カルメン故郷に帰る

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
19%
47%
29%
0%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

わが国最初の総天然色映画として、松竹と日本映画監督協会が企画、高村松竹常務が総指揮に、月森仙之助(大船撮影所次長)が製作に当っている。脚本と監督は「婚約指輪」の木下恵介、撮影は同じ作品の楠田浩之である。色彩技術には富士フィルムの小松崎正枝と赤沢定雄が当る。尚、同時に白黒映画も製作される筈。出演者は、「宗方姉妹」「戦火を越えて」の高峰秀子、「破れ太鼓」の小林トシ子、「てんやわんや」の佐野周二、「宗方姉妹」の笠智衆、「三つの結婚」の佐田啓二などの他に井川邦子、望月美惠子、小沢栄などである。

1951年製作/86分/日本
配給:松竹

ストーリー

浅間山麓に牧場を営んでいる青山の正さんの娘きんは、東京から便りをよこして、友達を一人連れて近日帰郷すると言って来た。しかも署名にはリリイ・カルメンとしてある。正さんはそんな異人名前の娘は持った覚えが無いと怒鳴るので、きんの姉のゆきは村の小学校の先生をしている夫の一郎に相談に行った。結局校長先生に口を利いてもらって正さんをなだめようと相談がまとまった。田口春雄は出征して失明して以来愛用のオルガン相手に作曲に専心していて、妻の光子が馬力を出して働いているが、運送屋の丸十に借金のためにオルガンを取り上げられてしまい、清に手を引かれて小学校までオルガンを弾きに来るのだった。その丸十は、村に観光ホテルを建てる計画に夢中になり、そのため東京まで出かけて行き、おきんや朱実と一緒の汽車で帰って来た。東京でストリップ・ダンサーになっているおきんと朱実の派手な服装と突飛な行動とは村にセンセーションを巻き起こし、正さんはそれを頭痛に病んで熱を出してしまった。校長先生も、正さんを説得したことを後悔している。村の運動会の日には、せっかくの春雄が作曲した「故郷」を弾いている最中、朱実がスカートを落っこどして演奏を台無しにしてしまった。春雄は怒って演奏を中止するし、朱実は想いを寄せている小川先生が一向に手ごたえがないので、きんと二人でくさってしまう。しかし丸十の後援でストリップの公演を思い立った二人はまたそれではりきり村の若者たちは涌き立った。正さんは、公演のある夜は校長先生のところへ泊りきりで自棄酒を飲んでいたが、公演は満員の盛況で大成功だった。その翌日きんと朱実は故郷をあとにした。二人の出演料は、そっくり正さんに贈り、正さんは、不孝者だが、やっぱり可愛くてたまらない娘の贈物をそっくり学校へ寄付した。丸十は儲けに気を良くしてオルガンを春雄に只で返してやった。春雄は一度腹を立てたおきんたちにすまないと思い、光子と一緒に汽車の沿道へ出ておきんと朱実に感謝の手を振った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0日本初のカラー映画にふさわしい、 軽井沢ロケの映像にテーマが見事に合致して素晴らしい後味が残りました

あき240さん
2019年10月13日
Androidアプリから投稿

日本初のカラー映画にふさわしい、 軽井沢ロケの映像にテーマが見事に合致して素晴らしい後味が残りました

1951年公開
国敗れて山河あり
正に初秋の北軽井沢の草原、浅間山の雄大な姿は、焼け野原になった都会の町街とは隔絶して変わらずあります
敗戦の混乱もようやく脱しようとして、翌年には占領下から独立が予定されて希望に満ちているその空気と光が日本初のカラー映画の美しい発色と美しい光景でフィルムに写し取られています
カルメン達は戦時中や戦前の重苦しい空気から解放されており日本の古い因習からも自由に生きています
盲目の傷痍軍人のオルガン弾き、カルメン達だって本人達は芸術と信じているのです
校長先生は文化の面でも復興を遂げるのだと意気さかんです
小学校の運動会の校庭のポールには高々と日章旗がはためいています
文化や芸術は大衆のなかから巻き起こり国民そのものが愛するものです

彼や彼女に文化人や知識人や前衛と称する人々の蔑視の視線は向けられません

カルメン達は草軽軽便鉄道で軽井沢経由で東京に向かって帰って行きます

カルメンは確かに故郷に帰ってきました
こんどは東京という文化の故郷に帰るのです
大衆芸術は彼女達や村の人々のような大衆が生み出し楽しみ発展させていくものなのです
今度は東京の大衆達が文化や芸術を作り出していくのです
明るい日射し、明るい発色が今後の希望を約束しているのです

高峰秀子のカルメンの明るい屈託のない演技はこのテーマを見事に表現して見せた素晴らしいものだったと思います

北軽井沢駅の駅舎跡は今も草津から軽井沢に抜けるバス通りの脇に残っているようです
先日通りかかった際は気づかず素通りしてしまいました
確か道沿いにこの舞台の小学校ではないと思いますが小学校を見かけたので立ち寄ってみたいと思いましたが通り過ぎてしまいました
北軽井沢小学校という名前の小学校は実際に存在してバス通りから入ったところのようです

浅間山の雄大な姿
美しい草原のような一面の畑は、本作の世界そのままの明るい陽光の下にありました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

5.0・デコちゃんの陽気さがはじけてて、カラーだぞ!という気負いも感じる...

小鳩組さん
2019年7月11日
iPhoneアプリから投稿

・デコちゃんの陽気さがはじけてて、カラーだぞ!という気負いも感じる
・しゃっちょこばった校長が堅苦しく見えないのは絶対に笠智衆の人柄のおかげ
・オルガンの前で控えめに踊る息子がかわいらしい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
小鳩組

4.0総天然色の醍醐味を味わう。

syu32さん
2019年6月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波

笑える

楽しい

萌える

 松竹映画30周年記念作品。

 「2012年デジタルリマスター版」Blu-rayで3回目の鑑賞。

 日本初の総天然色映画として有名な名作。
 木下恵介監督の試行錯誤・創意工夫によって見事に映し出される美しい浅間山の風景と澄んだ青空、ミュージカル風味の明るく楽しい作風が彩る豊かな物語の相乗効果で、単なる実験作に留まっていないのが秀逸の極みだなと思いました。
 屋内のシーンが全く無いのも特徴です。光を捉え辛かったのかもしれませんねぇ…。日本製カラー・フィルムの長所と短所を理解して運用した木下監督の手腕には脱帽であります。

 リリィ・カルメン役の高峰秀子の美しさ・かわいらしさと来たら…。本作を初めて観たとき、すぐに彼女の虜になってしまいました(笑)
 カラー画面に映える派手な衣装と化粧がよく似合っていて、作品ごとにどんな役でもこなす演技派女優の面目躍如だなぁ、と。奔放さがまた堪らん!(笑)
 本作が木下監督との初コンビ作となりました。その後、「二十四の瞳」などの名作を次々に世に送り出し、日本映画の一時代を築くことになりました。
 つまり、いろいろと“記念すべき”な作品であります(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
syu32

3.0高峰秀子

kossyさん
2019年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

萌える

 日本初の総天然色映画。「娘の裸なんか見たくね~だ」と校長先生(笠智衆)に嘆くお父チャン。帰ってきたものはしょうがない。

 恋人を見つけることも諦めて、浅間山をバックに自然あふれる丘の上で踊る二人。戦争直後のストリップだし、そんなにいやらしく感じないミュージカル。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「カルメン故郷に帰る」以外にこんな作品をCheck-inしています。