幸福(1981)

劇場公開日

33%
17%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

妻に去られ二人の子供を育てる刑事と、恋人を殺され報復に燃える若い刑事を主人公に事件が解決される過程で、現代社会における幸福とは何かを描く。エド・マクベインの小説『クレアが死んでいる』を基に、脚本は「古都(1980)」の日高真也と市川崑、「おやゆび姫」の大薮郁子の共同執筆、監督も同作の市川崑、撮影も同作の長谷川清がそれぞれ担当。

1981年製作/106分/日本
原題:Lonley Heart
配給:東宝

ストーリー

社会福祉員を目指す大学生の中井庭子は、恋人の刑事、北にデートに一時間ほど遅れると電話していた。午後、書店で射殺事件が起こり、野呂、村上、北の三人の刑事が現場に向った。そして、三人の被害者の中に、何と庭子がいた。あとの二人は大学教授の雨宮、サラリーマンの遠藤という名が判明。白いブラウスを真赤な鮮血で染めて倒れている庭子の死体に、北は絶望と怒りを覚えた。手がかりは、遠藤が死の間際に“ウドウヤ”と言ったことだけだった。妻に家出されてしまった村上は、八歳になる娘の信が、母代りで家事や、六歳の弟、勉の面倒を見ている。三人の被害者の身辺捜査が始まった。そして、福祉センターで、身寄りがないという嘘がばれてヘルパーが行かなくなっている車崎るいのところに庭子が出向いていたことが分った。るいには非行グループの兄貴株の吾一と、少し頭の弱いみどりという二人の子供かいる。数日後、近所の川の土手でみどりの死体が発見された。射殺事件に関係があるのか。しかし、みどりは堕胎手術後の出血で死亡したことが分った。そして、手術をすすめたのは庭子だった。庭子は、吾一が不憫でならない妹を思わず抱いてしまったことをつきとめ、みどりに堕胎するようにすすめたことが分った。車崎一家は射殺事件に関係ないことが判明、捜査はふりだしに戻った。野呂は、仕事に追われる村上に「子供たちのことも考えたほうがいい」と話す。その頃、遠藤の妻から、殺された主人が、退職金から四百万円を前借りしていることを報告してきた。遠藤は脱サラを企み、「薮十」という蕎麦屋に共同経営者として参加することで四百万円を払っていることが分った。しかし、「藪十」の主人はギャンブル狂で多大な借金に追われ、脱サラを目指す遠藤からその金を騙し取ったのだ。そして、主人は詐欺がバレたことで遠藤を射殺し、二人がそのまきぞえとなったのだ。そして、蕎麦屋のことをうどん屋という大阪で育った遠藤は、最期に“ウドウヤ”と言ったのだ。店をたたみ、逃亡する主人を捕まえたとき、涙を流しながら殴り続ける北を村上はやっとのことで止めた。事件解決を通じて、母に逃げられ父に育てられた庭子や、るいの子供達を見て、二人の子供を育てる村上は、幸福について、しみじみと考えるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

4.0幸福とは、とときには立ち止まって考えねば

2021年11月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

難しい

市川風、銀残しの画面のとおり、全編渋く、静かで、悲しい。私の中では忘れられない邦画の名作。
若い北刑事(永島敏行)の、最愛の人を喪ったと知った嗚咽のシーンは、40年経った今も夢のように覚えてます。

1982年か83年、シネマート新宿の前身の名画座で同級生と鑑賞。併映はたしか「トロン」(1982)と「アモーレの鐘」(1981)。当時若者たちの間で話題となった世界初の”コンピューター”映画をロードショーでは(料金が惜しくて)見逃し、最後のチャンスと銘打った名画座公開を見に行きました。
当時は洋画話題作のメインと、別の併映セットから小品を持ってきて2作品3作品上映する名画座が各地にあり、邦画2作品には全く期待していませんでした。「アモーレの鐘」の方は城戸真亜子が呆然と立っているシーン(何故かそれは覚えている)と腹立たしくつまらなかった印象のみでしたが、本作は結局トロンよりも衝撃を受け、若造のくせに泣いた記憶さえあります。
それが多作上映名画座の副次的な醍醐味(もちろん第一はコスパ)でしたが、1日がかりで挑む5作品上映館もあった浅草の映画街消滅を筆頭に、二十世紀の行きつけは殆どなくなってしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Chuck Finley

5.0このころの水谷豊よかったな〜

2019年4月4日
iPhoneアプリから投稿

いまの水谷豊はどうも好きになれない。もちろん相棒も見てません。
永島敏行、谷啓、中原理恵みんないい仕事してた。市川崑だから当たり前か。
銀残しの映像は、心に染み込んでくる色合いで、画面に入り込める感じがしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ryuichi Sekiya

5.0幸福を噛み締める。

2017年8月21日
Androidアプリから投稿

自分の中で、オールタイムベスト1映画
約37年前の日本、貧富の差、バブルでどこか狂ってる東京、そんな東京を『銀残し』と言う方式の、独特なカラーで撮影した作品で、ノスタルジック的でありながらも、どこか違う国を見ている気分にさせてくれる。

主人公の刑事、村上(水谷豊)は、妻に逃げられ、二人の子供と生活している、何処と無くギクシャクした生活で、どこか仕事に幸せを感じていた。

ある事件で同僚の婚約者が殺され、捜査をしていくと、そこには、不幸な連鎖と歪んだ繋がりがあり、捜査の進行と共に、生活が追い込まれていく…

『幸福』とは、『愛』とは、最後にみせる、刑事村上のある行動とカメラのカットが、まさに幸せを噛み締めている。

市川 昆監督の独特な映像も素晴らしいし、刑事ドラマとしても抜群に面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
レトログレイド 373
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「幸福(1981)」以外にこんな作品をCheck-inしています。