緯度0大作戦

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
50%
40%
10%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

テッド・シャーマンのオリジナルを「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」の関沢新一が改訂し、「怪獣総進撃」の本多猪四郎が監督した日米合作のSFもの。「怪獣総進撃」の完倉泰一が撮影を担当した。特技撮影はベテラン円谷英二が担当。

1969年製作/89分/日本
原題:Latitude Zero
配給:東宝

ストーリー

海底油田の調査に、潜水球で大陸棚探険に出かけた、物理学者田代健、海洋地質学者ジュール・マッソンと記者ペリー・ロートンの三人は、不思議な潜水艦アルファー号に救われた。乗組員はマッケンジー艦長、部下の巨漢甲保、物理学者で女医のアン・バートンの三人。重傷のマッソンのために、彼らの基地「緯度0」に艦を帰港させた。そこは海底二万メートル、人工太陽の下のパラダイスだった。そんな天国にも敵がいた。超能力の潜水艦黒鮫号を擁し、ブラット・ロック島に基地を持つ悪の天才マリクと情婦ルクレチアだ。彼らは人類を征服し、「緯度0」を破壊する目的でノーベル賞受賞の科学者岡田博士とその娘鶴子を誘拐した。マリクは博士の発見した放射能免疫血清の方程式を要求し、拒絶されるや、彼と娘を監禁した。これを知ったマッケンジーは罠を承知で、ブラッド・ロック島を攻撃した。マリクのおくった巨大なネズミ、人間コーモリの襲撃を退けたマッケンジーらは敵の司令部へ迫り、ルクレチアを滅ぼした。マッケンジーたちの追撃を逃れたマリクは、黒鮫号から超高圧電流攻撃を仕掛け、アルファー号を島の崖に引き寄せ、レーザー砲で一挙に破壊しようと企んだ。折から上を飛んでいた怪獣グリホンは、マリクの元情婦の脳を移植してあったので、その恨みから黒鮫号を襲った。レーザー砲の照準が狂って、ブラッド・ロック島を撃ってしまい、黒鮫号は崩れ落ちる要塞の下に呑まれていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

3.0「甲保、3つのバージョンを観比べるんだ」「はい艦長!」(笑)

syu32さん
2019年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

単純

 Amazonで偶然、本作の「コレクターズ・ボックス」なるものを発見しました。本編の3つのバージョンのセットとなっていました。こんな商品があったとは…。全く知りませんでした。特撮ファンとして一生の不覚!(笑)
 現在東宝より単品発売されている日本公開バージョンの他に、海外で公開されたバージョン(「LATITUDE ZERO」)、そして「東宝チャンピオンまつり」で公開された短縮版(「海底大戦争‐緯度0大作戦‐」)が収録されています。
 というわけで、3つのバージョンを観比べてみました!

・緯度0大作戦:2回目の鑑賞。
 本多猪四郎監督、円谷英二特技監督、ふたりの巨匠の最後のタッグ作。
 当初は日米合作のSF超大作として企画され、製作資金をアメリカのプロダクションが全額出資し、キャストにもジョセフ・コットンやシーザー・ロメロなどハリウッドで活躍している俳優陣を招いた超大作映画になる予定でした。
 しかし、そのプロダクションが製作開始前に突如倒産。資金調達が困難になり、東宝が製作費を全額出すことで撮影が無事スタートしました。
 上記の俳優陣に加え、宝田明、岡田真澄など、英語が達者な日本人俳優がキャスティングされ、全編セリフは英語(一部、日本語)で撮影されました。ですが、この日本公開バージョンは、日本人俳優は自身で、外国人俳優は声優による吹替版で公開されています。
 現場の混乱が影響しているのか、信じられないくらいに特撮のレベルが低い…。
 そもそも、α号と黒鮫号の対決がメインですが、レーザー砲や魚雷をバカバカ撃って来る黒鮫号に対して、α号は単なる調査船ですから攻撃装備を持っていないので、光線の応酬なんて場面は無く、黒鮫号に執拗に追い掛けられるα号がひたすら逃げ惑う…。α号や黒鮫号のデザインはカッコいいし、クライマックスのα号飛行シーンなんかひたすら見惚れましたが、もうちょっと戦って欲しかったなぁ、と…。でも、α号に武器が搭載されていたとしたら、“緯度0”の主義に反するんだろうなとも思いました。
 それから、着ぐるみのクォリティの低さが目立ちます。本作にはコウモリ人間、大ネズミ、グリホンが登場しますが着ぐるみ感丸出しだし、何よりダサい…。初鑑賞のときには思わず「なんじゃこりゃ!」と叫んでしまいました。コウモリ人間は目玉がスーツアクターのものだし、どこか急造したアトラクション用スーツのようです。大ネズミはちょろっとだけの登場ですが、何とも言えない…。グリホンも元になるライオンの出来がイマイチなので、全体的にチープ感が否めませんでした。
 翻って、冒頭の海底火山噴火やクライマックスのブラッドロック島の最期は、円谷特撮の醍醐味を味わえる名シーンになっているだけに、ハリウッド俳優のギャラで製作費の殆どを持っていかれたのではないだろうかと勘繰りたくなりました…。
 それにしても、「世にも奇妙な物語」的なラストシーンは息を呑みました。「ここでそんな感じのん持って来るんかい!」みたいな…。まさに、現代の寓話…。

・LATITUDE ZERO
 日本版より少し長い105分の上映時間です。メジャー映画会社が参加していないため、アメリカではインディペンデント映画扱い。小さな劇場でひっそりと公開されたようです…。
 字幕版なので、宝田明を始めとする、日本人キャストの英語を聴くことができました。とても流暢で舌を巻きました。
 ドラマ部分で細かなシーンの追加がありました。緯度0に到着してからの食事シーンなど、本筋には関わって来ない場面ばかりでした。
 特撮シーンでの追加は無く、少々物足りない思いでした。効果音などの変更もありませんでした。
 “黒い蛾”が、“ブラック・モス”ではなく、英語でもそのまま“クロイガ”と呼ばれているのには驚きました。クロイガ!(笑)
 逆に、「はい艦長!」は日本語のままでした。「イエッサー!」ぐらい言えただろうに…(笑)

・海底大戦争‐緯度0大作戦‐
 「東宝チャンピオンまつり」の一環でリバイバル上映されたバージョンです。オリジナル版から上映尺に合うようにシーンをカットした短縮改訂版となっています。
 どこがカットされているか、とか細かく書いても仕方がないと思いますので、特に書くことはありません(笑)

 という具合に、3つのバージョンのレビューを書きましたが、本作が特撮史上に燦然と輝く“珍作”であるという認識を新たにしました。
 それでも異色作であることに変わりは無く、観れば観るほど味が出て来るのもまた事実。不思議な魅力を持ったカルト的作品だなと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
syu32

3.5他愛もないSF冒険活劇…されど、夢やロマンがある!

近大さん
2014年1月29日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

単純

1969年の日米合作による東宝特撮作品。

東宝特撮晩年の作品だからか、他の作品と比べると圧倒的に認知度は劣り、興行的にも失敗、かく言う自分も東宝特撮好きでありながら見たか否か記憶があやふやで、ほとんど忘却の彼方にあるが、今回たまたま機会があり見てみたら…、普通に面白いじゃん。
“SFアドベンチャー”と言うより、“空想科学冒険活劇”と称した方がぴったり。

海流調査中、博士たちは海底火山の噴火に巻き込まれ、国籍の無い船に助けられる。船が到着したのは、海図に無い“緯度0”。そこは、科学が進み、争いの無い海底世界のユートピアだったが、世界征服を企むマッドサイエンティストとの戦いが続いていた…。

童心ワクワクの設定、世界観、ストーリー。
同じ東宝特撮なら傑作「海底軍艦」を彷彿させ、ドラえもん映画の「海底鬼岩城」をも思い起こさせる。
最後まで結構楽しんで見てしまっていた。

某映画データ本では、“円谷英二の特撮が不調で失敗作”と書かれてあったが、そんな事はなかったぞ。
冒頭の海底火山、アルファー号と黒鮫号の海中戦…円谷特撮はしっかり見せ場を作る。
おそらく評価が低いのは、グリフォン、コウモリ人間、大ネズミのモンスターたち。
グリフォンとコウモリ人間は、欽ちゃんの仮装大賞レベル。さすがにあのぬいぐるみ感丸出しはね…(^_^;)
拉致された博士の娘はそのぬいぐるみを見て、ご丁寧にキャーキャー喚く。
でも、それがメインじゃないんだから、あんまり言わないで〜!(笑)

日米合作なので、従来の東宝特撮常連俳優に加え、ハリウッドスターも出演。(「第三の男」のジョゼフ・コットンら)
見ながら、今また日米合作でSF冒険活劇が作られたら…と、そんな期待と夢を抱いた。

スタッフに、製作・田中友幸、監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二、脚本・関沢新一、音楽・伊福部昭の“ゴールデン・チーム”。この5人が揃った最後の東宝特撮作品でもある。

人間ドラマは、基本は青少年向けだが、科学や平和を問うた大人向けの要素も。
ラストは、意味深でブラックな終わり方。東宝特撮の中でも極めて異色。

他愛もない冒険活劇と言ったらそれまで。
でもジョージ・ルーカスだって、他愛もない冒険活劇を目指して作ったのが、「スター・ウォーズ」である。
もしアナタが、まだ童心を失っていないのなら、オススメしたい作品である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る