陽炎(1991)

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

昭和初期の熊本を舞台に、愛憎がうずまく料亭を巡って一人の女胴師の活躍を描く任侠アクション。脚本は「極道の妻たち 最後の戦い」の高田宏治が執筆。監督は「226」の五社英雄。撮影は「利休」の森田富士郎がそれぞれ担当。

1991年製作/日本
配給:松竹

ストーリー

抜けるような真夏の下、見事な菩薩の刺青を背にする洗い髪の女がいた。女の名はりん。女胴師である彼女を人は“不知火おりん”と呼んだ。ある日、大阪の難波政組の依頼を受けてそこに向かったおりんは、偶然義弟の市太郎に出会う。両親亡き後、若旦那として熊本・二本木の料亭・八雲を切り盛りしているはずの市太郎だったが、今や岩蔵が率いる岩船一家に店を乗っ取られ、博奕打ちと芸者が徘徊する色と欲の悪臭に満ちた場に成り下がっていた。そして、おりんは二度とまたぐことのないと思っていた八雲の敷居に足を踏み入れた。女将の千代春は動揺し、またそこには20年前のおりんの実父のかたきでもある岩蔵の胴師・常次郎がいた。そんなおりんの出現をいぶかしがる岩蔵の元に難波政組の親分・政吉が祭りの花会に出席するという知らせが届く。そしてその胴師の名には“城島りん”と明記されていた。勝負が始まってほどなく、積み込まれた花束はおりんの目の前を次々に通り過ぎ、常次郎の前に置かれた。中休み、常次郎は20年前のことを思い出しながら、おりんに声をかける。その眼は愛しい者をとらえるかのようにやさしかった。やがて勝負はヤマ場を迎え、おりんと常次郎の一騎打ちとなった。異様な緊張と静寂の中、勝利の女神はおりんに微笑んだ。しかし、それによって岩蔵は怒り、おりんや市太郎に刺客が向けられるのだった。旅芝居の一座にかくまわれていた市太郎とその恋人・小芳は、千代春が仕組んだワナによってあっけなく殺されてしまう。それを知ったおりんは激しい怒りに体を震わせながら、ダイナマイト片手に岩船一家へ殴り込みに行く。そして、常次郎の助けもあり、おりんは死闘の末、岩蔵を討ち取るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第15回 日本アカデミー賞(1992年)

ノミネート

主演女優賞 樋口可南子
助演女優賞 荻野目慶子
音楽賞 佐藤勝
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

1.0博打はやっちゃだめです!

kossyさん
2019年4月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 親がわからない女の子りんをやくざの親分が養女にした。立派にやくざの娘となったりんは熊本に帰り、やくざ家業を継ぐ。

 樋口可南子や荻野目慶子、その他大勢の女優がみんな脱いでいる映画。この時代の邦画は五社監督作品をはじめ、女優がみなヘアヌード写真集に繋がるものが多いようだ。まるで写真集を売るための映画という雰囲気で、映画そのものも中味が薄い割りに大作風のつくり。

 それでも俳優の演技はなかなか熱が入っていた。特に高品格!『麻雀放浪記』での演技を思い出させるような渋い爺ちゃんだ。 それにしても、この博打ってルールがよくわからん。花札のようでありトランプのようであり、どちらが勝ったのかさっぱりわからない。

 おりんの義弟一太郎が恋人(荻野目)と心中に見せかけ殺される。「悪党ども、往生しなっせ!」と爆弾を投げ込むシーンが凄かった。しかし、すごいのはここだけ。いつのまにか樋口可南子に惚れていた仲代達矢も最期に見せ場を作ってくれるものの、正義感を振りかざすおりんには「賭博やること自体がいけないんだよ」と教えてあげたくなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5重厚で濃淡な五社作品

2018年1月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

かつての作品は味のある傑作が多かった。
脚本は単純で音楽も単調だが俳優と作品の醸し出す
深みや重みが絵的にハイスピード重視の現代作品
とは大きく違っており見応えがある。

博徒の世界に殺る、殺られるの渡世人。
愛ゆえに人を殺め、愛ゆえに人を守る。

そうそうたる面子の俳優陣が作り上げる
壮行な重みと監督が描く世界観。

昔の作品なのに何度も観たいと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
としぱぱ

2.0熊本任侠たい

everglazeさん
2017年11月12日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
everglaze

4.5不知火おりんは鬼より怖い。見事な背中の菩薩

2014年2月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、TV地上波

興奮

情けな顔の本木雅弘にいかつい島木譲二!
大阪来たのに地元熊本へ蒸気機関車の旅。
仲代達矢の不動明王の刺青凄い。
清水ひとみの獣の彷徨を思わせる喘ぎ声と白竜の角刈り
力を抜くんだ、その風車のように。
喪服より水色の着物のほうがよかった。
「往生しなっせ!」最後の最後にもう一回いう。
ド派手な爆発
恒例の女同士の取っ組み合いは清水ひとみとかたせ梨乃の番外編
仲代達矢の殺陣が大仰でいい、最後まで大仰。
白竜が細くて殺陣がへぼい。
親の仇との禁断の恋っていいなぁ、世の中を恨むのはちょっと違う気がするけどこれは時代か。
真っ赤月とエンディングのキャストの顔出す演出からのタイトルの編集、エンディングのロック調がそれまでの時代感を全く無視していてポカーンとなる。赤い玉の伝説しかも聖飢魔Ⅱを起用する理由が全く分からない。これまではいうことないのに。
手本引のルールが知りたくなった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「陽炎(1991)」以外にこんな作品をCheck-inしています。