雨あがる

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
8%
57%
30%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人を押しのけてまで出世することが出来ない心優しい武士と、そんな夫を理解し支える妻の心暖まる絆を描いた時代劇。監督は、98年に亡くなった黒澤明監督の助監督として活躍し、本作でデビューを飾った小泉堯史。脚本は、山本周五郎による短編を基にした「まあだだよ」の黒澤明の遺稿。 撮影には「まあだだよ」の上田正治があたり、また撮影協力として「まあだだよ」の斎藤孝雄が参加している。主演は、「まあだだよ」の寺尾聰と「生きたい」の宮崎美子。99年の第56回ヴェネチア国際映画祭緑の獅子賞を受賞。

2000年製作/91分/日本
配給:東宝=アスミック・エース エンタテインメント

ストーリー

亨保時代。武芸の達人でありながら、人の好さが災いして仕官がかなわない武士・三沢伊兵衛とその妻・たよ。旅の途中のふたりは、長い大雨で河を渡ることが出来ず、ある宿場町に足止めされていた。ふたりが投宿する安宿には、同じように雨が上がるのを鬱々として待つ貧しい人々がいた。そんな彼らの心を和ませようと、伊兵衛は禁じられている賭試合で儲けた金で、酒や食べ物を彼らに振る舞う。翌日、長かった雨もようやくあがり、気分転換に表へ出かけた伊兵衛は若侍同士の果たし合いに遭遇する。危険を顧みず仲裁に入る伊兵衛。そんな彼の行いに感心した藩の城主・永井和泉守重明は、伊兵衛に剣術指南番の話を持ちかけた。ところが、頭の固い城の家老たちは猛反対。ひとまず御前試合で判断を下すことになるが、そこで伊兵衛は、自ら相手をすると申し出た重明を池に落とすという大失態をしてしまう。それから数日後、伊兵衛の元にやってきた家老は、賭試合を理由に彼の仕官の話を断った。だが、たよは夫が何のために賭試合をしたかも分からずに判断を下した彼らを木偶の坊と非難し、仕官の話を辞退するのだった。そして、再び旅に出る伊兵衛とたよ。ところがその後方には、ふたりを追って馬を駆る重明の姿があった…。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
監督補
野上照代
脚色
黒澤明
原作
山本周五郎
プロデューサー
原正人
黒澤久雄
撮影
上田正治
撮影協力
斎藤孝雄
美術
村木与四郎
音楽
佐藤勝
音楽プロデューサー
斎藤昌利
録音
紅谷愃一
照明
佐野武治
編集
阿賀英登
衣裳
黒澤和子
福田明
長野陽子
大塚満
アソシエイト・プロデューサー
桜井勉
吉田佳代
プロデューサー・アシスタント
荒木美也子
製作担当
熊田雅彦
鶴賀谷公彦
助監督
鈴木康敬
スチール
佐藤芳夫
題字
黒澤明
製作委員会
朝野勇次郎
長瀬文男
小野清司
西條温
高居隆章
里見治
宮川鍍一
桃原用昇
椎名保
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第24回 日本アカデミー賞(2001年)

受賞

作品賞  
脚本賞 黒澤明
主演男優賞 寺尾聰
助演女優賞 原田美枝子
音楽賞 佐藤勝

ノミネート

監督賞 小泉堯史
主演女優賞 宮崎美子
助演男優賞 三船史郎
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0宮崎美子を観る映画

たまさん
2019年12月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

たぶん、宮崎美子ほど武家の妻を演じたらハマる人はいないんでないかと思う。野際陽子も似合うが…いや、やっぱ宮崎美子だなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たま

5.0「雨の降らないうちに、屋根の修理をせよ」

2019年7月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

知的

幸せ

アルツハイマー病でまっ先に現れる症状に嗅覚障害がある──河出書房新社『人類の進化が病を生んだ』

アルツハイマー病の脳は穴が36個空いた屋根だと博士が言うように、そのひとつを塞いだだけでは、雨漏りは止まらない、つまり、病気の進行を止めることはできないのだ。(中略) アルツハイマー病の最も重要な原因のひとつは炎症であり、リーキーガットは全身性の炎症を起こす、最も一般的な理由のひとつ(中略) リーキーガットと炎症は、屋根に空いた修復すべき36個の穴の2個(中略) 少なくともこの2つの穴は、日本におけるアルツハイマー病治療の盲点──ソシム『アルツハイマー病 真実と終焉』

一度死んだ脳神経細胞は生き返らないのに、どうして認知症を改善することができるのか? もっともな疑問です。が、答えはきわめてシンプルです。「生き残っている脳神経細胞が、死んだものの分まで働くようになればいい」のです。──三五館『認知症はもう怖くない』

古いことわざは正しい。「雨の降らないうちに、屋根の修理をせよ」──英治出版『魂を売らずに成功する-伝説のビジネス誌編集長が選んだ 飛躍のルール52』

雨は、いずれあがると思うのですが、屋根の修理をしておく必要がある、ということだと思います。スピンオフ的な解釈ですが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HEALTH AND GRAVITY

3.5黒澤明に捧げる作品だとか。 主人公夫妻がいい人すぎる。話のスケール...

2019年5月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

黒澤明に捧げる作品だとか。
主人公夫妻がいい人すぎる。話のスケールが小さいかな。「大切なのは何もしたかではなく、何の為にしたか」は良かった。
殿様が軽い、威厳がない。配役がどうも…話のスケールが小さい分、役者陣は重厚であって欲しかった。唯一許せるのは原田美枝子なのだが…完全な無駄遣いに終わってしまった(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

3.0こんな時代劇もあってもいいかな

fukui42さん
2019年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

時代劇というと「勧善懲悪」なストーリーが多いけど。
随所に織り込まれる雨や、豊かな緑の風景に相まって。
実にのんびりとした、ほぼ平坦なストーリー(夜に見ると寝ちゃいそうかも)。

主人公が剣の達人という設定を軸に、殿様に気に入られ屋敷に上がったり。地元道場主たちから恨まれるなど。「おお!」な箇所もあるのですが。

「闘わない」武士(浪人)夫婦の、静かな生活。
いつも静かに夫の帰りを待つ妻。奥ゆかしいなあと思ったら実は、というのが最後締ってました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る