雨月物語

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
雨月物語
37%
48%
14%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

巨匠・溝口健二の代表作で、戦乱の中で世俗の欲に翻弄される人々を幽玄な映像美で描き、多くの映像作家に影響を与えた世界的名作。上田秋成の読本「雨月物語」に収録された「浅茅が宿」「蛇性の婬」の2編にモーパッサンの短編「勲章」を加え、川口松太郎と依田義賢が脚色、宮川一夫が撮影を手がけた。戦国時代、琵琶湖北岸の村。戦乱の到来を機に大儲けを狙う陶工・源十郎と、侍として立身出世を夢見る義弟・藤兵衛は、それぞれの家族を連れて舟で琵琶湖を渡り都を目指す。旅の途中、源十郎の妻子は戦火を怖れて引き返し、藤兵衛は妻を捨てて羽柴勢に紛れ込む。やがて源十郎は、若狭と名乗る妖艶な美女から陶器の注文を受け、彼女の屋敷を訪れるが……。1953年・第14回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞に輝いた。

1953年製作/96分/日本
配給:大映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第28回 アカデミー賞(1956年)

ノミネート

衣装デザイン賞(白黒) 甲斐荘楠音
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5溝口作品の傑作に触れる。祈りにも似た思いに触れる。

2020年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

溝口作品でも評価の高い本作は、戦によって村人のささやかな幸せが無残に奪われていく様と、非常時に試される愛の形といった部分が際立った幻想譚だ。物語自体は江戸時代に執筆されたというが、1953年という製作年から考えると、観客の多くはこの戦争をつい数年前の「太平洋戦争」として受け止めたはず。家族と生き別れたり、死んだ妻と会いたいと思ったり、どうにかして生き残ろうと歯をくいしばる姿には、当時の人々の胸の内側が大いに反映されたことだろう。もちろん、湖に立ち込める不気味な霧に始まり、お屋敷にはびこる生き霊、そしてラストを飾る妻の逸話に至るまで、心の内側に隙間風が吹くような不可思議なエピソードとそれを見事にまとめ上げる演出には舌を巻くばかり。それら決して美の範疇で終わらせず、自宅に灯った明かりがもう二度と消えませんようにと、こちらを祈りにも似た気持ちにまで高める流れに、溝口作品の真骨頂を見た思いがした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信

5.0最早芸術

Jさん
2021年6月19日
iPhoneアプリから投稿

他の映画では観られない映像美と幽玄の世界

稀に映画を見ていてこれは最早芸術の域に達してる
と思うほど美しい映画がある

単純な映画の役割を通り越した
稀に見る芸術級映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
J

5.0怪談

2021年6月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

4K修正版であらためて観たが、やはり怖くて悲しいお話だった。
戦国時代、一人(森雅之)は焼き物で一儲けしようとしており、妻(田中絹代)は心配している。
もう一人(小沢栄太郎)は武士になりたがっていて、心配した妻はついてくる。
焼き物を売っていた所、美しい女(京マチ子)が現れ、屋敷に届けてくれという。
行ってみると・・・。
京マチ子の妖艶さと怖さは凄まじい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0美しい時代劇

2021年5月22日
iPhoneアプリから投稿

これは怪談などではない、ホラーとは別次元の、美しい映像美を携えた時代劇と捉えるべき名作。

全編白黒、役者も巧いとは言い難いが、
人間の欲望や切なさを見事に描き、ひたすらに魅せられてしまう。

原作を忠実になぞるようなものではなく、雨月物語のいくつかの話を混ぜて一つの話に編集した作品だから、こんな話あったっけ?とはならないように。

あろうこともなかろうが、今この作品をリメイクできるのかずっと考えていたが、おそらくここまで味わい深く完成された作品には誰も触れることができないのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
やべっち
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る