ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男

劇場公開日

ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男
0%
0%
75%
25%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ローリング・ストーンズのオリジナル・メンバーで、27歳という若さでこの世を去ったブライアン・ジョーンズ。ストーンズのリーダーとして60年代ミュージックシーンのトップにまで登りつめながら、アルコールとドラッグに溺れ転落していった彼の人生の明暗と、謎に包まれた死の真相に迫る。「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」「プルートで朝食を」などニール・ジョーダン監督のプロデュースを手掛けてきたスティーブン・ウーリーが監督に初挑戦。

2005年製作/103分/R15+/イギリス
原題:Stoned
配給:ファントム・フィルム,クロックワークス,エイベックス・エンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

2.0全然似てない

Ezy Ryderさん
2021年2月7日
PCから投稿

見た目が、ブライアン以外のストーンズのメンバーが全然似てない、特にキースがひどい、ミックも色々と違う。

チャーリーは一瞬しか出てこず、ビルに至っては、もはやいないも同然(これはある程度仕方ないかも)なので、似てなくても、もういいが。

ストーリーにおける、ブライアンと他のストーンズ・メンバーとの絡みや、ストーンズが売れていく過程の描写は僅かで、それを勝手に期待していたせいか、何かガッカリ感がある感想。

まあ、それはこっちの問題だからいいけど、ストーリーの軸の「死の真相に迫る」のも、今更「わからん」もんは「ワカラン」でええような。半伝記のサスペンスとしては正直面白くなかったし。

あと、わざわざサントラまでリリースしてるんだから、もう少し(偽物でも)ライヴやPV撮影のシーンを、入れて欲しかったかな。「ああ、あの写真や映像を元にしたシーンね」みたいなんが殆ど無かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ezy Ryder

3.0 はじめてミュージックテープなるモノを買ったのがローリング・ストー...

kossyさん
2018年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 はじめてミュージックテープなるモノを買ったのがローリング・ストーンズの「イッツ・オンリー・ロックンロール」でしたが、そのときすでに彼はいなかった・・・

 どちらかというとビートルズ派であったため、ブライアン・ジョーンズの名前も知りませんでした。ストーンズといえば70年代以降しか知らず、『小さな恋のメロディ』でトレーシー・ハイドがミック・ジャガーが好きだったということや、自宅プール謎の死を遂げた男がいるという噂話しか聞いたことがありませんでした。60年代、70年代に若死にしたミュージシャンなんて、みんな麻薬が原因だろうという間違った知識しか持ち合わせていないので、この映画の内容には大変興味深いものがありました。

 60年代のロックシーンを象徴するようなギタリストだったこと、ジミ・ヘンドリックスと仲がよかったこと、恋人アニタをキース・リチャーズに取られてしまったことなど、Wikiで調べる限り、かなり忠実に描かれていたようです。「クマのプーさん」の著者A・A・ミランが住んでいた家を改築して、バンドメンバーとは離れてしまったブライアン。ミュージシャンにありがちな女好きやヤク中という人物像。わがままな性格も事務所やマネージャーを困らせ、建築業者たちも呆れ返ってしまう様子がリアルに伝わってきました。

 また、60年代のサイケデリックな映像を模したかのように、エロチック映像をコラージュにしたり、ドキュメンタリー風の回想シーンを多用したりして、当時の映画の雰囲気をも再現したのでしょうか、かなり凝った作りでした(いい、悪いは別にして)。あちこち飛んでしまう回想シーンなどもブライアンのラリった頭の中を表現したかのようで、音楽のことよりも女のことしか頭にないことがよくわかりました。

 あまりにもストーンズに関するウンチクが無かったため、結末は面白かったのですが、ストーンズの音楽をもっと使ってほしかったです。音楽使用料は高額なんでしょうけど、最初から売れない映画だという逃げ腰の姿勢で作ってしまったように感じてしまいました・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0勘違いさせる作り

2017年1月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD、映画館

悲しい

楽しい

ストーンズから見放された男。

ストーンズに詳しくない人ラが観たら本当に殺されたと勘違いしてしまう脚本に演出。

仮説であって真実は謎のままで終わらせるべきであんな撮り方されたら不親切極まりない。

キャスト陣は雰囲気に合っていて観ている側もすんなり世界観に入っていける。

ミックとキースが観ていたらどう思うだろう?

過剰にドラマティックな展開もあって制作ばっかりの初監督作だから!?

寂しい男だなと感傷的になる反面、周りの人が去って行くのも納得な人物像。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

2.0暗い

2015年5月19日
iPhoneアプリから投稿

ローリングストーンズファンは見ないほうがよい。イメージダウンになる。シタールを弾いて輝いていた頃の彼の面影は見られない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョニーデブ
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」以外にこんな作品をCheck-inしています。