ウルフガイ 燃えろ狼男

劇場公開日

0%
0%
67%
33%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

狼族の末裔である犬神明を主人公にした平井和正原作の“アダルト・ウルフガイ・シリーズ”『狼は泣かず』より〈虎よ!虎よ!〉を映画化したSFアクション映画。脚本は「新仁義なき戦い」の神波史男、監督は「怪猫トルコ風呂」の山口和彦、撮影は「少林寺拳法」の中島芳男がそれぞれ担当。

1975年製作/86分/日本
配給:東映

ストーリー

フリーのルポライターとして活躍する犬神明。彼は犬神衆と呼ばれた狼族の唯一の末裔で、月齢15日の満月の日、想像を絶するほどの超能力を発揮する。明は一人の青年の怪死事件を目撃した事から、この事件に興味を抱き、調査を始めた。同業の新井の情報を得た明は、場末のキャバレーでその日暮しをしている歌手・緒方ミキが、事件に関係している事をつきとめた。彼女は以前は人気歌手として華やかだったが、政界の大物、福中義行の息子・純一との結婚話がもつれて以来、転落の一途をたどっていた。明はミキが以前所属していたプロダクションを訪ねた。明の思惑は的中していた。社長の真鍋と福井は関係があり、ミキの婚約をぶち壊すために真鍋が、グループサウンズのモブスの連中にミキを強姦させたのだった。だが、怪死したモブスの一人が死にぎわに見た“幻の虎”が何であるか明にも判らなかった。真鍋は暴力団を通じて明を襲うが、窮地の明をケティー青木という女が救った。青木は内閣情報部の一人で、彼の超能力を利用するために近づいたのだった。情報室主任の加藤は組織への協力を断わった明を生体実験として体中を切り刻んだ。しかし月齢15日、満月の日、彼の体は超能力を発揮して復元した。一方、この間モブスのメンバー、真鍋、福中親子が次々に怪死を遂げていた。明はミキの怨念が“幻の虎”となって事件を引き起こした事を知った。すべてが判明した今、明は人間社会から縁を切るため故郷・犬神へと向かった。一方、加藤は、情報部の秘密を明に知られたため、“幻の虎”を利用する超能力者とともに明を追った。凄まじい死闘が犬神の山村で展開されるが、“幻の虎”はミキの死とともに消滅した……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

2.5ペンで銃口を塞ぐか!?

colt45SAAさん
2019年2月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

興奮

冒頭安岡力也が凄い表情でダッシュしてくる所から映画のテンションが上がる千葉真一主演のアクションSF映画。とにかくトンでもシーン連続で目が離せない(?)展開。75年の映画で懐かしさも盛りだくさん。「トップ屋」なんて死後。ギリギリ東映プログラムピクチャー時代の職人監督山口和彦は「ズベ公番長」(これも死後)シリーズから「サーキットの狼」まで撮れるスゴい腕前の演出家。
芸術的な印象を与える長回しなんて一切使わずカット割りの嵐で一気に観せる作風。キビシいスケジュールの中、とっとと撮って「おつかれさま」
当時の東映あるあるの余韻のないエンディングも良し。

カニー小林って誰・・・この女優さん素敵。
以上

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
colt45SAA
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ウルフガイ 燃えろ狼男」以外にこんな作品をCheck-inしています。