嗚呼!!花の応援団 役者やのォー

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

南河内大学の応援団を舞台に、喧嘩には強いが女にはめっきり弱い親衛隊隊長を主人公にしたナンセンス喜劇。原作はどおくまんプロの同名劇画。今回は第二作目で主人公・青田赤道も二代目。脚本は前作の「嗚呼!! 花の応援団(1976)」の田中陽造、監督も前作同様に曽根中生、撮影は「団地妻 (秘)出張売春」の山崎善弘がそれぞれ担当。

1976年製作/105分/日本
配給:日活

ストーリー

チョット頭のたらない河内八郎太。大学の応援団は天国という話を耳にした。女は抱き放題、授業はでなくても単位はとれる。そこで八郎太は応援団に入団した。幹部連中は入団費が入るとウハウハ喜んだが、何とこの八郎太が大阪一の暴力団・悪心会会長の孫と聞き、さすがの幹部も手も足も出せず、八郎太の言いなりだった。そこに何も知らない青田赤道が登場。八郎太に犬になれと命令された青田は八郎太を頭からガブリとやってしまった。そこで、八郎太に引き連れられて、悪心会のメンバーがやってきたからさあ大変……。さてそうこうしているうちに、夏の合宿が始った。青田と剛田先輩が遅れて参加するのを良いことに、薬痴寺と幹部連中は連日連夜に渡っての凄まじいシゴキを行った。一・二回生はヘトヘトになり、とうとう合宿所から脱走を試みる事件が起きた。さて青田が、泉北大相手に大暴れしたのが原因で、泉北大学は、全校上げて南河内大に挑戦してくるという問題が起きた。たまたま両校でラグビーの決勝戦が行なわれることになった。決勝戦ともなれば大団旗を掲げねばならないが、大団を預かる親衛隊長の青田は、バーのマダム貴子に熱を上げ、大団を質に入れて五十万円を貢いでしまった。さて、試合が始ってみると、泉北大は大団で南河大は中団旗ということになり、運悪くどこからともなく現われた薬痴寺に団の不始末を責められた。しかも、張本人の青田は、南河大のラガーとしてグランドへ登場。北口は、応援団員としての自信をなくし、ふと知り合ったストリッパーの花園ローズと仲良くなり、その日以来、学校へも顔を出さなくなった。北口はただひたすらヒモ修業に励んでいた。そして、ローズと北口が地方巡業に旅立つ日、青田と親友の富山が大阪駅にかけつけた。北口はガクランを脱ぎ、代わりに派手なスーツとハンチングといういで立ちだった。その北口のあまりの変わりように、ガビーンと驚く青田と富山であった……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

2.0なぎらけんいちがいい

kossyさん
2018年10月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

怖い

青田赤道の役者が変わったけど、見た目だけは前作よりいいが、演技が下手になってしまった。それをカバーするかのようになぎらけんいちが好演技。ちょっとだけ松井秀喜に似てたりして。

 それにしても前作と変わらずエピソードがごった煮状態。北口がストリップ嬢と駆け落ちするストーリーと青田がキャバ嬢に夢中になって100万円騙し取られるストーリーがメイン。新子と豪田の繋がりも不自然だったし、コミックを読んでないと理解できないところも・・・

 前作よりは俳優の演技がマシになったところは評価できる(青田以外)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る