浮草

劇場公開日

34%
49%
12%
0%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「お早よう」のコンビ野田高梧と小津安二郎の共同脚本を小津安二郎が監督したもので、ドサ廻り一座の浮草稼業ぶりを描いたもの。撮影は「鍵(1959)」の宮川一夫が担当した。

1959年製作/119分/日本
原題:Floating Weeds

ストーリー

志摩半島の西南端にある小さな港町。そこの相生座に何年ぶりかで嵐駒十郎一座がかかった。座長の駒十郎を筆頭に、すみ子、加代、吉之助など総勢十五人、知多半島一帯を廻って来た一座だ。駒十郎とすみ子の仲は一座の誰もが知っていた。だがこの土地には、駒十郎が三十代の頃に子供まで生ませたお芳が移り住んで、駒十郎を待っていた。その子・清は郵便局に勤めていた。お芳は清に、駒十郎は伯父だと言い聞かせていた。駒十郎は、清を相手に釣に出たり、将棋をさしたりした。すみ子が感づいた。妹分の加代をそそのかして清を誘惑させ、せめてもの腹いせにしようとした。清はまんまとその手にのった。やがて、加代と清の仲は、加代としても抜きさしならぬものになっていた。客の不入りや、吉之助が一座の有金をさらってドロンしたりして、駒十郎は一座を解散する以外には手がなくなった。衣裳を売り小道具を手放して僅かな金を手に入れると、駒十郎はそれを皆の足代に渡して一座と別れ、お芳の店へ足を運んだ。永年の役者稼業に見切りをつけ、この土地でお芳や清と地道に暮そうという気持があった。事情は変った。清が加代に誘われて家を出たまま、夜になりても帰って来ないというのだ。駅前の安宿で、加代と清は一夜を明かし、仲を認めてもらおうとお芳の店へ帰って来た。駒十郎は加代を殴った。清は加代をかばって駒十郎を突きとばした。お芳はたまりかねて駒十郎との関係を清に告げた。清は二階へ駆け上った。駒十郎はこれを見、もう一度旅へ出る決心がついた。夜もふけた駅の待合室、そこにはあてもなく取残されたすみ子がいた。すみ子は黙って駒十郎の傍に立って来た。所詮は離れられない二人だったようだ。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0小津作品で一番好きかも

KONさん
2020年5月10日
iPhoneアプリから投稿

小津作品では異色のキャスト。
だからこそ、わかる小津安二郎の凄さ。

中村鴈治郎、京マチ子はじめ、役者達も良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KON

5.0杉村春子の為の映画 彼女の凄さ、日本一の女優である理由が存分に示さています

あき240さん
2020年1月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

松竹でなく大映作品です
前年1958年の彼岸花で大映のトップ女優山本富士子を松竹が借りた、そのバーターで小津監督が大映で撮影した作品とのこと

なので本作では彼女以外の残る大映のトップ女優が出演します
もちろん中村鴈治郎は当時大映専属です

山本富士子に並ぶ大映の看板女優となれば若尾文子
そして大映の最終兵器、数々の海外映画賞受賞に輝くグランプリ女優の京マチ子です

となれば京マチ子がヒロインで、若尾文子がその対抗軸と勝手に思い込んでしまいますがさにあらず!
実は本当のヒロインはなんと杉村春子です

京マチ子35歳、若尾文子25歳、杉村春子53歳

京マチ子は女性が最も美しくエロチックである年齢のピークにあります
若尾文子は若くピチピチしています
しかし、杉村春子はこの二人を向こうに回してヒロインとして君臨しているのです

最も駒十郎を愛しており、彼の本質を理解をしているのは彼女です
それを何気ない演技で完全に伝え納得させる凄さ

駒十郎が彼女の家で酒を呑んでいるシーンで、彼女は呑んでいる本人が徳利に酒が無くなっていることに気付く前に徳利を差し替えに行って酌をすすめます

彼から妬いているのかと問われても、平然と聞き流す時の表情
そして「お父さんなら、また旅に行きなはった」と悲しみをこらえてこのままでええんやと伝える表情
その上、彼女は駒十郎とすみ子が結局どうなるかまで見通しているのです

役への理解、登場人物の関係性への洞察力
杉村春子にしかできない至高の演技力だと思いました

日本一の女優とは誰か?
森光子でも、山田五十鈴でも、高峰秀子でも、田中絹代でも、原節子でも、岡田茉莉子でも有りません
それはこの杉村春子です

本作は杉村春子の為の映画です
彼女の凄さ、日本一の女優である理由が存分に示されています

盆提灯の青白い灯りと彼岸花の赤の対比は溜め息の出る美しさです
ラストシーンも蒼い闇夜の中に走り去っていく列車の二つ並んだ赤い尾灯でした

前作の彼岸花からカラー撮影となり、計算され意図的な演出として各シーンに配置された赤い小道具の使い方は大変に有名です
それは、本作でもポストや郵便局の自転車などが暗示しているように演出の一環として継承されています

舞台は旅芸人の一座が連絡船で村に来る冒頭のシーンを観るとどうも三重県志摩市浜島の辺りの設定のように思います
近鉄の終点賢島駅から西に15キロ程ですが、当時は山を抜ける道路事情が悪く陸上交通では恐ろしく時間がかかったようです
賢島から連絡船が今も出ています
今は車ですぐです

ミキモトパールの養殖の本拠地のため、昔から裕福な漁村で温泉もでて温泉街もありますから、旅芸人の一座が来てもおかしくはありません

伊勢海老などの海の幸を贅沢に使うご馳走をだす立派なホテルや旅館が今も幾つか有ります
海にせり出すようなテラスから太平洋が夕焼けに真っ赤に染まるのを眺められて最高のひとときを過ごせました

この辺りは伊勢ではなくて、志摩地方が正しい呼び方です

小津監督はここと同じ三重県の出身ですが、松坂市ですので、北に60キロも離れた伊勢地方の方になります
松坂市は、あの松坂牛で有名な町で伊勢地方の中心的な大きな町です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

1.0キスシーンのある映画は小津映画でもいやで。

Takehiroさん
2019年8月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

イメージとして小津安二郎監督はキスシーンは撮影しない人だと思っていたのに、若尾文子と川口浩が3度も4度もキスシーンがあったのには残念な気がした。ただ、たぶらかすつもりが本気になるというのは両者とも純粋だった。男の身勝手でかわいそうなのは杉村春子だろう。京マチ子はきりりとしてりりしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Takehiro

5.0神映画

ONIさん
2019年5月11日
iPhoneアプリから投稿

凡庸な筋立ての上に神々しいカットの連べ打ちでため息ばかりでていると予想外の躍動感に美し過ぎて涙が出てくるという作品。カラーということはもちろん宮川一夫、という組み合わせですかね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ONI
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る