北海道根室を重量感たっぷりに蹂躙する姿は、これがゴジラだ!という製作側の雄叫びが聞こえて来そうだ。

しかしながら、ストーリーも一本の映画としても不発だったと言わざるをえない。

“科学の傲慢”をテーマに挙げているそうだが、それがイマイチ伝わりにくい。
復活作早々、対戦相手がUFOなのがリアリティに欠ける。
そのUFOがタコ型宇宙生物に変化した時は失笑してしまった。

スタッフは新旧の面々が入り混じり、積極的にCGを取り入れたものの、CGと特撮が上手く噛み合っていない。

そして、ゴジラの新しい造形には正直驚いた。
以前のゴジラは良くも悪くもヒューマニズムや生物としての魅力を感じさせたのだが、本作の新たなゴジラは荒々しい凶暴さが特徴となっている。
それを象徴するのが、今までの倍近くはある巨大な背ビレ。
VSシリーズのイメージを払拭させようという意気込みだろうが、ゴジラの表情に覇気が無く、動きも緩慢で、質感も材料が変わったの?と思うくらい着ぐるみである事を感じさせる。

肝心のゴジラ自身に魅力を感じないのだから、不発と思っても無理はない。
復活一作目なので、長い目で見るしかない。

キャストの一人に今や超売れっ子の阿部寛。
トップスターとなった今、出演オファーをしても実現は難しいだろう。
ある意味、お宝映像。

近大
近大さん / 2012年6月19日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

9件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報