SF サムライ・フィクション

劇場公開日

7%
46%
47%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

剣の達人である素浪人に奪われた宝刀を取り返そうと奔走する若侍が、平和主義者の中年侍との出会いの中で成長していく姿を描いた新感覚の時代活劇。監督・脚色は、本作で本篇デビューを果たしたミュージック・ビデオ界のクロサワの異名を持つ中野裕之。脚本は「シャ乱Qの演歌の花道」の斎藤ひろし。撮影をミュージック・ビデオやCFなどで活躍中の矢島祐次郎が担当している。主演は、「ラブ&ポップ」の吹越満と「恋は舞い降りた。」の風間杜夫、ロックミュージシャン・布袋寅泰。

1998年製作/111分/日本
原題:SF EPISODE ONE SAMURAI FICTION
配給:シネカノン

ストーリー

1969年、300年かかって新しい体に転生した太平の世の若侍・犬飼平四郎の魂は、当時の自分を振り返る──。長島藩の家老である父・勘膳に勘当を解かれ、武芸の修業に赴いた江戸から久しぶりに国へ帰ってきた平四郎の耳に、殿様が刀番として雇った浪人あがりの風祭蘭之介なる侍が宝刀を盗んで姿を消したという知らせが飛び込んできた。このままではお家断絶は免れないだろう。しかし、剣の達人である風祭には誰ひとりとして敵う者はおらず、悩み抜いた藩の重役たちは宝刀の贋作を作って事件のもみ消しを図ろうとする。ところが、この周囲の及び

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0愉快

pazooさん
2015年10月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

興奮

ありきたりな内容ではあるが、モノクロ映像やキャスティングが面白い。
ラストの音楽も気持ちいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
pazoo

3.0現代劇っぽく見せる時代劇

2013年4月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

興奮

映画『SF サムライ・フィクション』は、全編モノクロを基調とした時代劇風の仕立て。
しかし語り口調は現代人で、走り方など所作も現代風味。
ところが精神性や話の構造はまぎれもない時代劇というユニークな作品。

剣が弱くて頭も足りない若いサムライの犬飼平四郎が、剣の立つ素浪武士・風祭が強奪した宝剣を奪還すべく追走する。幼馴染2人を連れて切り込んでみたはいいものの、一人は死亡、自らも手負いに。宝剣も取り戻せず。
ダサい、ダサ過ぎる。

そこに飄々と乱入してくるのが、風間杜夫演じる溝口半兵衛。
関われば問答無用と切り込んできた風祭に、抜刀もせぬままいなし、挙句、「ご勘弁を」と口先で追い返してしまう。
カッコイイ。戦わないけど。

このカッコイイ半兵衛に、ダサい平四郎が何を学ぶのか、あるいは学ばないのか。
本作のテーマはこれに尽きる。

また剣は使えるものの、それで口に糊しない生き方を選んだ溝口、剣のままに素浪する風祭。
この二人の生き様を通して、いわゆる「剣の道」と泰平の世にあるべき姿が対比される。
時代の流れで無用の長物と化したスキルを持ちながら、それでしか生きる糧の得られない人間はどうするのか。これが隠された二つ目のテーマともいえるだろう。

この二つの骨子を持ちつつ、全体としてはダサいサムライ・平四郎とともに物語を追いかけることになる。
勢いばかりで頭がなく、実力で負けるのが分かっていても猪突猛進しか考えが及ばないダサさ。溝口の娘・小春にデレデレしてるダサさ。幼馴染が切り殺され、自身も切り伏せられてしまうダサさ。
口ばかり威勢がよく、剣が立つわけでも弁が立つわけでもなく、女性の接し方もいまひとつ。
全体的にまんべんなくダサいので、男子たる観客もいらぬ劣等感を抱くことなく、気持ちよく笑える。いわば漫画『ドラえもん』におけるのび太くん効果でも言おうか。

ところが剣の達人である風祭も、ある意味ではとってもダサい。
賭場に入ったはいいが金をむしられ、ひょんなことでヤクザの用心棒的なポジションに落ち着いたはいいが、そこで何をするでなく酒を飲むばかり。
もともと藩主に取り立てられて宝剣を預かる身となったにもかかわらず、周囲からの嫉妬で職を失うなど、人間関係に難ある人物。
結局、剣は立つが飯は食えないという、平四郎とは別種のダサさを抱えている。

そこへいくと、溝口の剣は強いが剣に頼らず、娘と二人つつましくも笑い声のある生活は、いかにも幸せそうに見える。
ところが彼も過去に過ちを犯していて、今はそれを向き合う日々という側面がある。

主人公格の三人が、三者三様、どこか弱さ・ダサさを抱えていて、それを時代劇という束縛された時代に生きる人々という仕立ての中で切り取っていく。
上っ面だけ見ておくと、「人が死んだときだけ画面赤いわ~」と終わっちゃうけれど、よくよく観れば時代劇ならではの魅力が詰まっている。

ところが時代劇につきものの殺陣は救いがたい。
それが原因なのか何なのか、エピソード1と銘打たれていながら続編の話はとんと聞かない。
世間的には上っ面部分しか拾ってもらえなかったのかもしれない。ちょっと残念。

では評価。

キャスティング:7(役者でもない布袋寅泰を敵役にすえて作品にしちゃうのはすごい)
ストーリー:7(誰もが認めるようなカッコよさは一つもないのに、どこか染み入る物語は時代劇を感じてしまう。大和魂)
映像・演出:6(血潮をあげる代わりに画面を赤く染め、モノクロでかもす時代劇の雰囲気は悪くない)
殺陣:3(特筆するような場面なし)
時代劇:8(主役格は全員武士なのに剣に頼らず生き方に迫る。そのスタイルが人情時代劇としてうまい)

というわけで総合評価は50点満点中31点。

タイトルがタイトルなだけにファッショナブルな映像に期待してしまうが、実は精神性のほうに時代劇が息づくという不思議な作品。伝統的な時代劇を期待する層には苦々しいものを与えそうだ。
しかし現代モノに接していて、一風変わった映像を求める層には、ピッタリとハマる作品かもしれない。オススメ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
永賀だいす樹
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「SF」シリーズ関連作品

他のユーザーは「SF サムライ・フィクション」以外にこんな作品をCheck-inしています。